冬の自転車旅、注意点は?寒くても大丈夫?


雪が積もった木たち

冬に、自転車旅をしよう!

と、思い立ったとき・・最大の敵となるのは「寒さ」です。

 

まあ、当たり前のことかもしれませんが・・・

特に自転車で速く走ると、「風 x 寒さ」のコンビネーションがきますので、
普通に歩いているときよりもはるかに寒くなるものです。

 

なので冬に自転車旅をするなら、「寒さ対策」をどのくらい上手くやるのか?

が、快適さに大きく関わってきます。

 

とはいえ寒さ対策って、特に有効な方法とかあるの?

定番アイテムとか、必須装備とかはどう?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

まずは「ウェア選び」から

寒さ対策にいちばん大事なのは、何?

考え方はいろいろでしょうが・・まず「ウェア」でしょう。

 

寒さ対策ならとりあえず、分厚いジャケットとか、もこもこのダウンとか着ればいいのでは?

と、自転車を買ったばかりの私は思っていて、実際そういうのを着ていたのですが・・・

そういう普通の防寒具は、自転車には向きません

 

なぜか?

汗を吸い込みすぎて、逆に寒くなるからです。

ふつうに生活しているぶんにはそういうので全く問題ないのですが、
自転車はスポーツに近いくらい汗をかきますので、真冬にびしょびしょになろうものなら・・・

それはもう、凍えるほどの状態になってしまいます。

 

なので自転車で旅をするのなら・・

ちゃんと自転車専用の防寒ウェアを選んでおく

のがやっぱり、おすすめです。

 

とはいっても、いろいろあるのですが・・・
例えば「パールイズミ」は品質が良い自転車ウェアを作る定番メーカーですので、おすすめです。

 

 

私はこういった、パールイズミ製品の中でも「対応温度」が低いものを愛用しているのですが・・・

パールイズミを軸に防寒ウェアを選んでおくと、大きなハズレは無いのではないか・・と、個人的には思います。

「耳の防寒」が意外と重要

体の防寒の大事さは、もちろんだとして・・・

意外に大事なのが、「耳」の寒さ対策です。

 

耳が冷えるとキツいというのは、たいていの方が思うところではないか?と思うのですが・・・

自転車、特にロードバイクのように速く走るものですと、
気化熱でさらに強く、耳が冷えてしまいます。

耳は末端ですし、普段は何にも覆われていませんので本当に、冷えやすいです。。

 

そして耳があまりに冷えると、もちろん寒さがつらいですし、
耳が緊張してしまって、頭痛につながったりすることもあります。

なので「耳の防寒」はすごく大事なのです。

 

では、普通に売っている市販の耳当てを使えば?・・と、もしかしたら思われるかもしれませんが・・・

ここで大事になるのが、「ヘルメットとの干渉」です。

自転車で旅をするような状況だとたいていの場合で、ヘルメットをかぶると思うのですが、
普通の耳当て系防寒具ですとヘルメットに当たってしまい、装備できないことが多いのです。。

 

なので私自身の場合は・・・

 

パールイズミのイヤーウォーマー

 

これを使っています。

またまた、パールイズミのものではありますが・・

これは、ヘルメットに干渉しにくい「自転車専用品」ですので、
たいていのヘルメットと同時に装備できると思います。
(干渉するヘルメットもあるかもしれませんので、そのあたりはご自身にてご検討ください)

 

暖かさも薄い素材なのに、なかなか優秀だと思われ・・

私の場合はこれがあると無いとでは、雲泥の差があると思われましたので、
冬に旅に出るときは必ず装着するか、バックパックに潜ませるようにしています。

「指の防寒」は無いとキツい

3つ目・・これも定番ポイントにはなりますが、
「指」の防寒は、大事です。

 

指は、耳と同じく末端ですし、冷たいハンドルを握り続けますので・・・
なんの対策もしていないとどんどん、冷えてしまいます。

そして冷えると、寒くてキツいだけではなく、
手がうまく動かなくなってブレーキなどの操作に支障がでたり・・と、デメリットが多いです。

なので「手の防寒」は、かなり気を使ってやっておくほうがいいと思います。

 

手の防寒にも、いろいろな方法がありますが、
定番はやっぱり「手袋」ですね。

そして普通の、綿などのもこもこした手袋を使ってもいいのですが・・・

やはり自転車の操作性は下がりますので、
ここもできれば「自転車専用品」のほうがいいと思います。

 

さらに、ここは私個人のこだわりですが・・・
「ゴアテックス」製のグローブを、雨じゃない日もずっと装備すると、
いろいろとメリットが大きいです。

ゴアテックスは言わずと知れた「防水」装備ですので、これを装備しておけば、
冬、冷たい雨が降ってきたとしても問題なくなります。

逆に、暖かいけど防水じゃない、普通のグローブですと、
雨が降れば冷水でびちょびちょになり、とてもライドどころじゃなくなってしまうはずです。。

 

例えば、自転車アイテムの定番メーカー「シマノ」が、

 

シマノのゴアテックスグローブ

 

こういったゴアテックスグローブを出していますので、選択肢のひとつになると思います。

 

 

・・と、冬の自転車旅は、寒さがほんとうにキツイものです。

もちろん、根性で耐える!というのもアリですが・・
やはり、ばっちり「装備」を整えて、ダメージをできるだけ減らす・・というのが、一番だと思います。

 

今回は「冬の自転車旅」を快適にするための考え方をお話ししました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ