旅先で写真を撮りまくるなら、自転車と組み合わせると捗ります


KONICAのカメラ

旅先などで、きれいな風景や、珍しい建物、おいしそうな食事などを見つけて、
写真に残していくのは、なかなかに楽しいものです。

 

自分だけが眺めるアルバムを作る、SNSにアップする・・・など、
目的は人それぞれだと思いますが、
旅先などで、風景や観光スポットといったものの写真撮影を趣味にしている方は多いと思います。

 

私も自転車だけでなく、写真を撮ってまわることも趣味にしているのですが・・

写真を撮ってまわるときに、自転車はとても便利な移動ツールとなってくれます。

 

たとえば自動車を使うと、写真を撮るためにちょっと止まる、というのはとても難しいです。

電車を使うと、車窓以外からの写真を撮ることはできません。

また、徒歩で移動しようとすると、距離にもよりますが、時間がかかりすぎてしまうと思います。

 

対して自転車であれば、徒歩の数倍の速度で走り回りながら、
歩道があれば好きな場所でどこででも止まって、その場で写真を撮ることができます。

 

自転車に乗ったままだと入りにくいような場所でも、
自転車から降りれば扱いは歩行者に変わるため、基本的には、自由に入ることができるようになります。

 

なおかつ、自転車で走り回りながら撮った写真は、
徒歩や自動車だけでは撮りにくいような場所・アングルの写真となることが多いため、
同じ観光地で写真を撮り集めたとしても、他の人たちとは違った個性ある写真が揃うことが多いです。

海沿いのクロスバイク

大橋の上のブロンプトン

写真を撮るツールは、一眼レフ、デジカメ、スマートフォンなどいろいろありますが、
自転車の機動性を活かすことを考えるともっとも相性が良いのは、
素早く起動ができるスマートフォンでしょう。

止まってさっと取り出し、パシャっと撮ってまた走り・・を1時間も繰り返すと、かなりの場所でかなりの数の写真が撮れるため、
後で抜粋すれば、質のよい写真がたくさん手に入ると思います。
(逆に、一眼レフなどできっちり狙った一枚を撮りたい場合は、移動が遅くはなるものの、徒歩の方が向くと思います)

 

例えば、京都に自転車を持ち込んだとするなら、
金閣寺、銀閣寺、清水寺、京都御苑、、八坂神社、などの有名スポットや、
それ以外にも多くの見どころのあるスポットが、数キロ圏内に集まっています。

そのためどれかひとつに到着したら観光しながら写真を撮り、終わったら地図を見ながら一番近いスポットまで走り、
そこで観光しながら写真を撮り・・という動きを繰り返す形になります。

 

自転車趣味は、写真趣味との相性がとても良く、
うまく併用すれば、効率よく良い写真を撮り集めることができると思います。

自転車だけが趣味であった方も、写真だけが趣味であった方も、これらを組み合わせてみると新たな発見があるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ