コンパクトクランクとノーマルクランク、どっち?一択だと思います


アルテグラのクランク

コンパクトクランク?それともノーマルクランク?

・・というのは、クランクを交換しようとすると大抵、考えることだと思います。

 

コンパクトクランクはギアが小さめ、ノーマルクランクはギアが大きめのクランクですね。

 

もちろん人によるところで、正解は無いのですが・・・

たいていの人は「コンパクトクランク」のほうがいい

と、私としては思いますので、理由を添えてお話ししてみます。

ノーマルクランクは「プロのレース」レベル

ノーマルクランクだと歯数が、53-39Tとかそのくらいの「大きいクランク」になるわけですが・・・

もちろんそのぶん、ペダルが重いかわりによく進む「重いギア」になります。

 

どのくらい重いのか?

プロが、ロードレースで使うくらいの重さだと思います。

 

ツール・ド・フランスといった最高峰レースであっても、
使われているクランクの歯数は基本的に、市販のクランクと変わりません。

つまりトッププロたちは、このノーマルクランクで70km/hとかいう、とんでもスピードを出していることになります。

そして・・ここまでのスピードが出るギアは、ほとんどの人には必要ないと思います。

 

ロードバイクで公道を走っていて、50km/hを越えるほどのスピードで走ることは、稀だと思います。

プロであっても個人では、そうそう出せるスピードではないでしょうし・・・
(ちなみに50km/hで1時間走れるなら、「アワーレコード」という競技の世界記録レベルです)

下りならもちろんブレーキを離せば出るわけですが、そのときはギアの重さは関係ないですし、
「下りで本気で漕ぐ」なんてことを日常の中でやる人は・・まあ、なかなか居ないと思います。

 

普通はまあ、30km/h巡航もできれば十分でしょうし・・・
誰かに風よけになってもらって走るにしても、35km/hも出れば御の字ではないでしょうか。

 

そしてそのくらいのスピードなら、コンパクトクランクでも「軽すぎる」なんてことは無いものです。

リアギアの重さにもよりますが・・・
コンパクトクランクでもアウタートップにでもすれば、公道で普通に出す最高速度くらいは、余裕でクリアできる重さになると思うのです。

 

と、いうわけで・・・
私自身を含め、トッププロより遥かに脚力が弱い、ほとんどの人の場合には、
コンパクトクランクでも、まったく問題ないくらいの「重いギア」なのです。

実際、私自身は現在「44T」のアウターギアを使っていて、これでも十分な重さがあると思っています。

 

そして「軽いほう」のギアは、いくらあっても有りすぎることはないです。

キツい山道・・「もう一段ぶん、ギアを軽くできる」ことの価値は・・
自転車を趣味にする方であれば実感しているところなのでは、と思います。

なのでインナーギアをより軽くできる、コンパクトクランクのほうがそういう面でも良いのでは、と感じます。

 

もちろん、基準や選択は人それぞれですし・・

もしあなたがプロのロードレーサーであったり、将来的に目指していたりするのであれば、
話はまったく変わってくるとは思いますが・・・

 

ノーマルクランクとコンパクトクランク、おすすめはどっち?と聞かれたら、

一般人なら、コンパクトクランク!

と、私なら答えます。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ