シートポストの選び方を徹底解説!注目ポイントはここ!


複数のシートポスト

シートポストを変えたい!

そう思って、Amazonとか楽天とかで、「シートポスト」とかで検索するも・・・

 

見るポイントが多すぎて、わけわからん!!

 

・・・と、なってしまうことは多いようです。

私自身もよく、そうなっていました・・笑

 

その後私は、7年ほどの自転車趣味歴の中でいろいろなシートポストを比較検討し、
どこを見ればいいかも、わかってきましたので・・・

この記事ではシートポストを選ぶときの、「見るべきポイント」を軸に書いていきます。

太さ

見落とし厳禁!の、まず見るべきポイントは、
シートポストの「太さ」です。

シートポストの太さ

この、赤い部分のことですね。

 

シートポストには、いろいろな太さがあります。

そして、ご自身の自転車と太さが適合しない場合は、
装着することはできません

 

シートポストはフレームの、「シートチューブ」という場所に挿し込みます。

シートチューブ

この、穴の部分ですね。

なのでこの穴の直径に、シートポストがぴったりはまらない限りは、
物理的に、固定することはできないのです。

シムという追加パーツを加えて、無理やり太さを合わせることはできますが、
トラブルなどの原因になる部分が増えてしまうので、あまりおすすめしないです。。

 

シートポストの太さの主流は「27.2 mm」で、
現代のロードバイクやクロスバイクは、ほとんどがこの太さになっていると思いますが・・・

例えば25.4 mmとか、28.6 mmとか、30.9 mmとか、31.6 mmとか・・・
ちょっと数え切れないくらいに、いろいろな種類があります。

 

実際に、メジャーでシートポスト径を測ったりするのも、
良い方法ではあるのですが・・・

数ミリを測り分けるという、微妙な作業になりますので、
計測ミスが起きる可能性は、そこそこあります。

なので、ご自身の自転車のシートポスト径は、
メーカーの仕様書を確認するのがいちばん確実だと思います。

例えばジャイアントの自転車をお持ちなのであれば、
ジャイアントの公式ホームページに飛び、ご自身の自転車のスペックを確認すれば、
何mmのシートポストが使われているのかを確認することができます。

 

意外と見落としがちなポイントなのですが、
シートポストがそもそも「使える・使えない」を分ける最重要ポイントですので、
必ず確認しておくべきだと思います。

材質・重さ

次にチェックしておきたいのが、材質と重さですね。

 

材質は基本的に、アルミか?カーボンか?の2択になってきます。

すごくざっくりと分けると、「頑丈さ」ならアルミ、「軽さ」ならカーボン、といった感じですね。

 

これはフレームの材質としても、同じところだと思いますが・・・
カーボンは衝撃とか、ネジなどの締め付けとかで、壊れてしまうことが多いものです。

逆にアルミはカーボンに比べると、衝撃にも締め付けにも強い・・というのが一般的ですので、
実用性重視で、ラフに自転車を使うのならアルミのほうがいいかもしれません。

 

逆に「軽さ」を優先するなら、カーボンです。

ここも、思いっきりざっくり言ってしまうと・・・
アルミの、特に軽さを追求していないシートポストだと「300-350g」程度になるところを、
軽量カーボンのシートポストだと「150-200g」とかまで、軽量化できることが多いです。

差は、150gくらいですね。

他のパーツも含め、自転車の軽量化を優先したい!という場合は、
扱いがややデリケートにはなりますが、カーボンを選んでもいいのではないかと思います。

 

と、言っておきながら私が使っているのは「クロモリ(鉄)」シートポストだったりするのですが・・笑

・・・鉄はざっくり言うと、アルミよりさらに重く、アルミよりさらに頑丈・・といった性質ですが、
鉄製シートポストはあまり売られていないマニアックなものですので、
通常は候補外としてしまっても大丈夫だと思います。

オフセット

「オフセット」も、重要です。

ディズナアークのオフセット

ご存じの方も、多いでしょうが・・・

シートポストは上の写真のように、
サドルをつける場所がシートポストの軸に対して、
後ろのほうにありますよね。

この「後退幅」が、オフセットです。

 

オフセットが大きければ大きいほど、
サドルをより「後ろ」にセッティングできるようになります。

サドルは、サドルそのものを後ろにずらしたり、
「シートアングル」が寝ているフレームを使ったりしても、
退げることはできますが・・・

それだけでは限界があり、限界よりさらに後ろに退げたい場合は、
「オフセットが大きいシートポスト」が必要になるのです。

 

ちなみに私自身は、オフセットが「37mm」という、すごく大きいシートポストを使っています。

私は「おじぎ乗り」という自転車の乗り方を、軸にしているのですが・・・

この乗り方を実現するために、「ハンドルとサドルの距離を離す」必要があり、
そのためにオフセットが大きいシートポストが、必要だったのです。

 

逆に、サドルを前に出したいのなら、
オフセットが小さいシートポストとか、
オフセット「ゼロ」のシートポストとかの方がいいでしょう。

 

どのくらいのオフセットがいいのか?は、
現物合わせしてみないと、なかなかわからないものですが・・・

現在使っているシートポストの、オフセットはいくつか?を調べて、
それよりもサドルを前に出したいのか?後ろに退げたいのか?という視点から考えていくと、
選びたいオフセットが、見えてくるかもしれません。

長さ

シートポストの「長さ」も、重要なポイントです。

どこをシートポストの「長さ」ととるかは、
メーカーによって違ってきたりするのですが・・・

シートポストの長さ

通常はこの「パイプ部分の長さ」を、シートポストの長さとすることが多いです。

 

どのくらいの長さがあればいいか?なのですが、
ここは「最低挿入長」がちゃんと確保できる長さ、というのが必要です。

最低挿入長

例えばとあるシートポストには、こんな感じで「MIN INSERT」と記されているとおり、
最低でもこのぶんの長さが、シートポストに入らなければいけないです。

このシートポストの場合は、最低挿入長は「100mm」でした。

 

実際には、サドルをどのくらいの高さにするか?で変わってきたりするので、
計算だけではなかなか難しく、現物合わせするのが一番だったりするのですが・・・

迷ったら「300mm以上」の長めのものを選んでおくのが、無難です。

短くても「250mm以上」はあったほうがいいですね。

 

長すぎる場合でも、あまりにも極端じゃない限りは普通に使えますし・・・

長すぎると重くはなるのですが、
シートポストは後からカットすることもできますので、
長すぎた!と思ったら、切ってしまえばいいだけです。

 

逆に短すぎるシートポストを、伸ばすことはできませんので、
あまりに短いものを選んでしまうと、「最低挿入長」がどうしても確保できず、
詰んでしまうこともあり得ます。

なのでシートポストは、迷ったらちょっと長めのものを選んでおけば、
大きな間違いはないと思います。

おすすめシートポストはこれ!

シートポストはメーカーも種類も、山ほどあって、
一体どれにすればいいんだ!?と、なるものですが・・・

私がこれまでにいろいろ試してきた限りですと、
「NITTO」もしくは「シマノプロ」の製品は、品質がしっかりしていてコスパも良いと感じました。

ここでは、ロードバイクなどで一番ポピュラーな、
シートポスト径「27.2 mm」のものを紹介していきます。
(ご自身の自転車のシートポスト径がほかの太さの場合は、合った太さのものをお探しいただければと思います)

NITTO

NITTOのオフセットゼロシートポスト

NITTOのクロモリシートポスト

シマノプロ

シマノプロのシートポスト

 

 

・・と、シートポストを選ぶときの注目ポイントを中心に、解説してみました。

シートポストは太さをはじめ、規格が乱立していて、
一体どれを選べばいいのか、わからなくなりがちなのですが・・・

押さえるべきポイントさえちゃんと押さえることができれば、
ちゃんと探すことができますので、
ぜひ、お気に入りの一本を探し出していただければ・・と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ