作りがしっかりしたフラットペダル

自転車の「衝撃吸収」に優れたパーツを紹介!


揺れまくる男性

歩道の段差を、越えるたびに・・・

あー・・この自転車、衝撃キツすぎ!!

 

結構、あることだと思います。

日本の歩道は段差がたくさんありますので、たくさん越えなければいけないですし・・・

越えるたびにガン!ガン!と衝撃があると、膝とか腰とか腕とか・・いろんなところにダメージがたまりますし、
あまりにひどいと、イライラもしてしまいます・・

 

しかし・・衝撃は、「パーツ」「装備」をしっかり選んでいけばかなり、ましにできるところです。

私自身、自転車には軽さより「快適さ」を追求するタイプで、パーツはいろいろ試行錯誤してみたのですが・・・

自転車に最初からついていたパーツと比べると衝撃をかなり、マイルドにすることができました。

 

なのでこの記事では、自転車でガンガンくる衝撃を吸収するためには、どんなパーツを選べばいいの?

そんなところを解説していきます。

「グリップ」が最重要

衝撃で、ダメージを受けやすいところ・・・

その筆頭は「手」ですね。

 

段差を越えるたび、衝撃にガン!ガン!と痛めつけられる、手・・・

ライドが長くなればなるほど、我慢できなくなってくるものです。。

 

そして手にくる衝撃は「クッション性が高く」「面積が広い」タイプのグリップを使えばかなり、軽減できます。

 

もちろんクッションがしっかりした、ふわふわ・もちもちグリップだと衝撃はやわらぎますし・・・

面積が広めのグリップなら、衝撃が分散しますのでダメージは少なくなりやすいです。

 

こういった条件を満たすグリップとして、私自身がずっと使っているものは・・・

 

エルゴンの幅広グリップ

 

これですね。

 

「エルゴングリップ」という、わりと有名なシリーズのものなのですが・・・

分厚くて質がいいラバーが、衝撃をもっちりと吸収してくれますし、
見ての通りの幅広面積がさらに、衝撃を分散してくれます。

 

実際に私は自転車趣味を始めたころに、クロスバイクに最初についていたグリップから、これに交換したのですが・・・

最初についてたグリップ、ぺらっぺらだったんだなぁ・・と思ったものです。笑

交換後は同じくらいの段差でも、明らかに手への衝撃がふわっとしているのを実感しました。

 

 

クロスバイクなどの「バーハンドル」タイプではなく、ロードバイクなどの「ドロップハンドル」タイプなら・・

 

分厚くクッション性が高いバーテープ

 

こういう「クッション性が高いバーテープ」がおすすめです。

このバーテープは私も使うのですが、分厚いもこもこの生地が、手への衝撃をふんわりと吸収してくれます。

 

さすがに「ブラケット部分」のクッション性を高める・・とかは、なかなか方法が無いのですが・・・

バーテープならわりと安いですし、簡単に巻き直しできますので、試してみる価値はあると思います。

「サドル」も影響大

「おしり」も、衝撃でダメージを受けやすい場所です。

 

おしり自体というか・・背骨を通して、全身に衝撃が伝わって、
ダメージがすこしずつ蓄積してしまうんですね。

そして疲れたり、場合によっては気持ち悪くなったり・・とかもあるかもしれないです。

 

そして、ここは「クッション性が高いサドル」を使えば、やわらげることができます。

衝撃がおしりから全身に広がるときは、必ずサドルを経由しますので・・・

そこに優秀なクッションがあればもちろん、衝撃はやわらぎます。

 

サドルにもいろいろありますし、私自身、これまでにいろいろ使ってきたのですが・・・

イチオシは、

 

ブルックスの革サドル

 

この「ブルックスの革サドル」ですね。

 

普通のサドルはプラスチックでおしりを受け止めるところを・・このサドルはハンモックのように張られた「革」で受け止めます。

そして適度に張られた革サドルは、ふつうのサドルとはちょっと、一線を画すほどの衝撃吸収能力があると思います。

 

とはいえ、革サドルは「サドルオイルを塗り込む」「工具で張りを調整する」といった手間がでてきますので・・・

 

ブルックスのラバー製サドル

 

この、同社の「カンビウム」シリーズですと、素材が革ではなく「ラバー(天然ゴム)」になっていますので、
手間がかからず、しかも衝撃吸収力も高く、良いのでは・・と思います。

 

逆に衝撃吸収てきにおすすめしないのが、「軽量サドル」の部類ですね。

軽量サドルは素材の量が少ないので軽く、スピード・軽量化を求めるならいいのですが・・・
そのかわり「クッション性」がほぼ無いですので、衝撃はダイレクトに背骨まで伝わってしまいます。。

 

なので衝撃吸収に優れたサドルが欲しいなら、ある程度「重い」サドルを選ぶ・・
という方向性ですと、良いサドルが選べるかもしれないです。

シートポストを「サスペンション付き」に

サドルに加えておすすめなのが「サスペンションつきのシートポスト」ですね。

 

サスペンションといえば通常、マウンテンバイクのフロントフォークとか、そういう場所にあるものですが・・・

シートポストの途中にサスペンションがついている、なんていう製品も意外とあって、
そういうアイテムだともちろん、衝撃をびよん、と吸収してくれます。

 

サスペンションつきシートポストとしてのおすすめは、

 

エスアールサンツアー製 サスペンションつきシートポスト

 

この「エスアールサンツアー」製のシートポストですね。

具体的にどんな感じで動作するのか?は、以下の動画をご覧ください。

 

 

「パンタグラフ方式」という、井桁を崩すような動きでしっかり衝撃をいなしていますね。

 

通常、サスペンションをつけよう!とかなると、マウンテンバイクに乗り換えが必要だったりと大変なものですが・・・

シートポストの交換なら簡単に終わりますので、もし衝撃吸収にこだわりたいのであれば、
「サスペンションつきシートポスト」という選択肢もあるのではないか・・と思います。

 

 

今回は自転車の「衝撃吸収」に優れたアイテム、というテーマでお話ししてみました。

 

関連記事
「ベアリングの回りやすさ」「靴からの滑りにくさ」「ペダル軸の剛性」に優れた、三ヶ島製フラットペダルについて解説しています。

 

23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ