スプロケットに対応したトルクレンチは、これ!


スプロケットを締めるトルクレンチ

「スプロケット」を締められるトルクレンチって、無い?

・・というのは、自転車整備に慣れた方であれば、考えることだと思います。

 

トルクレンチは、自転車整備における超重要アイテムです。

ステムのボルトとか、サドルのボルトとか・・・
そういった場所を正しいトルクで固定すれば、トラブルが起きる可能性を下げることができます。

 

しかし・・「スプロケット」に対応したトルクレンチ・・というのは意外と、見つけにくいものです。

 

スプロケットも当然、このくらいの力で締めるべき・・という「規定トルク」が決まっています。

それより緩いと、走っているうちに緩んできたりしかねないですし・・・
それより強く締めすぎだと、固着して外れなくなったり・・なんてことが起きかねないです。

なのでスプロケットに対応したトルクレンチを入手して、締めるときにちゃんと使う・・というのは大事なことです。

 

私自身はもう5年ほど、トルクレンチを使った自転車メンテナンスをしていて、
スプロケットを締めるときにも毎回、対応したトルクレンチを使っています。

なのでこの記事では「スプロケットに対応したトルクレンチ」を紹介していきます。

スプロケットに対応したトルクレンチは、これ!

まず、紹介してみますと・・・

 

自転車整備に最適なトルクレンチ

 

このSK11 SDT3-060というトルクレンチです。

 

このトルクレンチは普通のボルトを、適正トルクで締める・・といった基本的な機能以外に、
いろいろな特殊ビットを使うことで、さまざまなパーツを締めることができます。

そしてスプロケットの締めにも、対応しています。

 

スプロケットを締めるためには・・・

 

 

この「24mm」ソケットと、

 

スプロケット締め付け用工具

 

この「ロックリング締め付け工具」のふたつが、本体に加えて必要です。

 

実際に、組み合わせてみると・・・

24mmソケットをセット

まず、24mmソケットのほうを、トルクレンチ本体にセットします。

そして・・・

ロックリング締め付け工具をセット

ロックリング締め付け工具を、その上からセットします。

これでスプロケットを、締め付けできる状態になりました。

 

あとは、トルクを設定したうえで・・・

スプロケットにトルクレンチを差し込み

こんな感じでスプロケットの締め付け部分に挿し込み、回すだけです。

それで規定トルクでちゃんと、スプロケットを締めることができます。

 

スプロケットは40.0 N・mとか50.0 N・mとかいう、かなり強いトルクで締めないといけないですので、
レンチが細い・弱いものだと力を掛けにくかったりするのですが・・・

この「SDT3-060」は本体がしっかりしていて、握り部分も太く・握りやすく、強いトルクを掛けるのにもまったく問題ないです。

 

普通のボルトを締めるのに、トルクレンチが使われることは多いのですが、
ちょっとマニアックなパーツの「スプロケット」には使われない・・ということは多いです。

しかしもちろんスプロケットも重要なパーツで、トルクレンチでトルク管理をして締めるほうがいい部分です。

 

スプロケットに対応していないトルクレンチを入手しても、結局、スプロケットのために新しいトルクレンチが必要・・なんてことになります。

なのでもし、新しいトルクレンチを購入しようとしているのなら、スプロケットにも対応したSK11 SDT3-060は悪い選択にはならないのでは・・と思います。

 

関連記事
「トルク幅」「計測の狂いにくさ」「さまざまなパーツへの対応」などに優れた優秀トルクレンチ、SK11 SDT3-060を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ