自転車の快適な走行ルートは、電車の「線路に沿って」組むと実現できる!


草原と線路

自転車で、走るルートを計画するときは、
線路沿いを狙ってルートを引くと、走りやすいルートをさくっと引けることが多いです。

 

自転車で走るときは、ルートラボなどのツールであらかじめルートを組み、
スマートフォンなどで見ながら走ると、迷わずに進むことができます。

しかし・・・走る距離が長くなればなるほど、
どのようにルートを組めばよいのか、わからなくなってくると思います。

 

とはいえ、てきとうにルートを作ってしまうと・・・

自転車にとって走りにくい道が多くなってしまったり、
人がほとんど居ないような辺境に、行きたくもないのに迷い込んでしまったりする可能性があります。

 

そのため私としては、電車の線路に沿うように、ルートを組んでいくのがおすすめです。

 

線路沿いにルートを組むと、なにがいいのか?

まず、自転車が故障し走れなくなるなどの、
トラブルのとき、輪行でエスケープできるようになります。

 

線路沿いにルートを組んでいれば・・・

そのルート上のどこで、自転車が壊れたとしても、
ずっと、線路のすぐそばにいるわけですので、
わりとすぐに、駅までたどりつくことができます。

最長でもひと駅ぶん、徒歩で自転車を押して行けば、駅に着けるわけです。

そしてそこから輪行すれば、エスケープ成功!です。

 

もし、線路から大きく離れた方面にルートを組むと・・・

パンクして、修理に失敗してしまった。。など、自走不可になるようなトラブルが起きた場合に、
たまたま、駅からすごく遠い場所に居たりするかもしれません。

その場合・・・エスケープポイントにたどり着くまでに、
何十kmも、自転車を押して歩く羽目になるかもしれません。

もし真夜中だったり、しかも、どんな動物がでるかわからないド田舎だったりすると・・・
ぞっとするのではないか、と思います。

私は、そういう状況になってしまって、後悔したことがあるわけですが・・笑。

 

 

そして、線路沿いにルートを組むことで、辺境に迷い込むリスクが減ります

 

よく知らない土地で、よく分からないままにルートを組んで走ると、
いつの間にか山中などの辺境に迷い込んでしまう・・・というリスクがあります。

てきとうに走ったとしても、自転車は道沿いを走るので、
さすがに遭難までしてしまうリスクは低いと思いますが・・

 

人がほとんど居ないような辺境は、道が広くて走りやすい!と思われるかもしれませんが、
その実、道が空いているゆえにやたら車が速かったり、未舗装路が多かったりして、
走りやすいものではないです。

ですので、快適に移動したい場合には、あまり通過しないほうがいいと思います。

 

対して・・・線路沿いには、しっかりとした道が多いです。

住居や店といったものも、多い傾向がありますし、
道もしっかりと舗装された、いわゆる「まともな」道が多いです。

そのため線路沿いにルートを組むほうが、
快適な移動をしやすいと思います。

 

 

さらに・・・線路沿いの道は平坦であることが多いです。

 

そもそも、電車は坂に弱い乗り物です。

とんでもなく重いうえに、自転車や自動車のような「ギア」が無いので、
上り坂には圧倒的に向かないのですね。

 

そして「線路」は、その電車を走らせるために平坦な場所に敷かれることが多いため、
それに沿った道もたいてい、平坦です。

そのため、線路沿いの道を選んでおけば、自動的に坂を避けることができます。

アップダウンに苦しめられることなく、移動できるようになるのです。

 

もちろん、「峠越えを楽しむ」ことが目的であれば、
坂があっても何の問題もないとは思いますが・・・

速く快適に移動したいのであれば、坂をできるだけ避けるために線路沿いを進むのは、おすすめです。

 

実際に地図を見ながら、ルートを組んでいくときには、
Google Mapのルート作成機能を活用するのがおすすめです。

Google Mapは、組んだルートを、スマートフォンやGARMINデバイスで使えるデータとして書き出せますし、
ストリートビューを見ながらのルート作成もできますので、個人的にはこの方法がイチオシです。

 

 

線路沿いの道を探すことで、
よく知らない土地でも、坂の少ない快適なルートを組みやすくなります。

快適なルートがなかなか組めない。。組んだルートがいつのまにか激坂ばっかりになる。。という場合は、
試してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ