クロモリに合うサドルはこれ!見た目重視で紹介!


ブルックスサドル

クロモリ自転車は、かっこいいです。

 

細身のホリゾンタルフレーム、無骨な鉄の質感、ちょっと古めかしい印象のフォルム・・・

「クロモリ自転車の、見た目が好き!!」という方は、多いと思いますし、
私もその一人です。

 

なのですが・・・

クロモリは意外と、「合うサドル」が無いものです。

 

最近主流になってきている、軽量カーボンサドルといったものは、
同じく軽量カーボンフレームや、もしくはアルミフレームに合うように作られているため・・・

ややノスタルジックな、クロモリフレームに装着すると、
「浮いて」しまうことがあります。

古風な侍に、なぜかマシンガンを持たせてしまった感じでしょうか・・?
(意味不明だったらすみません・・笑)

 

やはりクロモリには、クロモリに似合うサドルを装着したいものです。

もちろん、感性などは人それぞれですので、
「これが絶対に合う!」といったものでは無いのですが・・・

以下、これはクロモリに合うなぁ・・と感じたサドルを、紹介していきます。

クロモリに合うサドルは、これ!

まず・・クロモリに「革サドル」は、鉄板だと思います。

クロモリといえば革サドル!みたいな、王道の組み合わせですね。

 

実用面でも革サドルは、やわらかくてお尻にダメージを残しにくかったり、
クッション性が高くて、段差の衝撃がマイルドになったり・・と、メリットがいろいろあります。

そのかわり「重い」というのは、いかんともしがたいデメリットですが・・笑。

 

革サドルの中で一番のおすすめは、ド定番にはなりますが、
「ブルックス B17」です。

ブルックスサドル

画像のようなものですね。

けっこう使っているので、だいぶ年季が入っていますが・・笑。

 

このサドルは特に「おしりへのダメージ軽減」において、すごく優秀です。

私も何年もこのサドルを使っているのですが、
ロングライドでもおしりが痛くならない、ということに関しては、ダントツで優秀だと感じています。

検索していただければ、いろいろわかるかもしれませんが・・・
そういう理由でこのサドルは、自転車で世界一周!みたいな超ロングライドの世界で、
よく採用されるようなものですね。

 

そして見た目としても、「ザ・革サドル!」といった感じで、
クロモリ自転車にバッチリ、マッチすると思います。

 

 

「革サドル以外」で、クロモリに合うサドル

革サドルはクロモリにぴったりだとは、思うのですが・・

革サドルは定期的にクリームを塗り込んだり、ボルトを締めて張りを調整したり・・と、
普通のサドルでは必要のない、手間がかかるものです。

 

その手間に見合うくらいの性能があると思い、私自身は使っているのですが・・・

やっぱり、手間がかかりすぎる!とか、
革サドルの乗り味が合わない・・とかで、革以外のサドルが欲しい!となることは、あるでしょう。

私自身、常に革サドル・・というわけではなく、
気分によっては「セラサンマルコ リーガル」というサドルを使うことがあります。

サンマルコリーガル

サンマルコリーガル

こんな感じのものですね。

 

これも、クロモリに合うサドルとしては定番で、
ちょっとレトロな雰囲気が、クロモリとバッチリ、マッチしてくれると思います。
(もちろん、感性には個人差がありますが・・)

 

加えてこのサドルはブルックスとは違い、革ではなく普通のプラスチックサドルですので、
「革サドルが合わない」という場合にも、問題ないです。

そして特徴としては、幅広で、おしりと接する面積が大きいですので、
このサドルも「おしりが痛くなりにくい」というメリットがあります。

 

 

 

・・・と、「クロモリに合うサドル」を抜粋し、紹介してみました。

 

流線型の、いかにも最新鋭!という感じのするカーボンサドルよりも、
こういったちょっとビンテージっぽい雰囲気のサドルのほうが、
クロモリ独特の見た目に、マッチするのではないか・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ