定番のバッテリー式自転車ライト

リアライトはキャットアイがおすすめ!いろいろ試して最終的にそう思った理由


リフレックスオートふたつ

Amazonで「自転車 リアライト」と調べると・・・

まあ、いろいろな商品が出てきて、
どれがいいのか全くわからなくなります・・笑

 

私自身、自転車趣味を始めたばかりの頃は、
一体、どのリアライトがいいんだ?

なにを基準に選べばいいんだ??

と、悩んでいました。

 

しかし・・いろいろ使い比べてみた結果、

「とりあえずキャットアイ」で大丈夫

だと思うようになり、以後数年、リアライトはキャットアイしか使わずに過ごしていたりします。

 

もちろん、選択は人それぞれなのですが・・・

なぜ、キャットアイのリアライトがおすすめなのか?

最強!と言えるようなポイントは何かあるのか?

以下、そんなところを解説していきます。

キャットアイのライトは、性能バランスがいい

リアライトに求める条件って、なに?

 

人によるところではありますが・・・
重要なものから順番に、

① クルマからの見えやすさ

② 電池もちの良さ

③ 防水性

④ 操作のしやすさ

 

と、いったところではないでしょうか。

 

そしてキャットアイのリアライトは、たいていの製品で、
そのどれもをバランスよくクリアしています。

 

まず、キャットアイリアライトの「被視認性」については・・・

 

 

こういった動画で確認できるのですが、
しっかりと広い面積で光り、明るさもじゅうぶんで見やすいのではないか・・と思います。

もちろん、製品によって変わってくるところですが・・

私自身、これまでにいろいろなキャットアイリアライトを使ってきて、よく「遠くから見て、ちゃんと見えるかテスト」をするのですが、
これ見えにくいかな・・と感じるライトはありませんでした。

 

電池持ちのよさについても、1ヶ月 - 2ヶ月に1回とか、ロングライドの後とか、
思いついた時とかに電池交換・バッテリー充電をすれば十分です。

 

そして防水性についても、防水性が高いライトの見分け方は、この記事で解説しているのですが・・・

私の経験としても、雨の中にロードバイクをひと晩放置・・とかしてしまったとしても、
キャットアイのリアライトが壊れることはありませんでしたので、実際の防水性もかなり高いのではないかと思います。

 

操作に関しても、キャットアイのリアライトはほとんどが「ボタン長押しでオン・オフ」「ボタンクリックで点滅などのモードチェンジ、モードは記憶される」という、
おそらく一番使いやすい形なのではないか・・という操作システムになっています。

 

と、いろいろ挙げてはみましたが、
結論として、キャットアイのリアライトは全体として性能バランスが良いです。

ので、どれを選べばいいかわからない・・!となった時には、
「とりあえず」で選んでもいいようなものなのでは・・と思います。

おすすめリアライトは、これ!

キャットアイのリアライトといっても、いろいろあるわけですが・・・

 

例えば「バッテリー式」タイプのライトですと、
「RAPID(ラピッド)」シリーズといったものが定番です。

 

キャットアイのバッテリー式リアライト

 

例えばこれだと、コンパクトで邪魔になりにくく、
しかも暗いとき自動で点灯する「オート」モードもあります。

しかも十分な目立ちやすさもありましたので、おすすめのひとつです。

 

もしくは・・

 

キャットアイのバッテリー式リアライト

 

もしくは「目立ちやすさ」を重視したい!という場合には、これがおすすめです。

定番の「ラピッドX」シリーズの中で、いちばん明るいモデルなのですが、
2列のLEDラインを同時に発光させることができますので、昼間でもじゅうぶん見えるくらいの明るさが確保できます。

しかも、2列のLEDが独立していますので、
あまりに明るくなりすぎる場合は、一列だけ点灯・・ということもできます。

 

 

もしくは例えば「乾電池」を使うモデルですと・・・

 

キャットアイの乾電池式リアライト

 

この「リフレックスオート」が一番なのでは、と思います。

夜に自動で光る、オートモードがあるのに加えて・・

単なるリアライトではなく、広いリフレクター面もありますので、
たとえ電池切れの状態でも、反射で、ある程度の見えやすさを確保できます。

光の見えやすさ自体も、十分なのではないか・・と思いました。

 

 

バッテリー式と電池式ライトの違いとしては・・

バッテリー式:明るい、電池持ちが良い

電池式:電池を簡単に交換でき、コンビニなどでも簡単に調達できる

 

といったところが、一番大きいと思います。

 

もちろん、どっちが良い!というわけではないですので、
例えば、明るさなどの性能を重視するならバッテリー式・・

ロングライド先で、簡単に電池を補充できることを重視するなら、電池式・・といった感じで、
選んでいくのがいいのではないか、と思います。

 

今回はキャットアイのリアライトの良さを中心に、お話ししてみました。

 

関連記事
自転車におすすめのライトを、「ルーメン数」を軸に分けて紹介しています。

 

自転車用ライトに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ