TIMBUK2のメッセンジャーバッグはダサい?いや、結構かっこいいと思いますよ?


TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

自転車乗りの荷物入れといえば、バックパックやサドルバッグが王道です。

 

しかし・・・「ファッション」「物の取り出しやすさ」を重視するのであれば、
自転車で使うバッグには、メッセンジャーバッグをおすすめします。

 

自転車で荷物を持ち運ぶときの、バッグの選択肢には、
バックパック、ウエストバッグ、サドルバッグ、フロントバッグ・・などなど、
いろいろな選択肢があります。

これらの中でおそらく、一般的にいちばんよく使われているのは、
バックパックだと思います。

多くの荷物を運んだり、
両肩にバランスよく背負えるので、身体への負担が少なかったり・・というのが、
大きなメリットですね。

 

しかし・・どうしても、「野暮ったく」なってしまうのは否めないと思います。

自転車でロングライドに出かけたりするときには、
一般的に言うファッション性などを気にされる方も、少ないとは思いますが・・

自転車で、東京都内のちょっとおしゃれな街に出かけたい・・という場合もありますし、
そういう時に、バリバリの「自転車用」バックパックを背負って行くのは、
もしかすると、ちょっと「ダサい」感じがしてしまうかもしれません。。

 

私も基本的には、バックパックを使うのですが、
そういう、ちょっとおしゃれな場所に出かけるときには、
「メッセンジャーバッグ」を選んで使うことも多いです。

いくつかのメーカーの品を試したのですが、
私としては、それらの中でも特に「TIMBUK2」の製品がいちばんだな、と感じました。

 

メッセンジャーバッグは、たとえばアメリカの、
自転車で配達などを行う「メッセンジャー」がよく装備しているバッグです。

あくまで主観的な意見ではありますが・・街中で背負っていても、
デザイン的にぜんぜん「野暮ったく」ならない、と思います。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

また、自転車を降りれば、肩掛けバッグとして使えますし、
かんたんに身体の前に持ってくることができますので、バックパックと比べて、
かんたんに荷物を取り出すことができます。

 

そして、メッセンジャーバッグの大きなメリットとして、
パンパンになるまで物を詰めても、荷物へのアクセスのしやすさがほとんど減らない・・ということが挙げられます。

たとえば、バックパックに荷物をパンパンになるまで詰めてしまうと、
底のほうにある荷物にアクセスするためには、いちど上のほうの荷物をすべて取り出すしかなくなります。

対して、口が広いメッセンジャーバッグでは、バッグ内のほぼすべての場所にある荷物に、かんたんにアクセスすることができるのです。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

このように、口がとても大きく開きます。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

TIMBUK2の製品であれば、ほとんどのもので、
iPadなどが入れられる仕切りがついています。

 

そして、メッセンジャーバッグは、防水性能があるものが多いです。

メッセンジャーたちが書類を濡らさないために、防水バッグへの需要があったようで、
それを反映したもの・・のようです。

そのため、特にバッグカバーなどを使わなくても、
雨の中、問題なく走れるような製品も多いです。
(もちろん、防水ではない製品もあります)

 

デメリットとしては・・やはり、両肩に背負い、
場合によっては腰ベルト・胸ベルトも併用して、安定してしっかり背負えるバックパックと比べると、
片方だけの肩に掛けることになるメッセンジャーバッグは、不安定になりがちだとは思います。

しかし、TIMBUK2製のような質のいいメッセンジャーバッグは、
片方の肩だけでも安定して自転車で背負えるように作られており、
慣れてくると、片方の肩と背中だけで、安定して背負えるようになります。

少なくとも、バッグを背負っているほうの肩だけがすごく痛くなってしまう。。といったことは、
私の場合では起きません。

 

自転車に乗るときのバッグとしては、「メッセンジャーバッグ」も、
状況によっては、なかなか良い選択肢になり得ます。

バックパックに「ファッション性」や「荷物の取り出しやすさ」を求める場合は、
選択肢に入れてみてもいいのではないか、と思います。

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ Sサイズ

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ Mサイズ


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ