てのひらに優しい自転車グリップ

エルゴングリップの取り付け角度は「ちょっと上向き」がおすすめです


エルゴングリップの角度

エルゴングリップ、気になってるけど・・

もしくは、買ってみたけど・・

「取り付け角度」って、どうすればいいの?

 

エルゴングリップは幅広の持ち手がある、ちょっと特殊なグリップです。

そして、グリップはもちろんくるくると角度を変えられますので・・

これをどの角度で固定するか?は乗り味にもかかわってくる、意外に大事なところなのです。

 

私自身、エルゴングリップはもう長いこと使っていますので・・

この記事ではエルゴングリップの取り付け角度は、どうすればいい?

そんな疑問に答えていきます。

「少し上向き」がおすすめ

まず・・エルゴングリップは「推奨取付角度」というのが、公式で決まっています。

公式から引用した取り付け角度

エルゴングリップ取扱説明書 「GP1」の項目より引用

 

例えばこれはエルゴングリップの「GP1」というモデルの項目なのですが・・

推奨取付角度が、書いてあるとおり「マイナス15度からプラス20度」となっています。

なのでこの範囲に入れておくのが、公式的には「正解」となるわけですね。

 

しかし・・この範囲はけっこう、広いですよね・・笑

もうちょっと絞った、おすすめ角度は?と思われるところかと思います。

 

そして私としては、この範囲でいうと「プラス20度」くらいの、ちょっと上向きをおすすめしたいです。

推奨範囲の中の、いちばん上くらいの範囲ですね。

 

なぜか?

そのほうがてのひら全体に、しっかり荷重を分散させることができるからです。

 

エルゴングリップは角度がマイナス・・つまり「水平・下向き」になるほど、てのひらの荷重が減っていきます。

これはまあ、普通にそうですよね。

 

そしてエルゴングリップは「接地面の広さ」が売りのグリップです。

なので角度を下げすぎてしまうとせっかくの幅広グリップなのに、接地面積はどんどん減っていきます。

 

そしてエルゴングリップは広い接地面積で負荷を分散して、手へのダメージをおさえていますので・・

接地面積が減ってしまうともちろん、より狭い面積で負荷を受けることになります。

なので圧迫による手のしびれとか、痛みとかが起きやすくなっていくわけです・・

 

というわけで、私個人としては、

エルゴングリップは「上向きの角度」で固定する

のが、おすすめです。

 

いちおうの注意点としては、角度が「プラスになればなるほど良い」・・というわけではないです。

あまりにも上向きにしてしまうと、手首の角度とかがおかしくなって、むしろ握りにくくなりますし・・

てのひらに掛かる負荷も逆に強くなりすぎたり・・など、おかしなことになります。

 

このあたりは個人差がありますので、「何度がベスト!」とまで一概には言えないですが・・

「てのひらの負担が、適度に分散される」「握りやすい」あたりを軸に、
どのくらいが良いかな?というのを試行錯誤していくのがいいと思います。

 

 

今回はエルゴングリップの取り付け角度について、お話ししてみました。

 

関連記事
衝撃や圧迫に強い、ロングライドに適したグリップを解説しています。

 

自転車グリップに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ