TIMBUK2のメッセンジャーバッグはダサい?自転車には合わない?


TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

自転車乗りの荷物入れといえば、バックパックやサドルバッグが王道です。

しかし・・・「ファッション」「物の取り出しやすさ」を重視するのであれば、
自転車で使うバッグには、メッセンジャーバッグもアリです。

 

自転車で使うバッグには、

バックパック、ウエストバッグ、サドルバッグ、フロントバッグ・・

などなど、いろいろな選択肢があります。

 

そしておそらく、いちばんよく使われているのは「バックパック」だと思います。

両肩にバランスよく背負えるので、身体への負担が少ない・・とかが、大きなメリットですね。

 

しかしバックパックは、見た目的に「野暮ったく」なってしまうかもしれません。

自転車でロングライドするときに、ファッション性を気にすることは少ないでしょうが・・

自転車で、東京都内のちょっとおしゃれな街に出かけたい!・・という場合もありますし、
そういう時に、バリバリの自転車用バックパックを背負って行くのは、
もしかすると、ちょっと「ダサい」感じがしてしまうかもしれません。。

 

私自身の場合はそういう、ちょっとおしゃれな場所に出かけるときには、
「メッセンジャーバッグ」を選んで使うことも多いです。

そしてメッセンジャーバッグは、いくつかのメーカーの品を試してきたのですが・・

それらの中でも特に「TIMBUK2」の製品がいちばんだな、と感じました。

「TIMBUK2」のメッセンジャーバッグは、自転車で使いやすい!

メッセンジャーバッグは、たとえばアメリカの、
自転車で配達などを行う「メッセンジャー」がよく装備しているバッグです。

そしてデザイン的に、街中で背負っていても、「野暮ったく」ならない感じがします。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

 

また、自転車を降りれば、肩掛けバッグとして使えますし・・

すっと身体の前に持ってくることができますので、バックパックと比べ簡単に荷物を取り出すことができます。

 

 

そして、メッセンジャーバッグの大きなメリットとして・・

パンパンになるまで物を詰めても、荷物へのアクセスのしやすさがほとんど減らない

というのがあります。

 

たとえば「バックパック」に荷物をパンパンになるまで詰めてしまうと・・

底のほうにある荷物にアクセスするためには、いちど上のほうの荷物をすべて取り出すしかなくなります。

 

対して・・メッセンジャーバッグには「口が広い」という特徴があります。

なのでバッグ内のほぼすべての場所にある荷物に、かんたんにアクセスすることができるのです。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

このように、口がとても大きく開きます。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

仕切りもあって、iPadなどを入れやすいですね。

 

そしてメッセンジャーバッグは、防水性能があるものが多いです。

メッセンジャーたちが書類を濡らさないために、防水バッグへの需要があったようで、
それを反映したもの・・のようです。

なので特にバッグカバーなどを使わなくても、雨の中、問題なく走れる製品が多いです。
(もちろん、防水ではない製品もあります)

 

デメリットとしては・・やはりバックパックに比べると不安定になりがちです。

とはいえ、TIMBUK2製のような質のいいメッセンジャーバッグは、
片方の肩だけでも安定して自転車で背負えるように作られており・・

慣れてくると、片方の肩と背中だけで、かなり安定して背負えるようになります。

少なくとも、バッグを背負っているほうの肩だけがすごく痛くなってしまう。。といったことは、
私の場合では起きません。

 

自転車に乗るときのバッグとしては、「メッセンジャーバッグ」も、
状況によっては、なかなか良い選択肢になり得ます。

バックパックに「ファッション性」や「荷物の取り出しやすさ」を求める場合は、
選択肢に入れてみてもいいのではないか、と思います。

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグってどんなバッグ?の、より詳しい解説は、

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグは自転車に合う?運びやすいの?ヘビーユーズしてる視点から解説しています。

 

上の記事でしています。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグは「ダサい」のか?

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ

TIMBUK2のメッセンジャーバッグって・・見た目が「ダサい」のか?

というのは、気になるところのようです。

 

もちろん美的感覚は人それぞれですので、あくまで個人の意見になりますが・・

TIMBUK2のメッセンジャーバッグは街中で使っても、ダサくならないデザインだと思います。

 

そもそも・・ダサい!と感じられやすいのは、

「自転車専用!」「ロードレース用!」といったアイテムを、街中の日常エリアで使っているとき

だったりします。

 

たとえば、ピチピチのロードレース用レーパン・ジャージとか、クリート装備とかで・・

たとえば「ファミレス」に入っていくのは、抵抗がある人が多いのでは・・と思います。

 

そういうのはゴリゴリのロードレース用装備ですので、それに合わない環境に行けば「ダサい」・・となるのは、仕方がないでしょう。

もちろん、ロードレースを走るような状況でなら、ダサくなんて無いのですが。

 

そしてTIMBUK2のメッセンジャーバッグは、そういった「ロードレース用!」といったデザインからは離れていると思います。

個人の感想としては・・自転車用だと言われなければ、ふつうのショルダーバッグに見えるのではないでしょうか。

デザイン的にも、それなりにスマートな感じがします。

 

と、TIMBUK2のメッセンジャーバッグはダサいのか?に対しては、

まあ、ダサくは無いのでは?

というのが、個人的な答えです。

 

この記事ではTIMBUK2のメッセンジャーバッグはダサい?自転車に合わない?をテーマにお話ししてみました。

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ Sサイズ

 

TIMBUK2のメッセンジャーバッグ Mサイズ

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ