スポークテンションメーターは使い方が難しいけど、本当に必要?


TM-1スポークテンションメーター

スポークテンションメーター、使ったほうがいいかな?

スポークテンションメーターが、ホイールの整備に必要そうだけど、
本当に必要かどうかわからない・・・

この記事に来られた方の中には、そういう疑問を持つ方もいるかもしれません。

 

スポークテンションメーターは、振れ取りとか、ホイールのバランスをとるとかの、
「ホイール整備」における必須アイテムです。

なのですが・・・

使い方が難しすぎて、わけわかんなくなって結局使わなくなる

そんなアイテムとしても、よく知られています。

 

スポークテンションメーターを使うときは・・・

 

スポークテンション換算表1

スポークテンション換算表2

「パークツール TM-1 スポークテンションメーター換算表」を引用

 

こんな表を見るべきなのですが、
まあ、なかなかに難解だと思います・・笑

 

もちろん、本当はちゃんと理解して使うべきですし、
自転車メカニックなどのプロであればもちろん、そうしていると思うのですが・・・

私のような「素人が」「普段の整備のなかで」使うときには、
もうちょっと簡便さを重視した、シンプルな使い方をしたほうが使いやすいかな・・と、
スポークテンションメーターを実際に使ってみて思いました。

 

なのでこの記事ではスポークテンションメーターを、
最小限の手間で、できるだけシンプルに使う方法を書いていきます。

スポークテンションは「一周をざっくりと」揃える

ホイールには、スポークがたくさんあるわけですが・・・

スポークは一周、だいたい同じくらいになっているべきだと思います。

 

「一本のスポークの張力が10なのに、その反対側の張力が7しか無い・・!」

そんな状態だと、バランスがとれていませんので、
ホイールの強度が下がったり、変形したりするはずです。

 

そして・・自分の場合は、スポークテンションメーターは、

一周ぶんのスポークテンションを、ざっくりと揃える

このために使っています。

 

例えば・・・

前輪のスポークたち

例えばこのホイールですと、スポークは左右8本ずつの、合計16本です。

これは前輪で、左右差は特に出ませんので・・・
このホイールですとこの16本全部が、だいたい、同じテンションになるべきなはずです。

 

すべて完全に同じにするべきか?は、分かれるところかもしれませんが・・・

少なくとも、10、8、7、12・・みたいな、ガッタガタなテンションだとしたら、それはNGだと思います。

 

それでは次に、実際にスポークテンションメーターで測っていきます。

スポークテンションを計測

こんな感じですね。

 

目盛りに、テンションが表示されるわけですが・・・

これを16本すべて測り終え、明らかに高すぎるスポーク、もしくは低すぎるスポークがあるか?を探すわけです。

 

すべてのスポークがだいたい同じテンションなら、基本的には、問題ないはずです。

明らかにテンションが低くなっているスポークがあるなら、それはホイールへの衝撃などで緩んでいる可能性がありますので、
基本的には、ニップル回しでニップルを締めて、テンションを上げることを検討します。

「ニップルを回す方向」や、ニップル回しの使い方はこの記事で解説しています

 

もし、これが後輪ですと・・・

後輪まわりのスポーク

こちらの「ギアがあるほう」のスポークテンションは、強いパワーが掛かる関係上、
ギアが無いほうのスポークテンションより高めになります。

なのでこっちは左右均等!ではないので、注意が必要なのですが・・・

一周ぶんのテンションは均等に、という基本は同じです。

 

ちなみに、私自身が愛用しているスポークテンションメーターは、

 

パークツールのスポークテンションメーター

 

この「TM-1」という型番のものです。

パークツールという定番メーカーのものですし、そこそこ使いやすく、
なんといっても安いですので、気に入っています。

TM-1の目盛り

こんな感じの目盛りで、テンションを読み取り・・・

スポークを挟む部分

ここにスポークを挟むことで、測定します。

なかなかに使いやすいので、おすすめです。

スポークテンションは「振れ」とセットで見ていくべき

と、スポークテンションは「バランス」を見ていけば、ある程度までなら、揃えることができるのですが・・・

それでは、すべてのスポークテンションをばっちり同じ!にすれば、それでOKか?

・・というと、そういうわけでもないです。

 

というのは・・・
スポークテンションの調整は、テンションそのものを均等にする以外にも、
「振れ」なく仕上げる、というのも重要だからです。

 

振れというのは、本来、真円の形になるべきホイールが、
ぐにゃっと、横とか縦とかに変形してしまっている状態ですね。

そしてこれは、スポークテンションがちょっと狂うだけでも、意外に起きやすかったりするのです。。

 

振れが起きると、ホイールの強度が下がってしまい、さらにどんどん振れは進行していき、
最後にはホイールが壊れてしまうこともあります。

なので「振れ取り」と言って、振れたホイールをまた真円に戻すべく、
ひたすら、スポークテンションを調整する作業が必要なのです。。

 

ここで、ジレンマがでてきます。

「スポークテンションの均等」を優先するか?「振れが無いこと」を優先するか?

ということです。

 

スポークテンションが完全に均等でも、すこしだけ振れが残る・・という場合があります。

そしてその逆で、スポークテンションは少しばらばらの状態で、振れがまったく無い・・という場合もあります。

なので、このどっちを優先するか?を考えないといけないわけですね。

 

そしてここは、どっちを優先するのが正解!とかは無いですので、
うまい感じにバランスを取るしかないです。

スポークテンションのバランスと、振れがないホイールバランスとを両立させる、ということですね。

 

と、スポークテンションを見ていくときは、テンションそのものだけでなく、
「振れ」も一緒に見ていくといいと思います。

 

 

今回はスポークテンションメーターのざっくりとした使い方と、注意点についてお話ししてみました。

 

パークツールのスポークテンションメーター



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ