シマノのフラットペダルってどう?品質は?特徴はある?


シマノセイント外観

「シマノのフラットペダル」って実際、どんな感じなの?

 

三ヶ島、タイオガ、wellgo・・

フラットペダルを作っているメーカーは、たくさんあります。

そして自転車パーツのド定番メーカー「シマノ」も、フラットペダルを作っています。

 

シマノはロードバイクの変速システムなどで、圧倒的に有名で・・

その品質の良さは、私が説明するまでもないと思います。

そしてそのシマノが作るフラットペダルなら、品質が良いのでは?
・・というのも、自然な流れだと思います。

 

とはいえシマノのフラットペダルは本当に、品質が良いの?

他社のフラットペダルと比べてどんな特徴がある?デメリットはあるの?

というのは、気になるところだと思います。

 

私はシマノのフラットペダルを持っていて、よく使いますので・・

この記事では、シマノのフラットペダルって実際どう?

そんなところを解説していきます。

「大型・頑丈なペダル」が多い

シマノ製フラットペダルの、特徴は?

大型で頑丈な、マウンテンバイク系ペダル

が、多いです。

 

例えば、私が所有している「PD-GR500」という型番のペダルは・・

 

シマノの大型頑丈フラットペダル

 

シマノセイント近めから

こんな感じで、踏む面がとても広くて分厚い、いかにも「頑丈!」という感じのペダルです。

 

 

それ以外でも現在、いちばんメジャーとなっているシマノペダルの「PD-M8140」も・・

 

 

似た形状の、大型ペダルですね。

ペダルのカテゴリーが、マウンテンバイクパーツのラインの「DEORE XT」となっていることからも、
マウンテンバイクで使われることが想定された、重厚・頑丈タイプであることがわかります。

 

 

それ以外にも・・

 

 

この「PD-EF202」といったものもあります。

ややポップなデサインで、たとえば街乗りクロスバイクなどに合いそうな感じのものですが・・

これも大型・肉厚の、頑丈タイプのペダルですね。

 

 

もしくは例えば「片面SPD(ビンディング)、片面がフラットペダル」といったタイプもあります。

 

シマノの片面SPD・片面フラットペダル

 

この「PD-EH500」は代表的ですが・・

これも普通の靴で乗れるほうのフラット面は、同様のワイドな、踏みやすい面になっていますね。

 

 

と、代表的な「シマノのフラットペダル」を挙げてみると、こんな感じになるのですが・・

共通しているのは、

◇踏む面の面積が広い、ワイドタイプ

◇構造が肉厚で、頑丈

 

という感じです。

「シマノのフラットペダル」というもの自体が、こういうコンセプトで作られているようですね。

シマノのフラットペダルが向くのは、こんな人!

それでは・・シマノのフラットペダルが向くのは、どんな人?

どんな乗り方をする場合だと、買って後悔しないの?

 

まず、ひとつめは・・

広いペダルにしっかりと足全体を載せて、安定したライドがしたい!

そんな場合は、シマノのフラットペダルは向くと思います。

 

紹介してきたようにシマノのフラットペダルは、軒並み、なかなかの大型ペダルですので・・

広い「足の踏み場」が欲しい!というニーズには、ベストマッチするでしょう。

 

逆に・・小さめのペダルを拇指球などで、ピンポイントに踏みたい!

そういう場合もあると思いますし、
そういう場合は、シマノのフラットペダルはしっくり来ないのでは・・と思います。

 

 

もしくは・・

とにかく、頑丈なペダルがほしい!

そんな場合も、シマノのフラットペダルは良い選択肢になると思います。

 

私自身、これまでにいろいろなペダルを試してきましたが、
シマノのフラットペダルはそれらの中でも飛び抜けて、頑丈・重厚だと思いましたので・・

たとえばオフロードを走る!とかだと、このあたりはかなりのメリットになってきますし・・

オフロードとかを走らないとしても、例えば自転車を倒してしまっても問題ない・・といった「ラフな扱いにも対応する」といった意味でも、
この頑丈さは良いのでは・・と思います。

シマノのフラットペダル、「デメリット」は?

それでは、シマノのフラットペダルの「デメリット」は?

「向かない」のは、どんな人?

 

まず・・ペダルに「軽さ」を求める場合は、向かないです。

いろいろな製品があるので、一概には言えませんが・・

シマノのフラットペダルは左右ペアで、一般的なペダルよりだいたい100-150gくらい重いようですね。

 

少なくとも、他社の一般的なペダルより重い傾向がある・・というのは、間違いないと思います。

 

なので例えば・・ロードバイクを軽量化していて、できるだけ軽いペダルにしたい!

軽いペダルのほうが、ペダリングの回転も軽くなって、スムーズに回せると思う・・

そんな場合には、シマノのフラットペダルは不向きだ・・と言えるでしょう。

 

 

「幅が小さい」ペダルを求める!という場合にも、向かないと思います。

シマノのフラットペダルは軒並み、横幅がかなり大きいものですので・・

たとえば輪行などをよくするので、ペダルの幅はできるだけ小さいほうがいい・・といった場合には、向かないでしょう。

 

もしくは乗るときに、幅が狭いペダルのほうが乗りやすい・・といった場合ですね。

このあたりの乗りやすい・乗りにくいは、人それぞれなのですが・・

狭めのペダルのほうが乗りやすい!というケースは確かにありますので、
そんな場合は、かなり幅広なシマノのフラットペダルは、合わないでしょう。

 

 

と、デメリットもお話ししてみましたが・・

シマノのフラットペダルは「頑丈さ」「重厚さ」「踏面の広さ」に優れたペダルですので、
こういったところを求めるのなら、悪い選択にはならないのでは・・と思います。

 

今回はシマノのフラットペダルをテーマにお話ししてみました。

 

シマノの大型頑丈フラットペダル

 

 

 

シマノの片面SPD・片面フラットペダル

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ