自転車タイヤサイズの見方を解説!もうごちゃごちゃしない!

自転車タイヤ

自転車の、タイヤサイズの見方を知りたい!

 

このタイヤ、ちゃんとはまるの?

チューブは、どのサイズを選べばいいの?

そういったことを判断するとき「タイヤサイズ」は、重要です。

 

しかしタイヤサイズは、規格がごちゃごちゃと乱立していて・・

どこを見ればいいの?とか、わけがわからなくなりがちです。

 

なのでこの記事では、どうタイヤサイズを見れば混乱しないの?

こういう見方をすれば、ちゃんと把握できる!

そういった「タイヤサイズの見方のコツ」を解説していきます。

「C」「インチ」「ETRTO」の3種類

タイヤサイズには、いろいろな表記がありますが・・

ざっくりまとめると、

  • 「700 x 23C」などの「C」表記
  • 「20 x 1.5」などの「インチ」表記
  • 「23 - 622」などの「ETRTO」表記

この3種類です。
(正確には少し違うのですが、わかりやすさ重視でざっくりまとめました)

 

そして3つすべての表記が、実際に日本で使われています。

さらには、2種類の表記が並べて書いてあったりして・・

特に自転車趣味を始めたばかりだと、どこをどう見ればいいねん!?となりがちなのです。。

 

どれかひとつに統一してくれればいいのですが・・

そうはいかない事情があるんでしょうね。笑

 

なので以下、それぞれの表記について「どう見ればいいの?」を解説していきます。

700Cの「C」とは?

「700 x 23C」といった「C」表記は、かなりポピュラーです。

 

たとえば現代のロードバイクだと、ほとんどが「700C」という直径サイズで・・

そこに太さをあわせて「700 x 23C」とか「700 x 28C」とかになっています。

 

たとえば700 x 28Cだと・・

タイヤサイドの表示

こんな感じで、タイヤサイドに表示されていたりします。

 

この「C」となっている表記は、正しくは「フランス系」表記といって・・

本来はC以外にも「A」「B」「D」もあります。

たとえば「650A」「650B」あたりは日本でも、ちょっとマニアックな自転車で見ることがありますね。

 

私は以前、この「C」が「mm」みたいな意味だ、と思っていたのですが・・

どうやら、それは違ったようでした。笑

 

そしてAからDまでのタイプは、それぞれまったく互換性が無いです。

たとえば「650A」と「650B」だと、タイヤの幅も直径もまったく違います。

 

ここは、かなり複雑にはなるのですが・・

とはいえこのタイプの表記は、日本ではそのほとんどが「700C」です。

 

なので・・

「700C」という主流のサイズがあって、他にもなんか特殊なサイズがあるんだなぁ

フランス系表記については、そんな感じの把握でいいのでは・・と思います。

 

 

それでは・・いちばんポピュラーな「700C」って、具体的にどんなサイズ?

ビード直径が「622mm」

というサイズです。

 

ビードとは・・

ビード

このタイヤの内側の、ホイールにガチッとはまりこむ部分のことですね。

 

そしてこの622mmというサイズは、完全に固定です。

「ETRTO(エトルト)」という基準にあてはめると、確認できるのですが・・

700Cと言われたら、ビード直径622mmという意味!です。

 

700Cなのに「700mm」じゃないの?と思われるかもしれません。

確かにここの700は、700mmという意味なのですが・・

「Cサイズ」というタイヤを装着した状態で、「タイヤ外径」が700mm、という意味のようですね。

 

そしてCサイズタイヤを装着した状態で、タイヤ外径が700mmになっているとき・・

その内側にある「ビード径」が622mmになっている、ということです。

 

ちなみに「Cサイズ」というのは独自規格のようで、ここを気にしだすとさらにごちゃごちゃになります。。

なのでここ自体は、あまり気にしなくてもいいのでは・・と思いました。笑

 

 

700Cの「700」は、直径のことなのですが・・

700Cは必ず「幅」とセットで表記されます。

「700 x 23C」「700 x 28C」と、そんな感じですね。

 

そしてこっちの「23」「28」といった数字は、シンプルに「タイヤの幅」を表します。

タイヤの幅

23Cだと、このタイヤの幅が23mm・・

28Cだと28mm、という意味です。
(タイヤによる個体差などで、「実測」すると少し違ってきたりはしますが)

 

ちなみに幅には、タイヤ幅の他にも「リム幅」がありますが・・

タイヤに表記してある数字は、タイヤ幅のほうですのでご注意ください。

 

なので例えば「700 x 28C」という表記があったら・・

ビード直径622mm、タイヤ幅28mmのタイヤなんだ!

ということになります。

 

と、700 x 23Cとかで「C」と書いてあったときの見方は、こんな感じです。

「インチ」表記もよくある

700Cとかで「C」と書いてあることは、ロードバイクでは多いのですが・・

自転車タイヤでは20インチ、みたいに「インチ」で表記されることも多いです

 

1インチは、イコール「25.4mm」と国際的に決まっていますので・・

ここは、迷いようがないところです。

 

そしてインチ表記では「20 x 1.50」のような書き方をされ・・

左側の数字が「直径」、右側が「太さ」です。

ここは「700 x 23C」とかの場合と同じですね。

 

そして700Cとかの時と同じく、左側の直径は「タイヤの直径」ですので・・

いちばん大事な「ビードの直径」は、表記された数字とは違ってきます。

 

具体的には、たとえば20インチは換算すると「508mm」なわけですが・・

これはタイヤ外径の話で、この場合の「ビード径」は通常「406mm」となっています。

ここもタイヤ外径よりビードのほうが小さい、という話で・・

値そのものは「ETRTO(エトルト)」という基準を見ればわかりますね。

 

自転車のタイヤは「ビード直径」が違うと、絶対に装着できません。

なのでインチ数からビード直径を確認し、あとは太さが合うか?など考えていけばいいです。

 

なのですが・・

インチ数による表記にはここでひとつ、罠があります。

「WO規格」と「HE規格」で違ってくる、ということですね。

WOとHEの違い

「モノタロウ」該当ページより引用

インチ表記にはこんなふうに、WO・HEのふたつの規格があります。

そして・・

  • WO:太さの表記が「分数」
  • HE:太さの表記が「小数」

という決まりがあります。

「20 x 1 - 1/8」だとWO、「20 x 1.25」だとHE、といった感じです。

 

そしてこのWO・HEが違うと、まったく互換性が無くなってしまいます。

「20 x 1 - 1/2」と「20 x 1.5」だと、数字的には同じように思えますが・・

実際にはサイズがぜんぜん違い、タイヤははまらない・・という感じですね。

 

なので例えば、自分の自転車は20インチだ!と思っていたとしても・・

自分の自転車はHEで、買ったタイヤがWOだったので、はまらない!

という、もうワケがわからなくなるようなことが起きるんですね。。笑

 

ちなみにWO・HEのうち、わかりやすいのは「HE」のほうです。

HEだと、たとえば20インチだとビード径は「406mm」・・みたいに、基本的に固定されています。

インチ数は同じで、太さだけ違うタイヤを使ってみる!みたいなこともできます。

 

しかしWOだと・・同じ20インチなのに、ビード直径が違ってくるという、地獄みたいなことになっています。笑

たとえば「20 x 1 - 1/8」と「20 x 1 - 3/8」だと、同じ20インチのはずなのに、直径が違ってくるんですね。。
(ここも「ETRTO」から確認すればわかります)

なのでWO規格の場合、ちょっと太いタイヤを試してみる・・みたいなことさえ、まともにできない場合があるのです。。

 

と、タイヤのインチ数表記の見方は、こんな感じです。

まあ正直かなり、わけわからなくなりますよね。。

私自身、ちゃんと理解できている自身はないです・・笑

 

しかし、3つめのタイヤサイズ表記「ETRTO」を使えば・・

実はこのあたりの複雑さは、すっきり解消したりします。

「ETRTO」を軸にすれば、すっきりする

ここまでに700Cとかの「C」や、「インチ」による表記を解説してきましたが・・

第3の表記「ETRTO(エトルト)」という表記のしかたもあります。

 

そして、正直・・

ETRTOが一番わかりやすく、実用性も高い

表記方法です。

 

ETRTOは例えば、タイヤサイドだと・・

タイヤサイドのETRTO

こんな感じで表示されています。

この例の場合だと「28 - 622」です。

 

そしてこれは「タイヤ幅 - ビード径」という意味です。

上のタイヤだと、タイヤ幅が28mmで、ビード直径が622mm・・ということですね。

 

ここで大事なのは、基準が「ビード直径」だということです。

700Cとか、20インチとかはここが「タイヤ直径」だったのですが・・

 

実際に、タイヤがはまるのか?とかを検討するとき、必要なのはビード直径のほうです。

なのでそのビード直径を確実に表記してくれているのは、すごくありがたいのです。

 

そして・・ETRTO表記は、シンプルです。

AとかBとかCとか、WOとかHEとか・・そんな分かりにくい要素はありません。

「タイヤ幅 - ビード径」・・この表記が全てで、なのですごくわかりやすいです。

 

そしてETRTOは、「C」や「インチ」といった基準から「換算」ができます。

たとえば700 x 23Cだと、ETRTO換算で「23 -622」・・

たとえば16 x 1.75インチだと「47 - 305」になり・・

さらには「26 x 1-3/8 x 1-1/2 NL」なんていう地獄みたいな表記でも、
ETRTO換算すれば「40-571」と、すっきりまとまります。

 

ETRTOについて、

ETRTOとは、自転車ホイールのサイズを「ひと目で、さくっと判断する」ための基準です。詳しく解説していきます。

上の記事でも詳しく解説しているのですが・・

ここで「換算表」についても解説していて、そういったところから簡単に換算できます。

 

そして換算してしまえば、シンプルな直径・太さだけの形になりますので・・

このタイヤは使えるのか?使えないのか?

このタイヤとこのタイヤだと、どっちが太いのか?

そういったところが迷いどころなく、スムーズに判断できるようになります。

 

と、ETRTOはとてつもなく使いやすい基準ですので・・

タイヤサイズを見るときは正直、ETRTOだけ見ていればそれでいいと思います。

 

私自身、このインチ数とこのインチ数は合うのか?・・とか、もうそんな目では見ていません。

ETRTO表記があれば、ETRTOだけを優先的に見ていますし・・

インチ表記もインチのまま判断はせず、必ず一度ETRTO換算しています。

 

・・正直、早くすべてをETRTOに統一してほしい、とまで思ってしまいます・・笑

 

今回は自転車タイヤサイズの見方について、それぞれの基準をもとに解説してみました。

関連記事
23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。
ロードバイクでの通勤に使うタイヤには、どんなタイプのものが向く?探し方や、具体的な製品は?などを解説しています。
自転車用タイヤ・チューブに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ