自転車ナビ向けスマートウォッチは「物理ボタン式」に限る!【Garmin Fenix】


GARMIN Fenix 5xのボタン部分

スマートウォッチといえば、画面をタッチして操作する「タッチパネル式」が、主流です。

言わずと知れた「Apple Watch」は、言うまでもなくタッチパネル式ですし、
「Wear OS by Google」を搭載したスマートウォッチも、タッチパネル式です。

現代では、携帯電話・・・スマートフォンが、ほぼすべてタッチパネル式ですので、
その流れを汲んで、ウォッチもタッチパネル式になっているのでしょう。

 

しかし・・これまでに自転車ナビ用として、いろいろなスマートウォッチを使ってみたのですが・・・

 

ナビ用に限って言えば、「物理ボタン式」のほうが、実は、ずっと使いやすかったです。

 

物理ボタン式というのは、つまりは、昔の携帯電話のように、
ふつうのボタンをぽちぽち押すタイプ、ということですね。

具体的な機種としては、「Garmin Fenix」シリーズ、などがポピュラーです。

 

この、Garmin Fenixシリーズで言えば、ボタンは本体のまわりに5つあり、
これらをポチポチと押すことで、ナビのスタート・地点の指定・マップの表示や移動・・・といった機能を操作します。

液晶面はタッチパネルでは無く、タッチしても何も起きません。

 

 

この、物理ボタン仕様・・・
直感的な操作のしにくさなど、タッチパネルに劣る部分も多いのですが・・・

 

実は、ロードバイクでのツーリングや、自転車旅・・という用途では、
タッチパネルよりずっと使いやすい、適したものなのです。

 

物理ボタン式スマートウォッチは、タッチパネル式に比べて、
決定的に勝る点が、3つほど、あったりします。

 

雨に強い

ひとつめに、物理ボタン式は、雨に強いです。

防水性が高いという意味ではなく、
雨に濡れたままでも、問題なく操作ができる、という意味です。

 

タッチパネル式のデバイスは、濡れていると、まともに操作できなくなります。

これについては、最近は防水スマートフォンも増えてきていますし、
水滴がついた状態のスマホを触ったことがある方なら、感覚的にわかるところだと思います。

水滴がつきまくったタッチパネルを指で操作しても、あらぬところをタップしたことになったり、
タップに反応しなかったり・・と、誤操作だらけになりますよね。

 

これは、スマートウォッチも同じで、
たとえばApple Watchが、雨の中、濡れてしまうと、
画面をタッチしても、まともに操作できなくなってしまうのです。。

 

しかし、物理ボタン式だと、まったく問題ありません。

濡れていようが乾いていようが、たとえ泥でべちゃべちゃに汚れていようが、
カチ、カチと、確実に動作してくれます。

 

実際使って比べてみると、これはけっこう、ものすごいメリットです。

日本は雨が多く、やむを得ず雨の中を自転車で走ることは、けっこう多いと思うのですが・・・
アップルウォッチをナビに使っていると、雨の降る中に居るときは、ほとんど操作ができなくなってしまい、
場合によっては誤作動さえしかねません。

しかしGarmin Fenixなど物理ボタン式ウォッチなら、
雨の中でもまったく問題なく、目的地を指定したり、マップの好きな場所を見たりできます。

 

スマートウォッチに限らず、アウトドア系デバイスはこういう理由で、
あえて物理ボタンを採用している製品が、多かったりもします。

濡れようが汚れようが、確実に操作できる・・というのは、
普段の生活の中ではさほど重要でもないでしょうが、
ロングライドなどの状況では、すごく、重要なことなのです。

 

グローブをつけていても操作性が変わらない

ロードバイクなど自転車で、長距離を走ったりするのであれば、
グローブをつけることは多いと思います。

特に、真冬など寒い時期を、素手で乗り切れる方は少ないと思います。
たいてい、指先まで覆う、分厚いグローブを使うでしょう。

 

そして・・アップルウォッチなどの、タッチパネル式スマートウォッチは、
基本的に、グローブをつけている最中は操作ができなくなってしまいます。

スマートフォンが操作できなくなるのと、同じですね。

操作したいときは基本的に、毎回、グローブを外さざるを得なくなってしまうのです。。

 

最近は、スマートフォン対応グローブといったものもあり、
これの機能で、スマートウォッチの操作もできるのですが・・・

自分もいくつか持っているのですが、
細かい操作などは難しく、かなり、使いにくいです。

ましてや、画面がスマホよりはるかに小さいスマートウォッチでは、
さらに、ものすごく操作しにくいです。。

 

しかし、物理ボタン式であればグローブをしていても、ほぼ、関係ありません

機種にもよりますが・・基本的に、素手のときとほぼ変わらない操作感で、
快適に操作することができます。

 

私は冷え性なので、寒い日はグローブが必須なのですが、
グローブをつけた状態だと、物理ボタン式ウォッチのほうがはるかに快適なので、
ロングライド用ウォッチとしては、物理ボタン式だけを採用しています。

 

見ずに操作できる

普通、タッチパネル式スマートウォッチは、「見ながら」しか操作できません。

画面に表示されたボタンなどを見て、そこに指を伸ばして、押す・・というプロセスが、どうしても必要です。

タッチパネルなんて、見なければたんなるツルツル面ですので、
それをノールックで操作する・・というのは、ほぼ、無理でしょう。

 

しかし物理ボタン式のスマートウォッチは、
まったく見なくても、ある程度の操作ができてしまいます

もちろん、慣れれば、にはなりますが・・・

たとえば、マップの表示にはこのボタンを1回押して、このボタンを2回押す・・
現在地の登録には、このボタンを何回押せばいい・・

みたいな感じで、必要な操作を覚えてしまえば、
ウォッチをまったく見なくても、機能の呼び出しくらいなら普通にできてしまうのです。

これは完全に、指先の感覚だけで押すべき場所がわかる、
物理ボタン式ならではの強みですね。

 

マップの起動とか、近くのコンビニを探すとかするときに、
画面を見ずに、まわりを見渡しながらさくっと操作できる・・・

実際、ロードバイクでのライド中など、
アウトドアな状況の中で使っていただくと、わかると思いますが・・

これがなかなかに、便利なのです。

 

アップルウォッチなどのタッチパネル式も、「アクセシビリティ」などといった視覚障害者向け機能がありますので、
うまく使えば、見ずに操作も可能かもしれませんが・・

たとえ使えたとしても、やっぱり「使いやすさ」では、
物理ボタン式に遅れをとってしまうでしょう。

 

 

・・・と、ふつうの生活の中では、タッチパネル式ウォッチでもまったく問題ないのですが・・・

雨に濡れたり、汚れたり、グローブを装備したりで活動することが多い自転車では、
「物理ボタン式」ウォッチを使うようにしてみると、
タッチパネル式より快適なナビやマップ表示ができるようになるかもしれません。

 

GARMINの地図機能つきスマートウォッチ



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ