防犯登録シールを貼る場所で、後悔しないために


防犯登録シールを貼る場所

防犯登録シールは基本的に、一度貼ったら剥がせません。

そして再発行は、すごく面倒です。

なので「防犯登録シールをどこに貼るか?」は、すごく大切です。

 

防犯登録シールは、適当に貼ってしまうことが多いものです。

自転車ショップや警察署で、防犯登録の手続きをすると、シールをぺたっと貼ってもらうわけですが・・・

そこで「ここに貼ってください!」と、こだわりを持って貼る場所を指定したり・・というのは、あまり多くないようです。

 

そして防犯登録シールは、すでに貼ったものを剥がそうとすると、びりびりに破けてしまうことが多いです。

これは簡単に自転車から自転車に移せると、防犯的にマズイですので当然の処置かもしれません。

 

なので・・・

防犯登録シールを、ダメな場所に貼ってしまった・・!

というケースが、すごく多いのです。

 

もちろん、防犯登録シールを貼る場所に、明確な決まりはないです。

法律的にも、特に指定は無いようですね。

 

そして、普通に貼ろうとすると・・・

防犯登録シールを貼る場所上面

こんな感じで、フレームの上面に貼ることが多いのではないか・・と思います。

私自身、ひとつの自転車には「とりあえず」で、ここに貼りました。

 

しかし防犯登録シールを貼る場所には、よりおすすめのポイントがあったりします。

 

その場所とは・・?

車体の底面、ですね。

防犯登録シールを貼る場所底面

こんな感じの、フレームの「底面」のほうのどこかに貼るわけです。

 

 

まず先に、フレームの上面に貼った場合のことなのですが・・・

そこに貼ると、いくつかのデメリットが考えられてしまいます。

 

まず、ひとつめは・・
簡単に剥がされてしまうことですね。

自転車が万が一、盗難に遭ったとき・・
その自転車の、目につくところに防犯登録シールが貼ってあったら・・

とりあえず、剥がしてしまえ!となる可能性は高いでしょう。

そして剥がされてしまうと、盗まれた自転車を見つけようとするとき、もちろん不利になりやすいです。

 

もちろん、車体の底面に貼っておいても、剥がされることはあるでしょうが・・・
直接目に入る場合に比べるとかなり、可能性は下がるのではないか・・と思われます。

 

 

ふたつめは・・これは、私自身も意外だったな・・と思ったデメリットなのですが、
写真を撮ったりアップロードしたりする時、注意が必要になることです。

自分の自転車の写真を撮ることは、よくあることだと思いますが・・・

防犯登録シールが貼られた自転車を撮れば当然、防犯登録シールが写真に入ります。

 

そして防犯登録シールは、個人情報です。

もちろん、いきなりそこから名前や住所が漏れる!なんていうものではないでしょうが・・・

それが入った写真を例えば、ブログに貼って全世界にアップロードする・・というのは、
やはり、気持ちのいいものではないでしょう。

ブログでなくても現代は、SNSとかもありますし、
ふとしたときに自転車旅の写真を、Facebookに上げよう・・とかいうのはあると思います。

 

そして防犯登録シールの番号などを、あまり見られたくないのなら、
毎回、画像処理をして隠す・・なんてことを、考えないといけなくなるわけです。

 

しかしフレームの底面にシールを貼れば、こういった問題はほぼ起きないです。

自転車の写真を撮って、そこに底面に貼ったシールが写る・・とういのは、
まず、考えられないことですよね。

なのでそういう面でも、底面に貼る・・というのは、意外にメリットがあることだったと思います。

 

実際に私自身、もうひとつの自転車では防犯登録シールを底面に貼っていますし、
現在は上面に貼っている自転車にも、もし貼り替える機会があれば底面に貼ろうと思っています。

 

今回は防犯登録シールを貼る場所を、考察してみました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ