自転車乗りのインナーシャツは、速乾性最強のジオラインがおすすめ


緑の山と青い湖

暑い夏・・・

自転車で走ると、どうしても汗をかいてしまいますし、
汗だくで、熱と湿気に悩まされながら走るのは、なかなかにきついものです。

 

冬であっても、それなりの長距離を走れば、汗をかいてしまいます。

たとえ冬であっても、汗に悩まされることは多いですし、
夏には起きない「汗冷え」の問題もでてきます。

 

自転車で、ある程度以上の速さで走ったり、ある程度以上の距離を走ったりすると、
ヘビーな運動になってしまうので、どうしても、汗に悩まされることになってしまいます。

これはある程度、仕方がないことではあるのですが・・・

服選び、特に、肌に直接着る「インナー」の選び方を工夫することで、
汗対策・熱対策として、思った以上の効果を上げることができるかもしれません。

 

登山ウェアでは、インナーがいちばん重要だと言われます。

肌に直接触れて、汗を吸い、ちゃんと逃がすことにより、
汗による不快感、こもってしまう湿気、そして「汗冷え」を改善することが、
登山中の快適さにつながりますし、
遭難時など、場合によってはインナーの性能が命を救う・・ということもあるそうです。

 

自転車でも、ロードバイクなどで速く走ったりと、ハードな乗り方をする場合には、
やはり、インナーがいちばん重要だと思います。

そして、インナーに求められる性能として大きなものに、「肌触りのよさ」や「吸湿速乾性」があるのですが、
自転車に乗るときに求められるのは断然、「吸湿速乾性」のほうでしょう。

一般的には綿素材は「肌触りのよさ」が、ナイロンなど優れた化学繊維素材は「吸湿速乾性」が高いと言われますが、
自転車においても、こういった要素を踏まえて素材選びや商品選びをしていくと、
ライドをより快適にしていくことができます。

 

具体的に、どのメーカーのどの製品が良いのか?ということなのですが・・・

私は何年にもわたり、いろいろなメーカーのインナーを試し、
淘汰したうえで良いと思ったものだけを残しているのですが・・・

「モンベル」の「ジオライン」が、ここまででお話ししたような性能において、
もっとも優れていると感じました。

モンベルのジオラインウェア

モノとしては、上のようなものなのですが・・・

少々、値段は張ってしまい、これの1/3程度の値段で買えるような製品も多いのですが・・・
そういったものと比べると、たった1日、自転車に乗って走り回るだけでも、私は明らかな違いを感じることができました。

具体的には、汗がすぐに乾く・・汗で濡れても不快に感じない・・熱がこもらず逃げやすい・・といったことですね。
アウターなど他の服は同じものにして、インナーだけを交換して試しましたので、インナーの効果と言っていいと思います。

 

そしてこのインナーは、主観にはなりますが・・
1日や2日くらい洗濯せずに着回しても、ほとんど、くさくなりません。

一般的なインナーであれば、洗わなければ普通に、くさくなってしまうのですが。。

ジオラインであっても毎日の洗濯は行っているのですが、
たとえば、最小限の荷物で旅に出たいときなどは、
うまく工夫すれば替えの服を最小限に抑えることができる・・洗濯の頻度を下げることができる・・などのメリットがでてきます。

 

モンベルは、日本の登山ブランドで、登山に向いたさまざまな製品を作っています。
当然ではありますが、製品の「吸湿速乾性」や、「体温を逃がす・留める」といった、登山にかかわる性能については、
一般的な服ブランドの比ではないくらいに、よく考えられて作られていると思います。

そのため、インナーにおいても、モンベルに限りはしなくても、
「登山ブランド」から選んでおくと、無難に、性能がいいものを選ぶことができるのではないか、と思います。

 

以上、自転車をハードに乗り回すことに向いた、インナーの選び方についてお伝えしました。

インナーシャツなんて、大した影響もないと思われるかもしれませんが・・

ジオラインはいちど着てみると、もう普通のインナーには戻れないほどに快適だと感じましたので、
自転車で、汗がなかなか乾かなくて困る・・とお悩みの方は、使ってみてもいいかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ