自転車で使うサングラスは、「跳ね上げ式オーバーサングラス」が最強


サングラスをかけた赤ちゃん

真夏日・猛暑日・日差しが強い日・・・自転車で長時間走るとき、
サングラスを使わないと、ひどい目にあうことになります。

 

逆光で前が見えなくなり危ないことは、言うまでもないですが、
長時間、直射日光を浴び続けると、紫外線による眼へのダメージもあると思われ、
やはり長時間、強い日差しの中を走るのであれば、サングラスは必須だと思います。

 

特に、歩行時と違って、
自転車には基本的に「太陽を見続けなければならない」という縛りがありますので、特につらいです。

歩行時ならある程度、目をそらしながら進むこともできますが、
自転車だと、進行方向を見ずに進むのは、まず無理ですよね。

まあ、このあたりはクルマと同じだと思いますが・・

 

 

そしてサングラスを使っていて、とても厄介なのが、
「急激な明るさの変化」です。

 

トンネルに入るときが代表的ですが、
明るさに目が慣れたところで急に暗いところにいくと、
サングラスによる暗さもあいまって、一時的に、なにも見えないくらいに視界が悪くなります。

トンネル以外でも、サングラスをかけていてちょうどいい明るさだったのに、
急に曇ってきて太陽が隠れ、サングラスありだと暗すぎるようになってしまった。。ということは、
よくあることだと思います。

 

こういう問題に対応するために、「調光式サングラス」といったものが売られていますね。

光が強いときには色が濃くなって、しっかりと光を遮断し、
光が弱いときには色が薄くなり、暗くなりすぎないようにする・・と、
自動で遮光の程度を変えてくれる、魔法のようなサングラスなのですが・・・

色が変わるスピードがそれほど早くないため、トンネルに入るときのような、急激な明るさの変化にはなかなか対応できません。

また、普通のサングラスと比べると、かなり高価です。
調光機能はコストのかかる機能なので、仕方がないでしょう。
安価な製品もあるにはありますが、調光がうまく働かなかったり、「安かろう悪かろう」になってしまうようです。。

加えて、調光機能の寿命も2-3年と、限りがあるみたいですね。

弱点が多いため、私としては、なかなか使いにくいものなのではないか・・と考えます。

 

調光サングラス以外にも、
色が黒すぎない、スモークタイプのレンズを備えたサングラスを使う、というのもひとつの手かもしれませんが、
今度は真夏日に光をじゅうぶんに軽減できず、そもそものサングラスとしての効果が弱くなる・・という弱点があります。

 

そのため私としては、自転車で使うサングラスには、
「跳ね上げ式オーバーサングラス」をおすすめします。

跳ね上げ式オーバーサングラスとは、
以下のように、サングラス部分を手で上げ下げすることができるサングラスのことです。

サングラス跳ね上げ

上で挙げた「調光式サングラス」の、原始的バージョン・・といったところですが、
これがなかなかに有効です。

 

まず、調光が一瞬でできます。

指でぱっと跳ね上げるだけで、サングラスとしての機能をMAX、もしくはゼロに変えることができます。

トンネルに入るときなどは、指で即座に跳ね上げれば、一瞬で解除できますし、
トンネルを過ぎたらまぶしくなる直前に、また一瞬で戻すことができます。

機構としては、とても単純で原始的なのですが・・
シンプル・イズ・ベスト、ですね。

 

跳ね上げの操作なのですが、
ハンドルから一瞬、片手を離してサングラスを跳ね上げるだけですので、
私の場合はそれが原因で、バランスを崩したりはまあ無いだろう、と思いました。

 

そして、高価になりやすい調光式サングラスと比べて、とても安価です。
ものにもよりますが、2000円前後くらいでしょうか。

 

私が購入し、もうかなりの期間使っているものは、

 

自転車に使える跳ね上げ式サングラス

 

これですね。

安価なのですが、指でパチン!と簡単に跳ね上げることができ、すごく便利ですのでよく使っています。

 

 

跳ね上げ式サングラスには、眼鏡の上から装着できるオーバーサングラスタイプのものが多いため、
オーバータイプを選べば、眼鏡との干渉を気にしなくてよくなる、というのもメリットです。

 

デメリットとしては・・・サングラスとしては、かなり大きめになってしまうため、
野暮ったくなってしまうのと・・・

跳ね上げたときの姿が、致命的にダサいことですね・・・笑

 

とはいえ、自転車に乗るときにはヘルメットをかぶるため、
跳ね上げたサングラスだけをかけたときと比べると、ヘルメットの存在が、ダサさを少しは緩和してくれる・・ような気がします 笑

 

自転車に使うサングラスは、「跳ね上げ式オーバーサングラス」がなかなかに便利です。

跳ね上げたときのダサさを我慢することができるのであれば、検討されてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ