落ち着いたデザインのサイクルジャージ

ロードバイクのレインウェアはこれがおすすめ!冬のレインコートにも使える!


冬の雨

ロードバイクで雨の中、走りたい!

そのためにはレインウェアが必要。

でも、どのレインウェアが良いのか、わからない・・!

 

以前、私自身はそんな感じでした。

自転車通勤をすることに決めたけど、もちろん雨の日もある・・

レインウェアを買おう!でも、どれが良いんだ??

 

そして現在は「これ!」というレインウェアを見つけ、
雨の日でもまったく問題ない自転車生活を送れています。

 

どのレインウェアが良いのか?はもちろん、人によって変わってきますが・・

この記事では自転車で使うレインウェア、どれが優秀なの?

そんなところを解説していきます。

「透湿性が高い」タイプがおすすめ

まず、大前提からですが・・

おすすめ「しない」タイプのレインウェア・・というものがあります。

 

コンビニで買えるレインコートのような、普通のビニールタイプのレインコートですね。

 

傘でもわかるように、ビニールは水をほぼ完全に遮断しますので、
「防水性」だけなら、ビニールレインウェアでも十分なのですが・・

ビニールは湿気を逃がす「透湿性」がまったく、ありません。

なのですぐビチョビチョになって、なんのためにレインウェア着てるのかわからない・・
という状態になるんですね。

 

ビニールレインウェアの不快感は、実際に使ったことがある方であれば、
おわかりのところかな・・と思います。

あの湿気がこもった感じ、肌にビニールが貼りつく感じ・・

まあ、きついですよね。笑

 

そしてこのあたりは「透湿性が高い」レインウェアを使えば、だいたい解決します。

濡れないだけではなく「湿気を逃がす」能力もあるタイプですね。

 

透湿性の影響は凄くて、実際、私自身はとある透湿性能が高いレインウェアを着込んで、雨の中を乗っていて・・

着心地がいつまでもさらさらで、あまりの快適さに、
「あれ?そういえば今、レインウェア着てたっけ・・」みたいになっていたことがあります。

 

透湿性が高いレインウェアは、具体的には、

 

ミズノの透湿性が高いレインウェア

 

ミレーの透湿性も高いアウトドアジャケット

 

このあたりのものが、価格的にもリーズブルでおすすめです。

レインウェアは「防寒着」にも使える

冬は寒いので、防寒着が必要です。

そして「冬の雨」は最悪に寒いですので・・

雨も寒さもしっかり防げる、優秀なレインコートが欲しくなると思います。

 

そして・・その防寒着を「レインウェア」と兼用してしまうと、
実用性がすごく、高いです。

 

というのも・・・

実はレインウェアは、雨を防げるだけではなく、防寒能力も高いから・・ですね。

 

ロードバイクなどの自転車に乗る方で、レインウェアを使う方は、多いと思います。

自転車だと、傘をさしながら走ることは、基本的にできませんし・・・
雨を防ぐ方法といえば、レインジャケットとかレインポンチョとかの、レインウェアしか無いですよね。

 

例えば私は、いつも持ち歩くバックパックの中には、最低限のレインウェアを常備していますし・・・

雨が降っていたら、傘がわりにレインウェアをぱっと羽織って出かける方も、多いでしょう。

 

そして実は、雨が降っているときだけではなく、
「寒いとき」でも、レインウェアを着込むとかなりましになる、ということです。

 

もこもこの、分厚いレインウェアならまだしも・・・
よく使われる、ぺらぺらのレインウェアなんかで、冷気を防ぐなんて無理なのでは?

と、もしかしたら思われるかもしれません。

 

確かに、薄っぺらいレインウェアに、保温効果はあまり期待できません。

 

なのですが・・・

注目するべきは、「ウィンドブレーク性能」です。

 

ロードバイクなどの自転車は、速いスピードで走りますので、
普通に立っている時とかと比べると、猛烈な風を受け続けることになります。

なので・・・寒い中、普通に立っているときとかと比べると、
「風で体温を奪われる」要素が、すごく強いんですね。

 

立っているときは、冬用の普段着だけで大丈夫だったが、
自転車で走り出すと、風により寒くなってきた・・というのはよくあることです。

 

もこもこのダウンジャケットといったものは、保温効果はすごく高いわけですが・・・

風を防ぐウィンドブレーク能力は、ほとんど無いので、
風は素通りして、体温を奪ってしまうのです。

なのでダウン系ジャケットとかは、ロードバイクといった自転車にはあまり、向かないのです。。

 

しかし・・・例えばゴアテックス系などの、高性能なレインウェアは、
雨を遮断してくれるだけでなく、実は、完璧に近いウィンドブレーク性能があります。

 

なので、ロードバイクで走るときは、
いつものウェアの上から、そういったレインウェアを一枚着込むだけで・・・

かなりのレベルで、寒さをしのぐことができるのです。

 

ザノースフェイス 防風・防水ジャケット

 

例えば私は、この薄型軽量レインウェアを、
バックパックの中に常備しています。

そして雨じゃない日でも、寒さを感じたらさっと、
それを羽織るようにしています。

そうすれば、そのままの服だとかなり寒い・・といった状況でも、
かなり、暖かさをアップすることができるのです。

 

そもそも、自転車に乗るときには、
分厚いジャケットとか、もこもこジャケットとかは、ご法度です。

ロードバイクは、汗をかきますので、
例えばダウンジャケットなんかは、その汗を吸ってしまい・・・

そして気化熱を奪い、むしろさらに寒くなってしまいます。

 

なので自転車に乗るときは、速乾性なども重視して、
「薄くて暖かい」服を選ぶのが基本だと思います。
(パールイズミなど自転車ウェアメーカーに、もこもこ服は売られていないと思います)

 

そして、そんな薄い服であっても、
レインウェアを「ウィンドブレーカーとして」使い、風を遮断することができれば、
真冬でも問題ないくらいに、快適なライドが楽しめるのです。

 

特に携帯用タイプのレインウェアなら、薄型軽量で、
持ち運んだとしても、荷物はさほど増えません。

なので、携帯型レインウェアを「防寒着兼用」として持ち運ぶ・・
というのは、かなり、おすすめです。

 

 

今回はロードバイクにおすすめのレインウェアについて、いろいろお話ししてみました。

 

関連記事
パールイズミの、街でも浮かないデザインのサイクルウェア「フリージー」シリーズについて解説しています。

 

縫い目が擦れて痛い!を防ぐための、「無縫製」タイプの下着について解説しています。

 

自転車ウェアに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ