クルマのトランクに折りたたみ自転車を積む、「自動車輪行」で行動範囲を広げる


自動車の車内

自動車に、自転車を積む、「自動車輪行」を使うと、
自転車だけではなかなか行けないような場所にも、簡単に行き、
なかなか走れないような場所を走ることができるようになります。

自転車で走ることができるのは、基本的に、家の周りになるとは思いますが、
それだけだとやはり、いつも同じような道を走ることになりますので、飽きがくるのではないかと思います。

もし都会に住まれていた場合、自動車輪行を使うと、
走りにくい都会をすばやく脱出して、郊外の、走りやすくて安全な場所だけ、
つまりおいしい場所だけを選んで、走ることができます。

 

どんな自転車を積んで出かけるか、なのですが、
ロードバイクやママチャリなど、フルサイズの自転車を積むのは、
可能ですがかなりやりにくいです。

積むことができたとしても後部座席を潰してしまうと思うため、
常備する、というのは難しいのはないでしょうか。

 

しかし折りたたみ自転車、特にブロンプトンのように小さくなるものであれば、
たいていの乗用車のトランクに収まるため、容易に常備することができます。

トランクに積み込まれたブロンプトン

自家用車に折りたたみ自転車を常備しておくと、
自動車で出かけた先で、自転車で走ると爽快だろうな、という走りやすそうな道を見つけたら、
近くの駐車場に駐車して自転車を組み立て、いつでも走ることができるようになります。

自転車にとって安全で快適な道が、やや遠くにあり、自転車だけではそこまで行きにくいような場合でも、
自動車によって容易にそこまで行くことができ、
自転車にとって走りやすい「おいしい道」だけを、選んで走ることができます。

また、混雑した街中に場所に行くときは、
混雑した領域よりやや外に自動車を停め、
そこから先は自転車で行動する、という選択もできるようになります。

なおかつ、ブロンプトンのような小さくなる折りたたみ自転車であれば、
大きなスペースはとらないため、自転車以外の荷物もじゅうぶんに積むことができ、
自転車を載せていたから他の荷物が積めなかった、ということはあまり起こらないのではないか、と思います。

 

自転車を自家用車に常備するときは、ヘルメットや最低限の工具など、
自転車で使うアイテムをいっしょに載せておくと便利です。

また、たとえば「GIYO GF-55P」のような、英式米式両方のバルブに対応する空気入れを積んでおけば、
自転車と自動車の両方に空気を入れることができます。
(自動車のホイールの形などによっては、空気入れのヘッドがはまらず使えないかもしれません。それらはご自身にて確認をお願いします)

 

折りたたみ自転車を、自家用車のトランクに常備しておくと、
自動車での行動時、いつでも自転車を使うことができるようになりとても便利です。
もし折りたたみ自転車をお持ちの場合、試されてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ