冬のロードバイク、服装はどうする?・・「ウィンドブレーカー性能」を持つ服がおすすめです!


雪桜

寒い冬・・・

こたつで丸くなりたくなる気持ちが、でてくるとは思いますが、

それでも自転車を楽しみたいなら、寒い中、外に出なければいけませんし、
通勤などで、自転車に乗らざるを得ない場合もあると思います。

 

寒い中を、自転車で走るのであれば、
寒さに対抗できる、冬用のウェアを用意する必要がありますが・・・

通常のダウンコートなどは、自転車走行時にはまったく向きません。

 

寒い中をスポーツ自転車で走るときは、
自転車特有のいろいろな問題が起きてきますので、
自転車に対応した冬用ウェアを選ぶのが望ましいです。

そのため今回は、寒い中を自転車で走り回るのに向いた、
冬用ウェアの選択について検討していきたいと思います。

 

まず、スポーツ自転車で走り回ると、汗をかいてしまいます。

街中などを低速で走るぶんには、大きな問題にはならないと思いますが、
高速で走り続けたりすると、すぐに汗びっしょりになってしまいます。

 

そのため通常のダウンコートなどは、自転車走行時のウェアとしては向きません。

汗を大量に吸ってしまい、びしょびしょになって不快になる上、
気化熱で体温を奪ってしまうからです。

 

そのため自転車走行時の冬用ウェアとしては、
薄くて暖かい」ものが向いています。

矛盾しているようですが、最近では、
自転車ウェアメーカーを中心に各社が、そのようなウェアを販売しています。

非常に寒い場合でも、分厚いウェアを着るくらいであれば、
薄いウェアを重ね着するほうがおすすめです。

ウェア同士のあいだに空気の層ができるため暖かくなり、
また汗びっしょりになるリスクも、分厚いウェアほどにはなりません。

加えて気温に応じて一枚ずつ着脱することで、体温の調節が容易となります。

 

次に、自転車で走るときには、ウィンドブレーカーとしての性能が重要です。

ウィンドブレーク性能は、自転車で走る前提でもなければ、あまり重視されないとは思いますが、
自転車は高速で走るときには、風を防ぐ能力が低いウェアだと、
冷たい風がどんどん中に入ってきてしまいます。

そのため、薄いながらも、風をしっかりと防ぐウェアであることが望まれます。

 

ちなみに、自転車で走る方には、ゴアテックスなどのレインウェアをお持ちの方も多いとは思いますが、
高性能なレインウェアはウィンドブレーク性能も高いことが多く、
ウィンドブレーカーがわりに使うこともできます。

 

以上のような条件を満たすものとして、
私は「パールイズミ」のジャケットを常用しています。

パールイズミのジャケット

こんな感じのものですね。

 

パールイズミのジャケットは、「対応温度」の表記が商品によって違い、
対応温度が「0℃」のものが、もっとも暖かい製品のカテゴリーになっています。

やや高価にはなってしまいますが、パールイズミのジャケットでは対応温度「0℃」の製品をおすすめします。

 

 

例えばこの「プレミアム ウィンドブレークジャケット」というシリーズですと、
対応できる温度がじゅうぶんに低いですので、おすすめです。

 

デザインについては、個々の好みとはなりますが・・・
自転車生活マニアとしては、自転車生活の中で浮かずに使える、落ち着いたデザインのものをおすすめしたいところです。

 

また最近では、同社のジャケットから「フリージー」シリーズという、
街中で浮かないようなデザインの製品群が出ていますので、
それも選択肢にはいるとは思われます。

 

また、自転車ウェアメーカー以外に、
登山メーカーにも、上記のような「薄くて暖かい」ウェアが多くラインナップされているため、
もし自転車専用品で気に入るものが無ければ、そちらを探してみる価値はあるのではないか、と思います。

 

今回は、自転車を乗り回すのに適した、
冬用ウェアの選び方をご紹介しました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ