もう地雷はイヤ!自転車旅行で、安くて快適な宿泊先を見つける方法


ホテルのベッド

この記事では、自転車旅で、泊まるホテルを探すときに、
不潔、不便、雰囲気が悪い、といった地雷ホテルを回避しつつ、
できるだけ安く、できるだけ条件が良いホテルを探し出す方法をお伝えしていきます。

 

まず、そもそもどんなホテルを選ぶのか、についてなのですが、

もちろん、どの程度の清潔さや広さが許容範囲なのか、
他人と一緒に寝泊まりしても大丈夫か、などの条件は人によって違ってくるところではあると思いますが、

私としては「1泊5000-7000円程度のビジネスホテル」が、自転車旅にもっとも向くと思います。

 

広く清潔なベッドでゆっくり疲れを取ることができる、洗濯ができる、自転車を折りたたんで・分解して、部屋に持ち込んで盗難対策ができる、といった、
自転車旅に有利な条件が揃うのが、この価格帯からだからです。

この価格帯以下のビジネスホテルは、私が旅で経験してきた限りだと、
ベッドや水回りが不潔であったり、スタッフの対応が悪かったり、など「安かろう悪かろう」になってしまうことが多いと思います。

 

また、東京都内のような中心街だと、ビジネスホテル以外にも、カプセルホテル、ドミトリーといった選択肢が出てくるのですが、
価格はビジネスホテルとさほど変わらないのに、個人的なスペースを確保するのも難しくなり、
疲れを取ることや、荷物のセキュリティなどでのデメリットが大きいため、個人的にはNGだと思います。

もちろん、宿ではあえて知らない方と積極的にコミュニケーションをとっていく、といった楽しみ方をされる方あれば、その限りではないと思います。

 

逆に、1泊1万円を超える宿は、自転車旅の宿泊地点としては、コストパフォーマンスが悪くなってくると思います。
「綺麗な内装」や「とても広い部屋」は、単に旅の宿泊地点としてみた場合、追加コストを払ってまで手に入れるものでもないと思いますので。

 

 

具体的にどのホテルを選ぶかなのですが、私としては、上記価格帯のホテルの中でも、
「東横イン」「リブマックス」「アパホテル」あたりの大手フランチャイズのホテルから検討するのが良い、と思います。

 

上記したようなホテルは、1泊5000円-7000円程度で泊まれることが多いのですが、
私が経験した限りでは、記事執筆時点ではこれらのホテルの、部屋など施設のクオリティは、価格に対してとても優れていると思います。

ベッドや水回りは清潔ですし、部屋も広く、確実に洗濯でき、またスタッフの対応も良いと思います。
しかも、それが日本全国どこでもほとんど変わらず提供されています。

 

現代で、個人経営などの5000円/日くらいのホテルが、東横インのクオリティを越えるのはまず不可能だと個人的には考えます。

先日私も、7000円くらいの価格で、3畳程度のとても狭いスペースで部屋にバス・トイレなし、その狭いスペースに自分で布団を敷いて寝る、という、
きわめてコストパフォーマンスの悪いホテルに当たってしまったのですが、
大手フランチャイズであれば品質が安定しているので、上記したような地雷にあたってしまう可能性も、大幅に低くなります。

 

なお、東横インは予約のしかたによって宿泊代が大幅に変わり、
楽天トラベルなど予約サイトから予約するよりも、会員になって東横インの自社ホームページから予約するほうが、圧倒的に有利な条件で予約することができます。

2018年現在、会員になって東横インホームページから予約すると、平日と土曜日は通常の5パーセント、日曜と祝日には通常の20パーセントも安くなります。
かつ、10回泊まるごとにシングルの宿泊が1回無料になるため、実質的には15-30パーセント程度のオフとみていいと思います。
楽天トラベルなどの予約サイトからの予約では、これらの特典はいっさい受けられません。

その他のホテルフランチャイズでも、東横インほどではないですが会員登録・自社サイトからの予約でメリットがあることが多いため、
しっかりと調べた上で活用されることをおすすめします。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ