いろいろな種類の自転車鍵を比較!頑丈なのは?使いやすいのは?


自転車の鍵を並べる

ワイヤーロック、チェーンロック、U字ロック、多関節ロック、南京錠、リング錠・・・

 

自転車の鍵には、いろいろな種類がありますが・・・

いったい、どのタイプの鍵にしようかな?

というのは、迷われるところです。

 

自転車鍵は、種類によって強度・重さ・使いやすさなどなど・・

あらゆるパラメーターが変わってしまいますので、
どれを選ぶのか?は、快適な自転車生活を送るうえですごく重要なポイントです。

 

私自身はこれまでにワイヤーロック・U字ロック・多関節ロックなどなど、
いろいろな種類の鍵を実際に、使い比べてきました。

なのでこの記事では、自転車鍵の種類をいろいろと比較していきたいと思います。

U字ロック

まず・・防御力が最強なのが、U字ロックです。

 

もちろん、値段などによる影響はあるのですが・・

それぞれの種類の中でも「最高レベルに頑丈な鍵」を比べた場合、
いちばん頑丈なのはU字ロックだ!と、言えると思います。

 

例えば・・

 

クリプトナイトの頑丈なU字ロック

 

例えば、この「クリプトナイト エボリューション ミニ 7」という鍵があります。

 

私自身、現在はこの鍵をずっと愛用しているのですが・・

この鍵は「ボルトクリッパー」という、巨大な鍵でも破壊できないことがわかっています。

 

長年使っていて、いろいろな性能のバランスが最強!と思うU字ロックを紹介しています。

 

「クリプトナイト エボリューション ミニ 7」の頑丈さなど詳しいことは、上の記事にいろいろ書いたのですが・・・

ボルトクリッパーは自転車盗難に使われる工具としては、最強クラスのものでして、
例えばワイヤーロックなんかはこれを使われると簡単に、さくっといかれてしまいます。

 

しかし「クリプトナイト エボリューション ミニ 7」レベルの頑丈なU字ロックなら、
大型ボルトクリッパーを、マッチョな成人男性が全力で使ったとしても、破壊はできないようです。

そしてこのレベルの防御力は、他のタイプの鍵ではなかなか実現できていないです。

 

なのでとにかく「防御力を重視したい!」「愛車をなんとしても守りたい!」のであれば・・

U字ロック、一択!

になってくると思います。

 

逆にU字ロックの「デメリット」としては・・

①「重い」

②「かさばる」

③「短くて、地球ロックしにくい」

 

あたりが挙げられます。

まあ、このあたりは頑丈さとのトレードオフですね・・

 

しかし私自身が実際に使ってきた限りだと、致命的。。と言えるほどのデメリットではないのでは、と思います。

「重さ」と「かさばること」は、例えば自転車のフレームに装着でもしてしまえば、なんとでもなるレベルですし・・・

 

短いのは確かですが、たとえば上で紹介したエボリューション ミニ7ですと、
「地球ロックするのに不便な短さ」までではないと思います。

私自身、このエボミニ7を自転車のフレームに装着して毎日持ち運んでいますし、
特に問題なく地球ロックできて、その防御力の恩恵を受けています。

 

と、いくつかのデメリットがありはするのですが・・・

自転車鍵に「頑丈さ」「安心」といったものを求めるのなら、
U字ロックが第一の候補になるのでは・・と思います。

 

クリプトナイトの頑丈なU字ロック

多関節ロック

「多関節ロック」は、何枚もの頑丈なブレードを組み合わせて作られた鍵です。

 

ポピュラーなものは・・

 

ABUSの頑丈な多関節ロック 90cm

 

この、「ABUS Bordo」シリーズですね。

私自身、これを使っているのですが・・
多関節ロックの中でもさらに、最強に近いレベルの頑丈さを持つものです。

 

ABUS Bordo 多関節ロックの詳しいレビューは・・

 

「長さ」も含めバランスのいい性能を持つ、優秀な多関節ロックをレビューしています。

 

上の記事にまとめています。

 

多関節ロックは「頑丈さ」においてはU字ロックに、一歩譲ります。

ブレードを組み合わせて「長さ」を出していますので・・

同じ重さだと、長いぶんだけ強度は下がるわけですね。

 

とはいっても多関節ロックは、自転車鍵の中でも「2番目」くらいの頑丈さがあります。

U字ロックに次いで、ということですね。

 

多関節ロックは一枚一枚がしっかりした、頑丈な金属プレートでできていますので、
ワイヤーとかと比べるとそのぶん、切断はしづらいです。

多関節ロックだとU字ロックと違って、さすがに「最大サイズのボルトクリッパー」には負けてしまったりするのですが・・・

たとえば小型のボルトクリッパーとか、ワイヤーカッターとかそのレベルの工具ですと、完璧に防ぎ切ると思います。
(もちろん弱い多関節ロックはあり、これは上で紹介した「ABUS Bordo」みたいなレベルの物の場合ですね)

 

そして多関節ロックは、U字ロックと比べるとかなり長いですので、
地球ロックなど、長さを活かしたロックにはほとんど困らなくなります。

U字ロックに対する、圧倒的なアドバンテージはここですね。

 

なので、「頑丈さ」と「長さ」のバランスがとれた鍵がほしい!

そんな場合は「多関節ロック」が良い選択肢になるのでは・・と思います。

 

ABUSの頑丈な多関節ロック 90cm

ワイヤーロック

ワイヤーロックは自転車界では、かなりポピュラーな鍵タイプです。

もしかしたら一番、使われているタイプかもしれませんね。

 

ワイヤーロックはU字ロックや多関節ロックほどの、強度はありません。

なので、どんな状況でも自転車を守りきりたい!みたいな「防御力最優先」の考え方には向かないのですが・・

 

しかしこのカテゴリーの鍵には「長い」「安い」といったアドバンテージがあります。

ほとんどの製品で、多関節ロックより大幅に長く、そして安いですね。

 

しかしワイヤーロックの「安物」は、おすすめしないです。

理由は・・かんたんに切られてしまうから、ですね。

すこし大きいワイヤーカッターなら、挟み込んでパチン!です。

 

なので例えば・・

 

ABUSの頑丈なワイヤーロック

 

この、「ABUS」のワイヤーロックはいい感じだと思います。

 

ABUSは、多関節ロックのところでも紹介しましたが・・
「頑丈な鍵を作るメーカー」として、定評があるところです。

 

この鍵はワイヤーが、スチール製の「シェル」でちゃんと覆われていますので、
ワイヤーカッターなどでもそう簡単には、切れないことが期待できます。

長さもじゅうぶんありますので、例えば標識などに括り付けたりも楽勝ですね。

 

ワイヤーロックでありながらも、そこそこ頑丈なものが欲しい場合は、
紹介しましたABUSのロックで、大きな間違いはないのでは・・と思います。

チェーンロック

そしてチェーンロックは、「ワイヤーロックの強化版」といった属性の鍵になります。

ワイヤーロックより重いけど、頑丈・・といった、そんな感じのタイプですね。

 

チェーンはワイヤーより、重いです。

ワイヤーは鋼線の集まりなのに対して、チェーンはその名の通り「鎖」ですので、それはそうですよね。

なので「長さ」と「頑丈さ」を高いレベルで兼ね備えた鍵!というカテゴリーになります。

 

そしてワイヤーロックにも劣らないほどの、一般的には多関節ロックを大きく越える「長さ」があります。

チェーンの可動性は多関節プレートよりも高いですので、その動きやすさを活かしたロックもしやすいですね。

 

チェーンロックの具体的な製品としては、

 

ABUSの頑丈なチェーンロック

 

このスチール・オー・チェーン880は、バランスがとれていると思います。

ボルトクリッパーなどの大型工具にもある程度耐えきれる強さと、じゅうぶんな長さを兼ね備えていますね。

 

少し重いのが、たまにキズだとは思いますが・・

「頑丈で長い」ロックを探しているのなら、このチェーンロックは悪くない選択肢なのではと思います。

 

 

以上、この記事ではいろいろな種類の自転車鍵を、さまざまな面から比較してみました。

 

クリプトナイトの頑丈なU字ロック

 

ABUSの頑丈な多関節ロック 90cm

 

ABUSの頑丈なワイヤーロック

 

ABUSの頑丈なチェーンロック

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ