ブルックスの革サドルを3年使ったので、メンテナンスの方法を語ります!


ブルックスの革サドル

革サドルは、「メンテナンスが必要」という、稀有なサドルです。

 

サドルをメンテナンスする!なんてこと、普通は無いのですが・・・

ブルックスなどの革サドルは、クリームを塗り込んだりとか張りを調整したりだとか、
いろいろと手間がかかります。

 

しかしこの手間をかけてあげれば、何時間乗ってもおしりが痛くならない、
最高の乗り心地を提供してくれるのが、革サドルだと思います。

 

私自身は「ブルックス B17」という革サドルを使っているのですが、
3-4年ほど前に買ったひとつのサドルを、メンテナンスしながら使い続けています。

なので・・日常的なメンテナンスとして、何をすればいいのか?

3-4年使い込むと、実際にどんな感じになるのか?

といったことを軸に、お話ししてみます。

サドルオイルを塗り込む

ブルックスなどの革サドルは、定期的に「サドルオイルを塗り込む」という、
他のサドルには無いひと手間が必要です。

革サドルはプラスチックなどと違い、動物の皮でできていますので、
定期的な「保湿」や「栄養補給」といった目的のために、必要なようですね。

もし、これを全くやっていないと、
すぐにカピカピに乾燥したり、ひび割れて破損したり・・となるようですので、必須でしょう。

① どのオイルを使うのか?

レザーオイルとしては、ブルックス社から純正のものが出ています。

値段が特別に高いわけでもなく、
大量に使うものでもないので、一度買えばかなりの期間持ってくれます。

なので普通は、これを選んでおけばいいと思います。

ブルックス純正の革サドル用オイル

 

モノとしては、これでいいのですが・・・

ブルックスのサドルオイルは、「純正の缶」だと、
いつのまにか缶からわずかに漏れて、べとべとになることが多いです。。
(もちろん場合によるでしょうが、私はよく経験しました。。)

なので私の場合は、

液体が漏れにくいボトル

オイルはこういう、液体が漏れにくいボトルに入れて使っています。
(「ナルゲンボトル」というのはそういう用途に、有名なようです)

ナルゲンボトルに入ったサドルオイル

ナルゲンボトルに入ったサドルオイル

こんな感じです。

こうしておけば私の場合は一度も、オイルが漏れることはなくなりました。

② どのくらいの「量」を使うのか?

オイルの量はごく少量で、大丈夫です。

表面をコーティングされたブルックスサドル

こんな感じでサドルの表面を、薄くコーティングする感じですね。

 

オイルの量については、いろいろ言われていますが・・・
特にサドルを買ったばかりの頃は、効果を高めよう!と大量のオイルを使いがちなのですが、
大量に塗りこんだサドルはふにゃふにゃに、ふやけてしまいます。

人間の皮膚だと、保湿クリームをべっとべとに塗りたくって、何時間も置くようなイメージでしょう。

 

オイルの効果を高めたい場合は、一度に塗る量を上げるのではなく「頻度」を上げるのが常套手段ですので、
オイルは少量!が、基本だと思います。

 

塗ったあとは、

その後、【12時間程度そのまま】にしておき、革全体にオイルを浸透させ、余分なオイルを拭き取る。

ダイアテックプロダクツ ホームページより引用

 

とあるように、塗ったあとは一晩ほど放置して翌日、べとべとが残っているなら拭き取る・・でいいと思います。

③ どのくらいの「頻度」で使うのか?

それでは、どのくらいの頻度で塗ればいいのでしょうか?

販売代理店のサイトでは、

サドルがおしりの形に馴染むまでの慣らし期間は、【この作業を比較的頻繁に】行ってください。

慣らしが終わったその後のケアは【3~6ヶ月毎】で構いません。

ダイアテックプロダクツ ホームページより引用

 

と書かれています。

 

「比較的頻繁」って、どのくらい?

・・・あくまで、個人的な経験からなのですが、
買ったばかりの初期で、2週間に1回ほど塗ってあれげば大丈夫だな、と思いました。

そしてそれが徐々に、1ヶ月に1回になり、2ヶ月に1回になり・・・

最終的には書いてあるように、3-6ヶ月に1回程度に落ち着いていく・・という感じだと思います。

ボルトによるテンション調整

革サドルは、金属フレームにハンモックのように、革が張られた構造になっています。

そしてそのハンモックが、全体重を受け止めるわけですので、
ハンモックの「テンション調整」がすごく、重要になってきます。

テンションが低すぎると、体重を支えきれずに沈んでいってしまいますので。。

 

テンション調整の方法なのですが、
ブルックスサドルの場合だとまずは、専用工具を用意します。

ブルックスのサドルボルト専用工具

こんな感じのものですね。

そして・・・

ブルックス革サドルのボルト

この、サドル先端にあるボルトに、

サドルボルトに工具を掛ける

こんな感じで専用工具を掛けて、「時計回り」に回転させればテンションが上がっていく・・
という、感じですね。

 

工具は、ブルックスサドルを買えばついてくると思いますし、
もし追加で必要なら、通販などで手に入れることもできます。

ブルックスサドル 工具を含むメンテナンスキット

単品での入手は難しいようで、
こういう、サドルオイルとセットの「メンテナンスキット」として、入手することができます。

 

そして、どのくらいのテンションにすればいいのか?ですが・・・

テンションが低すぎるとおしりが埋まってしまい、
高すぎると硬くなりすぎておしりが痛くなります。

そしてここには決まりはなく、
ちょうどいいテンションを、微調整しながら探っていくしか無いです。

 

乗っていて、おしりがちゃんと支えられていないな・・と感じたら、
1/4回転ぶんくらいボルトを締めて・・・

まだテンションが足りないな・・と感じたら、もうすこし締めて・・を繰り返し、
最終的に体重をしっかり支えてくれるようになるまで、締めるわけです。

あまりパツパツになるまで張ると、革にダメージが入りますし、おしりも痛くなりますので、
「適度な締め具合」を、実際に何度も締めてみて修得していくのがいいと思います。

雨対策は必要か

革サドルは、雨に弱いです。

 

これも、革サドル特有ですね。

濡れたらまずいサドルなんて、革サドル以外には無いと思います。

 

革サドルは雨に濡れると、ふにゃふにゃになります。

そしてその状態で乗ると、体重がふにゃふにゃ状態のサドルに負荷をかけて、
ダメージを与えたり、型崩れを起こしたりしてしまいます。

 

なので雨に濡れないように、レインカバーを装着したり、
雨の中で長時間駐輪しないようにしたり・・と、注意するわけです。

 

もちろん、雨対策はしておくに越したことはないのですが・・・
個人的には、使い続けた結果、雨対策はしない!というのもアリなのではないか・・と、思うようになりました。

 

レインカバーを使ったとしても、長時間雨の中に放置すれば結局濡れてしまいますし、
濡れないように、濡れないように・・!とすると、私の場合はストレスになってしまいました。

なのであえて、濡れをまったく気にせず使い、
濡れてやわらかくなった状態でも容赦なく、体重をかける使い方にしてみたのですが・・・

意外と、深刻な型崩れとか破損とかも起きず、
そういう使い方を3年以上続けた現在も、問題なく使える状態だったりします。

 

濡れた状態で乗ると、革が伸びてはいくのですが・・・
ちゃんと定期的にボルトを締めて、テンション調整してあげれば問題ないです。

ある程度革が伸びても、ボルトを締める余地はまだまだありますし・・・

そして万が一、革が伸び切ってしまったとしても、
サドル自体、私が購入したときで7,000-8,000円とかそのくらいですので、
買い替えてしまえばいい・・と、思います。

 

と、個人の意見がたくさん入りましたが・・・

ブルックスなどの革サドルは、レインカバーなどでしっかり防水してもいいですし、
それが面倒ならあえて、防水をまったく気にせず使ってしまう・・というのも、
アリなのではないか、とは思いました。

もちろん、破損しない保証とかはできませんので、
あくまでご自身で判断いただければ・・と思います。

 

 

と、ブルックスサドルのメンテナンスについて、語ってみました。

サドルは、メンテナンスなんていらないのが普通ですので、
手間がかかる革サドルは面倒で、私も敬遠していたのですが・・・

長期間乗って、しっかり「育てて」いくと、
ブルックスサドルは「おしりへの負担の少なさ」において、まさに最強のサドルになりますので、
興味があればぜひ、試してみては・・と思います。

 

 



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ