落ち着いたデザインのサイクルジャージ

自転車で使いやすいメガネの条件とは【雨にも対応!】


眼鏡

メガネは、掛ける人にとっては必須アイテムです。

そして自転車に乗るときにも、必要になることは多いです。

 

そして・・自転車に向くメガネの条件、というものがあります。

 

メガネなんて、なに掛けても同じなのでは?

と、もしかしたら思われるかもしれません。

しかし例えばロードバイクのように前傾になっても、ずり落ちにくいタイプのメガネ・・というものも選べたりします。

 

私自身、メガネで自転車に乗ることは多く、メガネはいろいろ試行錯誤してきましたので・・

この記事では、「自転車に向くメガネ」はどう実現する?

そんなところを解説していきます。

自転車に向くメガネ、向かないメガネとは

まず・・自転車に「向かない」メガネというものがあります。

 

どんなものが向かないの?

① 前傾したとき、ずり落ちやすい

② レンズが小さく、視界が狭い

③ 「雨の水滴」が、落ちにくい

 

こういったものです。

そしてこれらが解決されたメガネが、自転車に向くメガネ・・というわけですね。

 

それぞれの「向かない」を解決するためには、どうすればいい?

以下、解説していきます。

要素①:前傾したとき、ずり落ちやすい

メガネをかけて普通に生活していても・・

どんどんずり落ちてくる!ということは、あまり無いと思います。

 

しかしロードバイクやクロスバイクは、前傾します。

そして前傾すると、メガネが重力でずり落ちます。

 

メガネがずり落ちてしまうと、前が見えにくくなりますし・・

ずり落ちを何度も何度も、直すはめになってしまいます。

これがけっこう、ストレスになるのです。。

 

これを解決するため、私自身は、

ツルの形を、自由自在に変えられるメガネ

を採用しています。

 

自転車用メガネ1

モノとしてはこんな感じの、Zoffというメーカーの、5,000円くらいの安物なのですが・・

 

自転車用メガネ2

ツル部分はこんな感じなのですが、これを、

自転車用メガネ3

こんな感じで、ぐにょーんと曲げることができます。

 

自由に形を変えられるので・・

自分の耳の形にジャストフィットするように、変えればOKです。

それで前傾したとしても、ずり落ちていくことはまずなくなります。

 

ツルの形は「縦方向」「横方向」「ねじれ方向」と、さまざまな方向に変えることができますので・・

耳の形にバッチリ合うように微調整すると、前傾しても微動だにしなくなりますね。

 

それ以外にも、

耳に固定するイヤーピース1

耳に固定するイヤーピース2

こんな感じの「耳に固定するイヤーピース」というものもあって、使ってみたこともあるのですが・・

これは耳に干渉して痛くなりましたし、固定力自体も「ツルの形を変える」方法のほうが上だったので、自分はこれは不採用としました。

 

「ツルの形を変えられるメガネ」は、高価なものでなくても、探せば売っていると思いますので・・

自転車でメガネがずり落ちる!に悩まされる場合は、探してみてもいいと思います。

要素②:レンズが小さく、視界が狭い

「レンズが小さい」タイプのメガネも、自転車には向かないです。

理由は単純に、視界が狭いからですね。

 

自転車で、広い視界が欲しいことはよくあります。

路上駐車を避けるため、視界ギリギリまで振り向くとき、

交差点で、周囲を広く見渡すときなど。

 

そしてレンズが小さいとそんなとき、困るわけです。

 

一応、レンズの外側で見ることもできますが・・

もちろんレンズの外側では、視界はぼやけてしまいますし、
レンズのフレームが邪魔で、見えにくかったりもします。

 

そんな、極端なデカレンズである必要もないのですが・・

自転車に使う眼鏡は、あまりレンズが小さすぎるものではなく、
そこそこ大きいメガネを使うほうがいいと思います。

要素③:「雨の水滴」が、落ちにくい

雨の日の水滴も、注目のしどころです。

 

雨の日に、メガネをかけて自転車に乗ると・・もちろん、水滴がつきます。

そしてこの水滴は、めっちゃ邪魔になります。

 

1滴2滴とかなら、まだいいのですが・・

ある程度以上降ってくると、レンズ全体が水滴で覆われたような感じになりますし、
そうなると前が見えなくなり、走るどころではなくなったりしますね。

 

と、水滴はメガネの大敵ですので・・

撥水タイプのメガネとか、撥水スプレーとかを使っておくといいと思います。

 

撥水加工は、たいていのメーカーでオプションとして提供されていますね。

撥水スプレーも通販サイトとかで、いろいろ売られています。

そしてちゃんとした撥水方法を選べば、水滴はかなりましになりますので、
自転車でメガネを使うならぜひ、試行錯誤したほうがいいところだと思います。

 

 

撥水系以外にも、

雨の日には「コンタクトレンズ」を使う

というのも、おすすめです。

 

コンタクトレンズなら「水滴の付着」と、ほぼ無縁でいられます。

付着する面がどこにも無いので、それはそうですよね。

 

実際、雨の日に関してはコンタクトレンズのほうが、メガネよりずっと視界がクリアになります。

なので例えば、日頃はメガネを使っているとしても、
1dayコンタクトも持っておいて、雨の中乗らなきゃいけない!となった場合に使う・・

という感じにしておくと、雨のライドはかなり快適になると思います。

 

 

と、「自転車に乗るときのメガネ」といったところにも、試行錯誤できることはありますので・・

自転車に乗っていて、メガネでイライラ・・とかしたことがある場合は、
ぜひ、いろいろ工夫してみては、と思います。

 

今回は自転車で使いやすいメガネとは?といったテーマでお話ししてみました。

 

関連記事
パールイズミの、街でも浮かないデザインのサイクルウェア「フリージー」シリーズについて解説しています。

 

縫い目が擦れて痛い!を防ぐための、「無縫製」タイプの下着について解説しています。

 

自転車ウェアに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ