自転車がふらつく原因は?安定性を高めるには?


サイクリングする人たち

おっと!また、ふらついたぞ・・・

なんか最近、俺の自転車、ふらふらしすぎじゃないか・・?

 

自転車がなぜか、ふらつきやすい・・というのは、よく持たれる悩みのようです。

ふたつしかホイールがない乗り物なので、ある程度ふらつくのは仕方がないとはいえ・・

もちろん、できるだけ安定性を高めておきたいところです。

 

なのでこの記事では、自転車がふらつくのを防ぐにはどうすればいい?

そのコツを、いろいろな視点から解説していきます。

「ペダリング」に気をつける

ふらふらっとしやすい、いちばんの原因・・

それがこのペダリングだと思います。

 

ペダリングが大事!というのはある程度以上、自転車をやり込んでいる人にとっては、常識なのかもしれませんが・・

私自身、ママチャリだけに乗っていたころはぜんぜん知らなかったですので、ここではあえて基本的なところから書いてみます。

 

ペダルは、正確に、円の形に動かすものです。

 

え?・・と、もしかしたら思われるかもしれません。

そりゃ、ペダルは足を動かしていれば、くるくると円の形に回るよ・・と。

 

しかし、動く方向だけが円形だけではだめで・・

「力を掛ける方向」も正確に、円の形にしないといけないです。

 

正しく円の形に、力が掛かっていない場合・・

円の形をはずれた力が、自転車をふらつかせる

のです。

 

逆に、正確に円の形にペダリングができていれば・・

脚の力はそのすべてが、自転車を進める「推進力」に変わります。

ので、脚の力が無駄に、自転車をふらつかせたりはしなくなります。

 

ペダリングはそもそも難しいもので、プロのロードレーサーとか競輪選手でも練習を続けるくらい、奥が深いものです。

なのでもちろん私自身、できている!!というわけでもないのですが・・笑

 

しかしペダリングをまったく意識していなかった・・とか、そもそも重要なことさえ知らなかった・・という場合、

実は「悪いペダリング」で無駄になった力が、自転車をふらつかせている!

ということがあります。

 

なのでペダルをできるだけ円の形に動かして、無駄になる力が減るように意識する・・

そういうことでも、自転車がやたらふらつく・・というのはある程度、防げるかもしれません。

ハンドルを、しっかりと「握る」

ペダリングが、自転車をふらつかせることはありますが・・

「ハンドル」のほうが原因で、自転車がふらつくこともあります。

 

自転車はハンドルの操作で、左右に曲がります。

なのでハンドルの安定性が低く、左右にぐらぐら、ぶれていると・・

それは当然、自転車はふらつきますよね。

 

そして、ちょっとした段差とか、地面の起伏とかでハンドルがブレてしまって、
それでふらついている・・という場合はけっこう、多いです。

 

ハンドルをブレさせないためにはもちろん、腕で、しっかりとハンドルを固定するべきです。

腕がちゃんと有効に使えていなくて、ハンドルをちゃんと固定できていなければ・・

もちろん、ハンドルはブレやすくなります。

 

ロードバイクなどでは、手はハンドルに「添えるだけ」と言われることがありますが・・

これを悪くとってしまって、腕でほとんどハンドルを固定できていない状態になる・・というのも、よくあります。

 

では、どうするか?

 

ハンドルがブレないように、しっかり固定すればいいわけです。

ので、ハンドルをしっかり「握る」のが重要です。

手をちゃんと使って、しっかり、安定させるわけですね。

 

ここで重要なのが、腕が力まないということです。

腕全体をリキませて、ガッチリ!とハンドルを握ってしまうと・・

確かにハンドルは動きにくくなりますが、衝撃をしなやかに吸収とかはできませんし、
力みの影響で逆に、自転車が不安定になりかねません。

 

なのでできれば「手」「指」だけに力を入れて、「腕」全体は脱力する

といった状態でハンドルを握るのが、いちばんだと思います。

 

それだと、ちゃんとハンドルを固定しつつも、しなやかにハンドル操作もできますし・・

地面からの衝撃もちゃんといなせますので、段差でやたらとふらつく・・というのも、防げます。

 

 

と、書いていくと意外と、マニアックになってしまいましたが・・笑

自転車がやたらふらつく!という場合には、ふらつくような「乗り方」をしてしまっている・・かもしれません。

 

なので「ペダリング」とか「ハンドルの持ち方」といった基本的なところを見直してみると・・

もしかすると、自転車のふらつきはかなり、おさえられるかもしれないです。

 

今回は自転車がふらつく原因や、安定性を高める方法について、重要と思ったことを書いてみました。

 

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。

 

前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

Twitter
Instagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ