ロードバイクにおすすめのヘッドパーツは、これ!


テクノグライドヘッドパーツ

なんだか最近、ハンドルの動きがにぶい・・・

ゴリゴリする・・ヘッドパーツが悪いのか?

 

よし、ヘッドパーツを交換しよう!

でも・・どれを選べばいいの?

 

ヘッドパーツはマニアックなパーツですので、どれが定番なのか?といった情報がさくっと、入ってこないものです。

私自身、少し前にフレームだけからロードバイクを組み上げる・・通称「バラ完」をやったのですが、
そのときに採用するヘッドパーツをどれにするか?の情報集めに、けっこう苦労したものです。

 

しかしロードバイクのヘッドパーツには・・実は「とりあえずこれを選んでおけば、大きな間違いはない」という定番商品があったりします。

 

なのでこの記事では、ロードバイクの新しいヘッドパーツ、選ぶならどれがおすすめ?

どのくらいの値段で、どのくらいのグレードのものが買えるの?

そんなところを解説していきます。

王様は「クリスキング」

で、どのヘッドパーツが最強なの?

 

もちろん、人によって意見が分かれるところですが・・・

「クリスキング」のヘッドパーツはかなりの定評がある、ド定番ヘッドパーツだと思います。

 

 

こういったものですね。

 

ヘッドパーツの必要パラメーターには、「剛性」「動きのなめらかさ」「見た目の美しさ」といったものがありますが・・・

そういった実用性で「最強」の称号を手にしていると言っていいような、まさにハイエンド・ヘッドパーツですね。

一種のブランドものと言ってもいいかもしれません。

 

実際、たとえば自転車ショップのブログなんかを見ても「クリスキングが良い!」と言っているところは多かったりします。

 

じゃあ、クリスキングでええやん!・・と、思われるかもしれません。

しかしクリスキングのヘッドパーツには、そういったメリット打ち消しかねないほどの弱点があります。

 

もし、上のAmazonリンクをクリックして見てみた方であれば、もうお分かりでしょうが・・笑

値段が高いんですね。。

 

安めのものでも1個、2万円とか3万円とか、割とハンパじゃない値段がするのです。。

なのでクリスキングはあくまで、性能最強だけど値段も最強・・という、
「デュラエース」みたいな位置づけの製品だと思います。

正直、私自身、これには手が出ませんでした・・汗

 

さすがに、そこまでのお金は出せないので・・もうちょっとリーズナブルで、性能も良いものは無いの?

というのはもっともな感想だと思います。

なので以下はクリスキングほど高級じゃなく、性能もちゃんと良いヘッドパーツを紹介していきます。

「TANGE テクノグライド」がコスパ最強

もう最初から、紹介してしまいますが・・・

 

 

コスパの良いヘッドパーツとしておすすめなのが、この「TANGE テクノグライド」ですね。

 

TANGEというのはヘッドパーツ以外にも、ボトムブラケットやコラムアンカーといったパーツを作る、総合メーカーです。

そしてパーツの精度、剛性、動きのなめらかさ・・といった総合的な「出来の良さ」はかなり、評判がいいと思います。

 

そして同社のヘッドパーツとして定番なのが、上で紹介しました「テクノグライド」というラインの製品です。

上のリンクから、Amazonのレビューなど見ていただいてもおわかりいただけるかもしれませんが・・・

クオリティが高いという評価はおそらく、多いと思います。

 

私自身、現在乗っている自転車のヘッドパーツには、これを採用したのですが・・・

これの前は、エントリーモデルのクロスバイクに最初からついていたヘッドパーツなのですが、
交換後、はるかになめらかになった動きに感動したものです。

 

そしてTANGEのヘッドパーツには、価格がリーズナブルという圧倒的メリットがあります。

時期によって価格は変わるでしょうが・・・
おそらく5,000円前後とか、そんなものだと思います。

クリスキングと比べればもう段違いに、安いですよね。

 

このくらい安価で、しかも性能的にも申し分ない・・とくれば、ヘッドパーツと候補としては良いのでは、と思います。

 

ちなみにもっと安価な、2,000円とか3,000円とかのヘッドパーツも有るには有るのですが・・・

そういったものはヘッドパーツの命、「回転のなめらかさ」が低めになることが多いようです。。

エントリーモデルのロードバイクなんかだと、ハンドルの回転はさほどなめらかではないことが多いのですが、
あれはヘッドパーツのような分かりにくい部分には、安いパーツを使っている・・というのが原因かもしれません。

 

ヘッドパーツは重要で、しかも交換しにくいパーツですのでそのくらいの価格差なら出してしまって、
優秀なテクノグライドを入手しておくほうが良い選択になるのでは・・と感じます。

 

今回はロードバイクのおすすめヘッドパーツについてお話ししてみました。

 


運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ