シマノの105グレード、11速対応クランクセット

コンパクトクランクのデメリットは?ノーマルクランクと比べてどう?


アルテグラのクランク

コンパクトクランク?それともノーマルクランク?

・・というのは、クランクを交換しようとすると大抵、考えることだと思います。

 

コンパクトクランクはギアが小さめ、ノーマルクランクはギアが大きめのクランクですね。

 

そして、コンパクトクランクにしようかな?と思ったとき・・

コンパクトクランクの「デメリット」って、何?

というのは、気になるところだと思います。

 

私自身はコンパクトクランク派なのですが・・

大きいギアのノーマルクランクと比べた「デメリット」も踏まえたうえで、使っています。

 

なのでこの記事では、コンパクトクランクのデメリットって、何?

許容範囲?どんな人なら、デメリットがあっても問題ない?

そんなところを解説していきます。

コンパクトクランクのデメリットは、ここ!

コンパクトクランクの、ノーマルクランクと比べた特徴は?

と言えばもちろん「ギアが小さいこと」です。

まあ、当たり前ですよね。

 

製品によって差がありますが、ノーマルクランクだとギアの歯数は、53-39Tとかそのくらいで・・

コンパクトクランクだと50-34Tくらい、という感じだと思います。

 

そしてコンパクトクランクのデメリットは、この「ギアが小さい」デメリットそのものになります。

 

ギアの重さは基本的に、フロントギアの歯数に「正比例」します。

なのでノーマルクランクのアウターギアを53T、コンパクトクランクを50Tとする場合・・

コンパクトクランクのギアの重さは、ノーマルクランクの94%くらいになります。

 

インナーのほうはノーマルクランクを39T、コンパクトクランクを34Tとするなら、
コンパクトクランクはノーマルクランクの87%くらいの重さになりますね。

 

この差を大きいととるか?小さいととるか?は人それぞれでしょうが・・

まあ、コンパクトクランクとノーマルクランクではギアの重さに、そのくらいの差が出ます。

コンパクトクランクのほうが、全体的にギアがちょっと軽くなるわけですね。

 

そうなってくるともちろん、コンパクトクランクには対応できない速度域がでてきます。

ノーマルクランクのいちばん重いギアなら、出せるトップスピードは・・

より軽いギアしか無いコンパクトクランクでは、出せませんよね。

 

と、コンパクトクランクのデメリットをまとめると・・

「重いギア」が限られるので、トップスピードが若干低くなる

ということになると思います。

それでも、コンパクトクランクを使い続ける理由

それでは・・ノーマルクランクだけが対応できて、コンパクトクランクには対応できないレベルのギアって・・

どのくらいの重さなのでしょうか?

 

プロが、ロードレースで使うくらいの重さだと思います。

 

ツール・ド・フランスといった最高峰レースであっても、
使われているクランクの歯数は基本的に、市販のクランクと変わりません。

つまりトッププロたちは、普通のノーマルクランクで70km/hとかいう、とんでもスピードを出していることになります。

そして・・ここまでのスピードが出るギアは、ほとんどの人には必要ないと思います。

 

ロードバイクで公道を走っていて、50km/hを越えるほどのスピードで走ることは、稀だと思います。

プロであっても個人では、そうそう出せるスピードではないでしょうし・・・
(ちなみに50km/hで1時間走れるなら、「アワーレコード」という競技の世界記録レベルです)

下りならもちろんブレーキを離せば出るわけですが、そのときはギアの重さは関係ないですし、
「下りで本気で漕ぐ」なんてことを日常の中でやる人は・・まあ、なかなか居ないと思います。

 

普通はまあ、30km/h巡航もできれば十分でしょうし・・・
誰かに風よけになってもらって走るにしても、35km/hも出れば御の字ではないでしょうか。

 

そしてそのくらいのスピードなら、コンパクトクランクでも「軽すぎる」なんてことは無いものです。

リアギアの重さにもよりますが・・・
コンパクトクランクでもアウタートップにでもすれば、公道で普通に出す最高速度くらいは、余裕でクリアできる重さになってきます。

 

と、いうわけで・・・

私自身を含め、トッププロより遥かに脚力が弱い、ほとんどの人の場合には・・

コンパクトクランクだって、じゅうぶんに、まったく問題ないくらいの「重いギア」なのです。

 

そして「軽いほう」のギアは、いくらあっても有りすぎることはないです。

キツい山道・・「もう一段ぶん、ギアを軽くできる」ことの価値は・・
自転車を趣味にする方であれば実感しているところなのでは、と思います。

なのでインナーギアをより軽くできる、コンパクトクランクのほうがそういう面でも良いのでは、と感じます。

 

もちろん、基準や選択は人それぞれですし・・

もしあなたがプロのロードレーサーであったり、将来的に目指していたりするのであれば、
話はまったく変わってくるとは思いますが・・・

 

ノーマルクランクとコンパクトクランク、おすすめはどっち?と聞かれたら、

一般人なら、コンパクトクランク!

と、私なら答えます。

 

今回はコンパクトクランクのデメリットをテーマに、いろいろとお話ししてみました。

 

関連記事
「長さ」「互換性」「グレード」などを軸に、最適なクランクを選ぶ方法を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ