当サイトのおすすめアイテム
整備ミス防止の必須ツール

ボトムブラケット(BB)を締められるトルクレンチは、これ!


ボトムブラケットを締めるトルクレンチ

ボトムブラケット(BB)を締められる、トルクレンチって無い?

 

・・ボトムブラケットはもちろん、自転車における超重要パーツです。

そして、「締めるべき強さ」が決まっているパーツでもあります。

 

強すぎるパワーでおもいっきり締めすぎると、固着して外れなくなったりしますし・・・

逆に弱すぎる場合は漕いでいるうちにゆるんできて、トラブルにもなりかねないです。

なのでここは「規定トルク」という、このくらいの強さで締めるべき!という数字が決まっていたりします。

 

そしてトルクレンチが無いともちろん、規定トルクで締めることはできません。

私自身は以前に、手でちょうどいいトルクで締めようとする・・いわゆる「手ルクレンチ」を試したのですが・・・

ちょうどいい強さで締めた!と思っても実際は、規定トルクの半分も出ていなかった・・なんてこともよくあります。

 

私自身は「スプロケットに対応したトルクレンチ」を入手し、以後ずっと、スプロケットを締めるときにはそのトルクレンチを使っています。

なのでこの記事では、スプロケットをちゃんと締められるトルクレンチを紹介していきます。

スプロケットにも対応するトルクレンチは、これ!

まず、早速の紹介になりますが・・・

 

 

この「SK11 SDT3-060」という、デジタルタイプのトルクレンチです。

 

トルクレンチにもいろいろな種類がありますが・・・

高価なトルクレンチであっても、「普通のボルト」以外に対応しているものは意外と、少ないです。

そんな中、このトルクレンチは特殊なパーツを追加することで、ボトムブラケットの締め付けにもちゃんと対応してくれます。

 

特殊なパーツというのは・・・

 

 

ホローテック2用のBBツール

 

シマノの一般的なボトムブラケットの「ホローテック2」の場合は、この2アイテムです。

 

この2つを組み合わせると・・・

24mmソケットとBBツールを組み合わせ

こうなって、この状態で・・・

トルクレンチにBBツール装着

こんなふうに、トルクレンチに装着できます。

 

この状態で、ボトムブラケットにがっちりとはまりますので、あとは規定トルクで締めるだけです。

トルクはパーツによって違ってきますが、50.0 N・mくらいの強いトルクが指定されていることが多いですので、
体重を掛けてがっつりと締めることになると思います。

 

 

ホローテック2だけでなく、ちょっと昔の「カードリッジ式ボトムブラケット」にも対応できます。

その場合だと、ホローテック2用BBツールのかわりに・・・

 

カードリッジ式BBに使えるBBツール

 

このカードリッジ式BBタイプのアダプターを使えば、いけます。

これをホローテック2の場合と同じように、装着するだけです。

 

そしてこのトルクレンチは、ボトムブラケット以外にも「スプロケット」「ペダル」といった他の特殊パーツの締め付けにも、しっかり対応しています。

私も長年使っていますが、自転車で締め付けに対応できない部分はおそらく無いのでは・・と思うほどの、汎用性ですね。

 

 

トルクレンチで整備をする!と言いながらも、普通の六角レンチ部分だけをトルクレンチで締めて、
ボトムブラケットといった部分のトルクはノーマーク・・ということはけっこう、多いです。

私自身、しばらくの間、そうでした。。

 

しかし当然ボトムブラケットも、オーバートルクや締め付け不足によるトラブルが、起きるところです。

なのでもしトルクレンチを持っていない、もしくは持っているけどボトムブラケットには対応できていない・・という場合には、
「ボトムブラケットに対応するトルクレンチセット」を入手しておいてもいいのではないか、と思います。

 





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ