中途半端?NO!!片面ビンディング・片面フラットペダルの良さを徹底解説!


片面ビンディングペダル

片面ビンディング(SPD)・片面フラットタイプのペダルは、
ビンディングの速さが欲しい!けどフラットペダルの利便性も欲しい!という欲張りなニーズに応えてくれる、最強のペダルになり得ます。

 

デメリットもあるのですが・・この記事で書いていくように、それほど大きなものではありませんし、工夫で解消することもできるようになります。

 

あえて、説明することでもないかもしれませんが・・・
ビンディングペダルはペダルに靴を「固定」できるペダルで、一般的に、フラットペダルに比べると速く走ることができるようになります。

 

フラットペダルは、靴を固定しないふつうのペダルで、
ビンディングペダルほどの速さは出せないのですが、
そのかわりふつうの靴で乗れるのでわざわざビンディングシューズに履き替える必要がありませんし、自転車から降りたあともふつうに歩ける、というメリットがあります。

 

ロードバイクに乗るとき、いくらスピードにこだわる方であっても、
かんぜんにビンディング一択!・・ということは、少ないと思います。

 

ビンディング専用に、ロードバイクを一台用意してしまえる場合は別ですが・・
そうではない場合は、ビンディングメインで乗る方であっても、フラットペダルが使いたくなることはあると思います。

 

そしてペダルは、一般的には「両面」がビンディング、もしくはフラットです。

ビンディングシューズを使うときにはビンディングペダルしか使えませんし、ふつうの靴を使うときにはフラットペダルしか使えませんので、違うタイプの靴で乗りたいときには毎回、ペダルを交換しなければいけません。

ペダルは外すのがとても面倒なので、このペダルの入れ替えが、とても面倒です。

 

しかし・・片面ビンディング・片面フラットタイプのペダルを使えば、この作業は必要なくなります。

 

このタイプのペダルを私はよく使うのですが・・・ビンディングを使ってロングライドをしたいときも、ビンディングシューズを履いてすぐ乗ることができますし、
フラットペダルで気軽に街乗りしたいときでも、普通のスニーカーなどでひょいと乗ることができて、とても便利です。

 

片面ビンディングペダルのデメリットなのですが・・・ビンディング面もフラット面もそれぞれ片方しか無いので、自分が履いている靴に、表裏を合わせるのがじゃっかん手間です。

ビンディングペダルは当然、ビンディング面にしかはまりませんし、フラットシューズでビンディング面に安定して乗ることもできません。

 

しかし・・ペダルにもよるのですが、片面ビンディングペダルはだいたい、ビンディング面が自然に地面側を向きます

ビンディング面のほうが、ビンディング機構のぶんだけ重いからですね。

 

そのためフラットシューズを履いているときは、そのまま足を出せばたいてい、フラット面に乗ることができます。

ビンディングシューズを履いているときは、下を向いているビンディング面が上にくるように軽く、つま先でペダルを弾けばいいのです。

このあたりはじゃっかんの慣れが必要なのですが・・慣れてくるとほぼ確実に、瞬時に自分が足を載せたいほうの面に載せることができるようになりますし、
これができるようになると、載せたいほうの面が「片面」にしか無い・・ということは、デメリットではなくなってきます。

 

両面ビンディングペダルと比べると、ビンディング機構が一個しかないですので、一般的にすこし軽い・・というのもメリットです。

 

 

片面ビンディングペダルとしてどの製品を使えばいいか・・についてですが、
私はシマノの「PD-M324」という製品を使っています。

 

シマノの片面SPDペダル

 

フラットペダル側の面が小さく、フラットはおまけ程度・・という片面ビンディングペダルも、けっこうあるのですが、
このペダルですとフラット面も、ふつうのフラットペダルと同じくらいに大きく、ふつうのフラットペダルに劣らないくらいに乗りやすいです。

片面ビンディングペダル

片面ビンディングペダル

フラット面はこんな感じで、ギザギザのついた、大きくてしっかりとした踏面になっていて、
とても足を置きやすいです。

片面ビンディングペダル

片面ビンディングペダル

そして、ビンディング面はこんな感じです。
特に問題なく、SPDシューズをしっかりと固定することができます。

 

加えてこのペダルには、リフレクターを装着することができる、という決定的なメリットがあります。

 

上にお示しした写真には、それぞれ、リフレクターがついていると思うのですが、
このペダルは、Amazonで売っているような、汎用の自転車ペダル用リフレクターを装着することができます。
(実際にどの製品が合うのかまでは保証ができませんので、ご自身にてお試しいただければと思います)

 

片面であれビンディングのペダルは、レース志向が強く、
ペダルリフレクターのようなものは装着できないものがほとんどなのですが・・

このペダルはそんな中で珍しく、装着できるタイプです。

自動車に乗る方であればわかると思いますが、自転車のリフレクターの中でも、ペダルにつけるものはとても目立ち、安全におおきく貢献してくれます。

リフレクターをつけるつけないは、もちろん個人の自由ではあるのですが、
私はかならずペダルリフレクターをつけたい派ですので、
片面ビンディングペダルとしてはこの「PD-M324」が、ほとんど唯一の選択肢になってきます。

 

片面ビンディングペダルは、ビンディングもフラットも使いたい!という私のような欲張りには、最適なペダルです。
そしてビンディング面・フラット面がそれぞれ「片面にしか無い」というデメリットも、工夫しだいでじゅうぶんに解消できます。

 

いつもはフラットペダルで乗るけど、ときどきはビンディングも使いたい・・といった場合には、検討してみてはいかがでしょうか。

 

シマノの片面SPDペダル



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ