自転車パーツの通販は「Amazon」「あさひ」、海外なら「Wiggle」が安くておすすめ!


白いクロスバイク

あなたは自転車のパーツを、どこから入手していますか?

 

自転車趣味をやっていると、自分で、パーツをより良いものにカスタマイズしたり・・・

もしくは、壊れたパーツを交換したりする機会が増えてきます。

 

日用品なら、とりあえずスーパーに行けば、欲しいものが見つかります。

家具とかでも、二〇リあたりまで足を運べば、まあ、ありますよね。

 

しかし・・・欲しいパーツが近所の自転車屋にあることは、稀です。

なので自転車パーツの調達は基本的に、通販が圧倒的に有利、ですね。

 

私はもう6-7年ほど、自転車趣味をやっていますが、
これまでに手に入れてきた自転車パーツの9割以上は、通販から買ったものだと思います。

なのでこの記事では、自転車パーツを「効率よく・安く」探す方法をお伝えしていきたいと思います。

「とりあえずAmazon」でいい

欲しいパーツが決まっているときは、
まず、とりあえずAmazonを覗くのが、定番ですがいちばん効率がいいです。

 

Amazonを知らない方は、まず居ないでしょうが・・・

やっぱり、到着の早さ、何かあった時の補償、検索画面の見やすさ・・などなど、
通販サイトとしての基本的な能力が、圧倒的に高いです。

 

なのでやっぱり、通販サイトといえばAmazon・・という扱いになっているわけですね。

 

そしてそれは、自転車パーツを買うときでもやっぱり、同じです。

 

しかし・・・Amazonで自転車パーツを買うときには、大事な注意点がふたつあります。

① 「Amazonが販売・発送」となっている商品を買う

Amazonの商品には、「Amazon自身が販売・発送する商品」と、
個別ショップが販売・発送する商品」との、2パターンがあります。

 

どっちでもいいじゃん?と、もしかしたら思われるかもしれませんが・・・

このふたつの間には、圧倒的な条件の差が、あったりするのです。

 

まず・・・

 

Amazonが販売・発送します、の文言

Amazonホームページより引用

 

商品のページを開き、こう書いてある部分があれば、
その商品はAmazon自身が販売・発送する商品です。

 

そして、Amazon自身が販売・発送する場合、
他のショップが売っている場合と比べて・・・

 

「通常配送だと送料無料

配送が早い

返品条件が有利

 

という、3つのメリットがあるんですね。

 

Amazonの配送が早い、というのは有名な話だと思いますが、
商品によるものの、ほとんどの場合で1-3日もあれば届いてしまいます。

 

そして、返品条件についてですが・・・

 

Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。

・トラブルや不具合による返品・交換
商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。

Amazon 返品・交換の条件より引用

 

と、あるように、
Amazon自身の販売のものなら、買ったパーツが壊れてた・・!とかの、なんらかの不具合があった場合は、
ほとんど無条件で、全額返金もしくは交換をしてもらえます。

 

手続きもすごく簡単ですし、
不具合も、購入者が「不具合があった」と主張すれば基本的には通ります。

 

一方で・・・

 

他のショップが配送の文言

Amazonホームページより引用

 

青の部分に、ショップ名が入るのですが・・・

ここに、Amazon以外のショップ名が入る場合、
その商品は「個別ショップが販売・発送する商品」です。

 

この場合、上に挙げました3つのメリットが、ことごとく無くなってしまうのです。。

 

送料は基本的に、掛かるようになりますし、
配送までの期間も、幅はありますがいわゆる「普通の時間」が掛かります。

 

そして商品に不具合があっても、無条件で返品・・とかにはならないです。

不具合があった場合、メーカーに対応を依頼することになるわけですが、
メーカーによっては「それはお客様が原因です」などと言われて、取り合ってももらえないことも多い・・

というのは、多くの方が経験していると思います。

 

・・・と、これだけの差がありますので、
Amazonで自転車パーツを買うときには、確実に「Amazonが販売・発送する」ものを狙うべき!!

と、個人的には思います。

② 「Amazonプライム」を使える状態にしておく

もうひとつの注意点としては・・「Amazonプライム」に入会し、
使える状態にしておく、ということですね。

 

個人的には、自転車趣味を続けていくのなら、
Amazonプライムは必須、とまで思います。

 

詳しくは、Amazonプライムの説明に書いてありますが・・・

 

Amazonプライムは、この記事を書いている時点で、
「30日間の無料体験後の、月額500円」という料金体系なのですが・・・

今後、Amazonから自転車パーツをいろいろ調達していくのであれば、
この値段からすると、メリットが圧倒的に多いよなぁ・・と、個人的には思います。

 

いろいろなメリットがあるのですが・・・

私が、これは必須!と思うのは、
「お急ぎ便」「お届け日時指定便」がそれぞれ無料になる、という点ですね。

 

「お急ぎ便」は、注文したパーツを翌日とか、
場合によってはその日のうち(!)とかの、最速で届けてくれるサービスで、
すぐにパーツが欲しい!すぐ使いたい!とかいう場合にすごく、役立ちます。

 

そして「お届け日時指定便」は、指定した日時に配送してもらえるサービスなのですが・・・

こちらも、注文したたくさんのパーツを、家に居る時間帯を指定して届けてもらいたい・・
といった時に、ものすごく役立ちます。

 

両方とも、Amazonを軸にした自転車通販には「必須」だと思うのですが・・・
Amazonプライムが無いと、両方とも、1回の利用で数百円掛かってしまうのです。。

 

数百円といえば、Amazonプライムの月額と同じくらいになってしまいますので、
だったら、Amazonプライムに入会して、無制限で「お急ぎ便」「お届け日時指定便」を使うほうが得!!

・・・と、個人的には思っています。

 

さらに、Amazonプライム会員なら無料で使える、
プライムビデオ・プライムミュージックというのもけっこう、充実しています。

 

私は以前、Netflixを契約していたのですが・・・

 

最近は、プライムビデオ・プライムミュージックが充実してきていて、
正直、これらとYoutubeがあれば、エンタメにはまったく困らなくなりましたので、
Netflixは解約してしまいました。

 

自転車パーツ購入のために入会している、Amazonプライムの「おまけ」としては、
プライムビデオ・プライムミュージックは相当に、ハイレベルだよなぁ・・と、感じました。

 

なのでもし、自転車趣味をこれから始める、もしくは自転車趣味を続けようとしていて、
もし、Amazonプライムがまだ使えない状態なのであれば・・・

登録し、使えるようにしておくほうが、
大幅に便利になるのではないか・・と、個人的には思います。

Amazon以外だと「サイクルベースあさひの通販」がおすすめ

Amazonでパーツが手に入れば、それでいいですし、
実際、最近のAmazonの品揃えは、どんどんレベルアップしてきているので、
たいていの自転車パーツが、手に入ってしまうのですが・・・

やっぱり、マニアックなパーツなど、
手に入らないものも一部は、あります。

 

そしてその場合、欲しいパーツがよく見つかる場所が、
サイクルベースあさひのオンラインショップ」です。

 

品揃えがかなり良く、マニアックなパーツも扱われていることが多いです。

また記事執筆時時点で、3000円以上ぶん購入すれば、送料は無料となっています。

 

例えば、有名な通販サイトの「楽天市場」も、品揃えはなかなか良いのですが・・・

楽天市場は基本的に、個別ショップが場所だけを借りて出品している場所です。

なので、送料は普通に掛かってしまうことが多いですし、
配送期間も長くなることが多いです。。

 

なので、Amazonで検索したけど、欲しいパーツが見つからない・・!という場合、
次に覗くのは「サイクルベースあさひの通販サイト」で、いいと思います。

逆に、このふたつの通販サイトだけ見ていれば、
欲しいパーツが手に入らない!・・ということは、あまり無いです。

海外通販だと「Wiggle」がおすすめ

国内だけではなく、「海外通販」にまで目を広げると、
国内の通販よりもさらに有利な条件で、パーツを買えることがあります。

 

海外通販の一番のメリットは、国内より大幅に「安く買える」場合があることです。

そしてデメリットは、国内通販と比べて「トラブルが多い」ことです。

海外通販で「安く」買えるかも

Amazonなどのサイトで、自転車パーツを眺めて・・・

お、欲しいのがあった!ポチ!

 

・・・ちょっと待ってください。海外通販にまで目を向けると、
国内通販よりずっと、安く売っている場合があります。

 

例えば私は、「BROOKS B17」という革サドルを買おうと思ったとき・・・

国内では最低でも、12,000円はしたのですが、
海外ショップにまで目を向けることで、送料込み7,000円程度で入手することができました。

その差、実に5,000円ですね。得しました・・!

 

もちろん、すべてのパーツが安いわけではないです。

国内通販とパーツの値段が、変わらないことも多いですし、
送料も高くなりがちですので、送料も入れると国内より高くなる場合も、けっこうあります。

 

しかしパーツによっては、送料を入れても、国内通販より何千円も安く買えてしまうこともありますので、
調べてみる価値はある、と思います。

海外通販のトラブルについて

と、海外通販には「安い場合がある」という、
大きなメリットがあるのですが・・・

国内通販を使っていれば起きない、
海外通販ならではのトラブルというのも、起こりえます。

 

あり得るのは、配送時間がやたらとがかかるとか、
輸送トラブルで商品が届かないとか、
送料や関税が、意外に高く掛かってしまった・・とかですね。

 

とはいえ、配送時間は注文時に表示されることが多いですので、
大体わかりますし・・・

商品が届かなかったということは、
私がいろいろ利用してきた限りでは、一度も経験がありません。

また送料も事前に分かり、そこまで高くはありませんし、
関税は自転車パーツには、基本的には掛からないです。

 

なので海外通販ならではのトラブルは、個人的にはあまり問題にならないと思いましたし、
海外通販の「サイト選び」をしっかりやれば、このあたりのリスクはさらに下げることができます。

どの海外通販サイトが良い?

では、どの通販サイトが良いのか?なのですが・・・

 

まず、定番は「Wiggle」ですね。

Wiggleはイギリスの通販サイトで、日本向けに自転車パーツを販売しているサイトとしては、最大級になると思います。

 

パーツにもよるのですが、値段は日本国内の数割引で買えることも多いですし・・・

また、送料も無料となることが多いです。

 

加えて、取り扱いパーツの種類もとても充実しています。

まさに、自転車パーツ海外通販の、王様ですね。

 

そのため海外通販で安いパーツを探すなら、とりまWiggleで探す・・
で、いいと思います。

 

しかしWiggleといっても、すべてのパーツを網羅しているわけではありません。

また、すべてのパーツが安いわけでもありません。

 

そのため、他の海外サイトを見ていくと、
Wiggleより良い条件で、パーツが売られている場合もあります。

 

過去、私が使用してみて、特に問題なく取引ができた海外通販サイトを挙げてみますと・・・

「BIKE 24」
「ChainReactionCycle」
「CycleStore」
「EvansCycle」

と、いったところになります。

 

これらのサイトも、海外通販としてはそれぞれ、有名どころです。

なのでWiggleを見て、微妙だな・・と思ったら、
これらの他の通販サイトも一応、確認してみる・・・
みたいな感じで、大丈夫だと思います。

 

 

と、国内・海外から自転車パーツを調達する方法をまとめてみました。

いろいろ書いてみましたが、
実際のところ、パーツの8割くらいはAmazonから、で大丈夫だと思いますので、
とりあえずAmazonプライムに登録して、Amazonを使い倒す!という方向性でも大丈夫なのではないか・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ