自転車で100kmなんて時間の無駄!・・と、あえて言ってみた理由


海辺にたたずむ白い自転車

自転車で100kmも走るのは、時間の無駄です!!

・・・というのは、半分、冗談なのですが・・笑。

 

しかし自転車で100km走る!というのは、
時間効率が悪いアクティビティだ・・というのも、
ある意味、また事実だと思います。

 

ロードバイク・クロスバイクなどの自転車で、100kmを走る!

・・・というのは、
自転車趣味を始めたのであれば、まず目指すような、
「登竜門」的なことだと思います。

 

なので自転車趣味を始めたなら、まず、達成しようとする人が多いでしょうし・・・

私自身、100km走るにはどうすればいいか?など考えて、
まだまだロングライド慣れしていない身体・スキルでなんとか、達成したものです。

 

そして自転車で100km・・というのは、自転車に慣れてくると、
毎週末とか、定期的にやるような「ルーチン」になってきたりします。

私自身、数年前まで何度も何度も、100kmを走ったりしていたのですが・・・

 

 

しかし自転車で何度も、100kmという距離を走る・・というのは、
時間効率がすごく悪い活動なんじゃないか?・・と、思うようになりました。

 

まず、自転車で100km走ろうとすると、
脚力や、走る道にもよりますが・・・

だいたい、4-5時間くらいは、かかると思います。

 

そして社会人にとって、時間は、なにより貴重なものです。

 

もしあなたが学生で、しかも時間が潤沢にあるような状況なら、
どんなに時間がかかる活動をしても、まったく問題ないはずです。

 

何ヶ月もかけて、自転車で日本一周とか、自転車で世界各地を旅する・・とかも、
時間としては、問題なくできてしまうはずです。

私自身、学生の頃は時間がたっぷりありましたので、
もし、あの頃に自転車に出会い、日本一周みたいな冒険をしていればなぁ・・と、
悔やむことがあります。笑

 

しかし社会人というのは、私が言うまでもなく、
「時間がない」立場にあるものだと思います。

 

仕事を進めたりとか、レベルアップ・収入アップのために勉強したりとか、
家族持ちだったら、子育てに使ったりとか・・・

時間は、いくらあっても、足りないものだと思います。

 

そんな中、何度も何度も100km走る・・というのは、
何度も何度も、5時間とかの大きい時間を消費しまくる・・ということになります。

クールダウンの時間もいれれば、6時間とかになってきますし、
「半日消費する」というレベルに、なってきてしまいますね。

 

・・・例えば私の場合だと、5時間もあれば、
このブログに何本、記事を上げられるかな・・とか、考えてしまいます。笑

 

もちろん、何にどのくらい時間を使うか?は、
ほぼ完全に、個人の自由です。

なのでもちろん、この記事で「100km走るのは時間がかかるから悪!」とか、
そんなことが言いたいわけではないです。

 

しかし100kmくらいのロングライドをやるときは、どのくらいの時間を使うのか?とか、
今月に入って何度目だっけ?とか、いろいろ考えてからやらないと・・・

いつの間にか、なぜか、いろいろなことに使うための「時間がない!!」・・・とか、
そんなことになってしまう場合が、あると思うのです。

 

実際私は、自転車趣味のある時期で、毎週末に100kmくらい走っていました。

実際、自転車でのロングライドは、何よりも楽しいものでしたし、
長距離を走るスキルのアップとか、そういう効果もありますので、
もちろん、走る価値はあるのですが・・・

それでも、走った代償として、
休みの日にやるべきことが、ほとんどできていない生活に、なってしまっていました。。。

 

終わらせるべき仕事とか、そういうものがなかなか終わっていかないことに気がついて、
あ、これはさすがにやばい・・と思いましたので・・・

それからというもの私は、ただただ100kmを走る!というのではなく、
短い距離・短い時間で、最大限楽しめることを重視して、ライド計画を立てるようになりました。

 

たとえば、風が気持ちいい、晴れた日だけを選んで走ったり・・・

たとえば、無駄に時間がかかってしまう、走りにくいエリアは「クルマ輪行」で飛ばして、
走りやすいエリアだけを、自転車で走るようにしたり・・・

たとえば、長距離を走ることを目的にせず、景色がいいサイクリングロードを選んで、
景色を楽しみ、しっかりリフレッシュすることを目的にしたり・・ですね。

 

そういう工夫をした結果、最低限の時間でも、
十分に「自転車を楽しむ」ことが、できるようになったと思います。

 

 

ロングライドにはダイエット効果とか、トレーニング効果もあるので、
長い時間をかけてもいいのでは?と、思われるかもしれません。

もちろん、そういう面もあるのですが・・・

 

しかし自転車のそういった効果は、「時間対効果」でみると、
ランニングとか、ましてやHIITとかの時短型筋トレとかと比べると、
圧倒的に劣ってしまいます。

自転車は掛けられる負荷にも限りがありますので、筋肉をつける効果も限界があるでしょう。

ロードレース選手とか、競輪選手とかのレベルにまで追い込んで走るのなら、
話は違ってくるかもしれませんが・・・

 

しかも自転車は、フレームが体重を支えてくれますので、
自分で自分の体重を支える「抗重力筋」はあまり鍛えられない・・という面もあります。

 

なのでもし、効率よく体を鍛えたい!ダイエットしたい!という目的があるのなら・・
自転車ですべてをまかなおう!とするよりも、ランニングとか筋トレとかに時間を分散させたほうがいい・・・
と、あくまで個人的には思います。

 

 

もちろん、状況は人それぞれですので、
もし、時間がたくさん確保できるような状況なのであれば、
何度でも、心ゆくまで、ロングライドを楽しんでいいと思うのですが・・・

 

「忙しい」状況なのに、ロングライドにハマりすぎて、ロングライドをしまくるようになると、
あれ、なぜか時間がぜんぜん無い!・・という、私のようなことになりますので・・・

「短い時間でも、精一杯自転車を楽しむ方法」といったものを工夫していくと、
もしかすると、今よりも余裕がある、楽しい自転車生活が送れるようになるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ