SK11のトルクレンチ、精度は問題ない?


SK11トルクレンチ

トルクレンチは、精度が命です。

まあ・・メイン機能ですので、それはそうですよね。

 

そしてSK11のトルクレンチの、精度はどう?

というのは、このトルクレンチを買おうかな?と迷っている場合、気になるところだと思います。

 

トルクレンチは精度が低いものも意外と多く、精度をしっかり確認しておくのは意外と重要なのです。

 

私自身はSK11のトルクレンチを購入し、もう5年ほど愛用しています。

 

自転車整備に最適なトルクレンチ

 

この記事では、SK11トルクレンチの精度は大丈夫?

使ううちに、狂っていったりしない?

そんなところを解説していきます。

「購入時」の精度は、問題ない

SK11のトルクレンチは「買った時点」での精度は、問題ありません。

というのは、購入時にちゃんと校正されていて、
「検査成績表」もちゃんとついてくるからです。

 

SK11の検査成績表

スエカゲツール SK11 SDT3-060 検査成績表を引用

 

こんな感じのものですね。

 

下のほうに測定の「誤差」が書いてありますが・・・

例えば時計回りに、36.0 N・mの力で締めた場合・・誤差は「-0.14 %」とかなり小さいです。

 

他のところを見ても、誤差は0.1%台とか、大きくても1.0%を越えないとか・・そんな感じですね。

少なくとも、誤差が大きすぎて使い物にならない!・・とか、そんなことは無い範囲だと思います。

 

ので、SK11のトルクレンチは購入時の精度は、問題ない!と思います。

「使っていくうちに狂う」ことも、なかった

そして・・この高い精度も、何年も使い、いくつものボルトを締めると狂っていくのでは?

と、思われるかもしれません。

 

しかし・・私自身が実際に5年ほど使ってみた限りだと、大きく狂っていくことはなかったです。

 

トルクレンチの正確さを保つには、数年に一度は「校正」に出すべきなのですが・・・

私自身はちょっと、それはやっていないです。

おそらく費用・手間ともに大きくなるでしょうし、それだったら新しいレンチを買うほうがいい・・とかなりそうですので・・

 

しかしトルクレンチの精度は、もうちょっと原始的な手段でも調べられます。

例えば他の、精度が高いトルクレンチで締めたボルトを、トルクを計測しながら緩めてみたり・・・とかですね。

 

そういったいろいろな手段で計測する限りでは、少なくとも私の持つSK11トルクレンチは、
正しいトルクから何割も変わってしまう・・とか、そういうことは無いと思われました。

そもそも「軸力」のほうが重要

あとは・・そもそも「トルク」自体に、そこまでの精度は必要ない

という事情もあります。

 

ネジを締めるとき・・本当に調整しないといけないのは「軸力」のほうです。

軸力というのは、「ネジが物体に締め込まれる力そのもの」のことですね。

パーツ同士を締結するときに本当に重要になるのは、この力のほうです。

 

トルクはあくまで「レンチを動かす力」のほうですので、トルクと軸力はイコールではないのです。

 

そしてそもそも、トルクは軸力に対して、1-2割ズレることも多いとのことです。

なのでトルクを厳重に管理して、0.1%もズレないように!!・・とかしていたとしても、
軸力のほうを見てみると、1割とかのバラツキが出ている・・なんてことも、よくあることのようなのです。

 

例えば、締め込む対象の素材とか、ボルトの素材とかが変わると、トルクは同じでも軸力は違ってしまいますし・・・

もしくは締め込む部分のグリスの有無とか、グリスの量とかによっても、軸力は変わってしまうようです。

 

というわけで、もちろん、トルクレンチに精度は重要なのですが・・・

0.1%単位で、わずかでも狂ったらダメ!・・という考えはちょっと追い込みすぎで、
トルク自体が、もうちょっと寛容に見てもいい・・という性質のものだと思います。

 

自転車整備はそこまで、めちゃくちゃシビアな精度が必要なわけではなくて、
あくまで必要な力の半分とか、2倍とかの力で締めたときがまずい・・とか、そんな感じだと思います。

ちなみに航空機整備とかの世界だと、トルクではなく直接「軸力」のほうを計測して、
そっちをパーセント単位のシビアな精度で追い込んでいく・・という場合もあるようですね。

 

今回はSK11トルクレンチの精度についてお話してみました。

 

関連記事
「トルク幅」「計測の狂いにくさ」「さまざまなパーツへの対応」などに優れた優秀トルクレンチ、SK11 SDT3-060を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ