トルクレンチを使わない自転車整備は、事故のもとかもしれない


たっぷりの自転車工具

自転車を自分で整備するのであれば、トルクレンチは絶対に必要です。

 

自転車を自分で整備する場合、当然ではあるのですが、
整備不良によって起きたトラブルは、すべて自分の責任になってしまいます。

 

そして「ボルトを締める」のは、自転車整備においてなんどもなんども行うことなのですが、
この締め付けの強さがいいかげんだと、走行中にパーツ同士がズレてしまう、といったトラブルにつながる可能性があります。

自転車のステムボルト部分

上の写真のように、「5Nm」と書いてある部分の場合は、5Nm(ニュートン・メートル)という強さで締めなければならないのですが・・

 

「手で、5Nmでボルトを締めてください」と言われも、普通は、とても無理です。

 

以前に、いろいろと調べたうえで、「このくらいが5Nmだろう・・」と手で締めていたことがあるのですが、
走行中に、パーツ同士が突然、ズレてしまったことがありました。

 

幸い、怪我などのトラブルには至りませんでしたが、
焦って、すぐにトルクレンチを購入し、締め付けていた強さを測り直すと、
3Nm以下と、実はかなり弱い強さで締めてしまっていた・・ということがあります。

 

現代だと自転車整備のプロでも、基本的にトルクレンチを使っていますので、
プロではないのであれば、「自分は、手で正しいトルクで締めることができる」などとは、思わないほうが身のためでしょう。

 

逆に、ちゃんとトルクレンチを選んで購入し、使い方を学習すれば、
誰でも簡単に、正しいトルクで締めることができますので、
自分で自分の自転車の整備をするのであれば、ぜったいに手に入れておくべき、マストアイテムと言えるでしょう。

「トルクレンチ」とは

そもそも、トルクレンチとはどんな工具なのでしょうか。

 

トルクレンチとは、「締め付ける強さ」をあらかじめ設定してから締め付けることで、
誰でも簡単に、適切な強さで締めることができる工具です。

 

トルクとは、ボルトなどの軸をねじるモーメントの強さであり、
強さは一般的に、「N・m(ニュートンメートル)」という単位で表されます。

 

たとえばステムのボルトであれば5N・m、
Vブレーキの本体をフレーム取り付けるときは10N・m、
ボトムブラケットをフレームに締め込むときは50N・m・・・といったように(数字はあくまで一例です)、
パーツごとに、あらかじめ締めるべきトルクが指定されていたり、もしくはおおまかな目安があったりします。します。

 

トルクレンチを使えば、誰でもこの決まった締め付けトルクでボルトを締め付けることができますので、
上記したような締め付けのゆるすぎ・強すぎによるトラブルが起きる可能性を、かなり低くすることができるのです。

どのトルクレンチを選べばいいか トルクレンチのタイプ編

トルクレンチとひと言で言っても、いくつかのタイプがありますので、
自分で自分の自転車を整備する場合には、どのタイプのトルクレンチが良いのか、ここで考察したいと思います。

 

まず、トルクレンチには、大きく分けてビームタイプスプリングタイプの2種類があります。

 

ビームタイプのトルクレンチは、締め付ける強さによる金属部分の変形の大きさを見て、トルクの大きさを測るタイプです。

このタイプのメリットは、トルクを測る部分が金属棒なので歪みにくく、長期的な使用でも測定が狂いにくい、というものです。

デメリットとしては、規定トルクに達したら自動で締め付けをやめてくれる、といった機能が無いため、目盛りなどの数字を見ながら慎重に締め付けを行っていく必要があります。
そのため、複数のボルトを連続して締め付けていく、といった作業の素早さには劣ります。

 

スプリングタイプのトルクレンチは、本体に入ったスプリングの縮みの大きさを見て、トルクの大きさを測るタイプです。

このタイプのメリットは、指定しておいたトルクに達すると自動的に締め付けをやめてくれる、という機能があるため、
自分で微妙な調整をしながら締めていく、という必要がないです。
そのためたくさんのボルトを次から次に締めていくことができ、連続した作業が速くなります。

デメリットとしては、計測に使う部分がスプリングなので、金属で計測するビームタイプと比較し長期的な使用による測定値の狂いが起こりやすいです。
そのため比較的、頻繁に校正に出す必要がでてくるでしょう。

 

上記のような特徴があるため、私の考えとしては、
ビームタイプは、さほど多くのボルト本数を締めず、じっくりと作業ができて、校正もさほど頻繁には行わない個人の自転車整備向け
スプリングタイプは、多くのボルト本数を連続してすばやく締め、工具の構成は高頻度でしっかりと行う、ショップなどのメカニック向け
という分け方ができるのではないか、と考えます。

 

実際、私はビームタイプのトルクレンチを使用しており、上記のような使い勝手のよさを感じていますし、
逆に、自転車ショップの作業などを見る機会があったときに注目してみると、トルクレンチの多くはスプリングタイプでした。

 

そのため、さほどたくさんのボルトを締めることのない個人での整備においてはビームタイプのほうが優れると考えます。

どのトルクレンチを選べばいいか 具体的製品編

次に、トルクレンチとして具体的にどの製品を選べばよいかなのですが・・

 

まず、自転車で締め付けるべき部分は、凹タイプの六角ボルトが圧倒的に多くはあります。

六角ボルト

しかしながら、トルクを測りながら締めるべき部位は、六角ボルト以外にも有り、

たとえばボトムブラケットのフレームへの締め込みや、スプロケットのホイールへの取り付けといった特殊な部分も、
トルクレンチで締め付けることができたほうがいいです。

そのため六角ボルトだけではなく、それら特殊部分の締め付けにも対応してくれる製品が望ましいです。

 

また、トルクの対応幅が、自転車整備に使われるトルクをカバーしているものがいいです。

自転車整備に使われるトルクは、もっとも弱いものが「5.0」 N・mくらい、もっとも強いものが「50.0」 N・mくらいなので、
5.0-50.0 N・m程度の幅をカバーしてくれるものが便利でしょう。

 

以上を満たす具体的な製品として、
SK11」というブランドの、「SDT3-060」という製品は良いのではないか、と思います。

SK11トルクレンチの目盛り

 

 

ビームタープのトルクレンチで、規定トルクに達すると、ピピピ・・・という音で知らせてくれます。

 

価格もさほど高くはありませんし、精度が低いということも無いと思います。

ちなみに私が購入したときは、校正証明書もちゃんとついてきました。

 

さまざまな場所の締め付けに対応しており、
通常の凹タイプの六角ボルトはもちろんのこと、
対応するアタッチメントさえ用意すれば、凸タイプの六角ボルト、スプロケット、ボトムブラケット、ペダル・・などなど、
基本的に自転車の、締め付けるべき部分において、対応しない場所は無いのではないか、と思います。

 

対応トルクも3.0-60.0 N・mと、自転車整備で使うトルク幅を、過不足なく満たしています。

 

私は、ロードバイクをフレームのみの状態から、自分ですべてのパーツを組み付けて完成させたりするのですが、
そのような時であっても、このレンチ一本で、困るようなことは特にありませんでした。

 

「SK11」トルクレンチの詳細なレビューは、この記事に書きましたので、もしよければご覧ください。

トルクレンチの「校正」テクニック

トルクレンチは、長期間使っていくと、少しずつ精度が狂ってしまうものです。

 

トルク測定には金属棒やスプリングが使われますが、物質である以上、何度も負荷をかけると歪んでしまい、
表示されるトルクの値が、狂ってきてしまうことがあります。

 

ビームタイプのレンチはスプリングタイプに比べ狂いにくいですが、それでも少しずつ狂ってしまう可能性はあります。
そのため基本的には、定期的にメーカーなどに校正に出すべきだと思いますし、自転車ショップなどではそうされていると思います。

 

しかし、メーカー校正はなかなかに高価ですし、時間もかかってしまいます。
またレンチによっては、そもそも校正サービスが提供されていないことも多いです。。

 

そのため私としては、自己流ではありますが、
以下のような方法で校正を行なっていますので、紹介したいと思います。

 

この方法には、安物でかまいませんので、2本目のトルクレンチが必要です。

PWTイージートルクレンチキット

たとえば私は、上の「PWT イージートルクレンチキット」を使っています。
(私の購入時は1000円強で売っていました)

 

そしてまず、以下のようなものを作成します。

自己流トルク校正ツール

自己流トルク校正ツール

「六角スペーサー」の両側から、「六角ネジ」を2本、締め込んだだけのものです。

 

材料はホームセンターで容易に手に入ると思います。
サイズとしては、M6くらいが妥当だと思います。

 

あとはこれの両端にトルクレンチを差し込み、それぞれでトルクを測定しながら、同時に締め込んでいくだけです。

 

片方が一定のトルクに達したときに、同時にもう片方のトルクも同じトルクになっていれば、
そのふたつのトルクレンチは同じようにトルクを示す、ということになります。

自己流トルク校正ツール

自己流トルク校正ツール

たとえば片方のレンチが5.0 N・mを示したとき、もう片方のレンチも5.0 N・mを示していれば、
そのふたつのトルクレンチは同じような測定精度を持つ、と考えてよいでしょう。

 

注意点としては、少なくとも片方のレンチは、目視せずとも測定トルクが分かるような製品である必要があります。
2本のレンチの測定値を、同時に目視することはできないからです。

 

この方法はあくまで自転車整備の素人が自己責任で行っていることです。

 

正しい方法で校正されたものを使いたいのであれば、やはりメーカーなどに校正に出されることをおすすめしますし、
もし参考にされる場合は、あくまで自己責任にてお願いいたします。

まとめ

自転車整備において、トルクレンチは、絶対に買っておいたほうがいいアイテムのひとつです。

トルクレンチを使っていなかったせいで、事故を起こしてしまった・・事故にあってしまった・・なんてことになったら、
後悔してもしきれないでしょう。

 

そしてトルクレンチは、個人整備では基本的にビームタイプ、特にSK11 SDT3-060を選んでおけば、大きな間違いは無いのではないでしょうか。

トルクレンチを使うことで、自転車整備における無駄なトラブルを減らすことができます。
ぜひ、参考にしてみてください。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ