ロードバイクがめんどくさい、気分が乗らない・・の解決法を解説!


眠っている猫

明日は休み!しかも晴れ!ロードバイクに乗ろう!!

と、思っていたんだけど・・・
なんだか、めんどくさい。。

 

ロードバイクなどの自転車に乗る理由は、人それぞれだとは思いますが・・・

健康のため、楽しむため、アウトドア派に転向するため・・などなど、目的をもって始めたのに、
なぜか、乗るのが面倒になってしまって、続かなくなってきた。。。

となると、焦りますよね。

 

私自身、そういう時期はあったのですが・・・

とある「考え方」をするようになってからは、
面倒だなと感じることは少なくなってきました。

そして場合によっては「面倒だと感じても、別にいいんだな」と、納得もできるようになりました。

 

なのでこの記事では、ロードバイクに対して「めんどくさい」「気分が乗らない」・・

と感じるようになってしまった場合は、どんな考え方をすればいいのか?

そんな疑問に答えていきます。

ハードルを下げる

ロードバイクなどの自転車を、面倒だと思ってしまう、その理由・・・

いちばん重要なのは「ハードルが高すぎる」ことだと思います。

 

具体的には・・100km走る!とか、何時間も走る!とか、
もしくは毎日、自転車通勤する!!・・とか、

もしくは、夏の炎天下だけど長距離を走ろう!・・とかいった、
ちょっとハードめな走りをしようとしているケースです。

 

もちろん、そういう走りを難なくできる場合もあります。

しかし・・面倒になってしまった場合というのは、エネルギーがなかなか出ませんので、
やろうとしている走りのハードルが高いほど、「走り出す」ことができなくなるんですね。

 

人間誰しも、なんとなくやる気が出ないとか、体調がなんとなくよくない・・とか、
そういうことはあるものです。

しかし例えば「ロードバイクで出かけたら、100kmは走ってあたりまえ!」みたいな感覚を持っていると・・
(以前の私は、持っていました・・)

100kmも走るのは、面倒だな・・やめておこうかな・・・・・

と、なってしまうのです。。

 

なので、面倒だけど、走るのは走りたいな・・と思うのであれば、
思い切ってハードルを下げてしまうのが、おすすめです。

例えば、今日は面倒だな・・と感じるけど、
30kmだけでいいので走ってみようかな・・とか、

もしくは夏の炎天下、走るのはきついから、
涼しい夕方過ぎくらいから、1-2時間だけ走ろうかな・・とか、そんな感じです。

 

そうやってハードルをしっかり下げれば、一番大変な「走り出し」をクリアできます。

走り始めてしまえば意外と気分が乗って、
遠くまで走るのも、苦じゃなくなるかもしれません。

いったん距離をおく

そして、いろいろと工夫をしてみたけどどうしても、気分が乗らない。。

という時はいったん、自転車と距離を置いてしまうというのも手です。

 

どんな趣味や活動であっても、さすがにずーっと続けていると、どこかで飽きがくるものです。

なのでモチベーションに「波」がでてきます。

 

そのモチベーションの波が低いときに、たまたま休みがきたりして、
長距離走る計画を立てていたりすると、今日は面倒だな・・となってしまうのです。

 

なのでそんな時は思い切って、別の趣味をやったりとか、ゆっくり休んでみたりとか、
いちど自転車から距離をとってみるのも、ひとつの手だと思います。

それでもしふたたびモチベーションの波がきて、めんどくさい・・とかぜんぜん思わないタイミングがきたら、
そのときにロングライドとか、しっかりしたライドをすればいいと思います。

 

 

今回は、ロードバイクなどの自転車に乗るのが面倒・・
と感じたときの、考え方などなど、解説してみました。

 

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。

 

前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ