ロードバイクにタイヤローテーションは必要?しなくてもいいと思う理由


ロードバイクの前後タイヤ

ロードバイクなどの自転車は、しばらく乗るごとに「タイヤローテーション」をするべき!

と、よく言われています。

前輪と後輪とですり減りに差が出るので、一定期間ごとに前輪後輪を入れ替えることで、
すり減り方を一定にしていく・・というのが、タイヤローテーションですね。

 

なのですが・・個人的には、このタイヤローテーションはしなくてもいいな・・と感じて、
ここ数年ほどはタイヤローテーションを一度もすることなく、ロードバイクに乗っています。

そしてそれでトラブルが起きたりとか、後輪だけがあまりにすり減った・・とか、そういうことは特に起きていないです。

 

この記事ではタイヤローテーションは、必要?しなくてもいい?

した方がいいのはどんな人?しなくてもいいのはどんな人?

そういった疑問に答えていきます。

「前後輪のすり減りが均等」なら、しなくていい

まず・・タイヤローテーションは「前後輪のすり減りに差がある」から、行うものです。

なのですり減りに差が無いなら、行わなくていいです。

これはまあ、当然ですよね。

 

そうは言っても、ロードバイクなどの自転車は「後輪のほうがたくさんすり減る」のが普通では?

と思われるかもしれませんが・・このへんは、人によって違ってくるところなのです。

 

タイヤがどのくらいすり減るのか?は、主に「体重がどのくらい掛かるか?」に比例してきます。

他にも駆動輪だとよりすり減るとか、そのへんの影響もありますが・・・
体重の影響よりはおそらく、小さいです。

 

なので後輪だけがたくさんすり減るのは、体重が後輪メインで掛かっている場合

そして前後輪が均等にすり減るのは、体重が前後均等に掛かっている場合

なのです。

 

これは、どっちがより良い!とかではなく、どんな自転車の乗り方を採用しているか?とかで変わってくるところだと思います。

ちなみに私自身は「おじぎ乗り」という乗り方をベースにしていて、
この乗り方は「前後輪で、体重はまったく同じぶん掛かる」ことを勧めている・・と、私は認識しています。

なのでこれを実践していれば、タイヤのすり減りは前輪でも後輪でも変わりませんので、
タイヤローテーションをする必要自体が、まったく無くなる!・・というわけなのです。

 

対して、後輪にかなり多く荷重する乗り方の場合は、後輪の減り方のほうがかなり激しくなるでしょうから、
その場合はタイヤローテーションをした方がいい・・ということになると思います。

稀でしょうが、前輪によりたくさん荷重する!という乗り方の場合だと、
前輪がよりすり減りますので、この場合もタイヤローテーションは必要でしょう。

 

と、タイヤローテーションが必要?不要?というのは「乗り方」によって大きく変わってくるところで、
前後輪のすり減りが変わらない乗り方なら、タイヤローテーションは必要ない、
すり減りが大きく変わってくる乗り方なら、ローテーションしたほうがいいかも・・ということだと思います。

タイヤローテーションより、交換してしまうほうがいい

そして・・

タイヤローテーションするくらいなら、交換してしまうほうがいい

とも、思います。

 

タイヤローテーションが必要になる頃というのは、タイヤが相当にすり減った頃です。

たとえば後輪が、前輪と比べてすり減りが少なかったとしても・・・
それでもかなり、減ってしまっているはずです。

ローテーションすれば多少は、延命できるわけですが・・・
結局、すり減りまくったタイヤを使うことになるという、それ自体は変わらないのです。。

 

そしてタイヤは自転車の中でも、安全にかかわる重要パーツです。

劣化したり、すごくすり減ったタイヤを使っていれば、
パンクとか、場合によってはバーストとか、そういうリスクを上げかねないです。。

 

なのでローテーションが必要なくらいすり減ったのなら、
ローテーションで延命するよりも、新品に交換してしまったほうがいいのでは・・と思うのです。

 

自転車のタイヤなんて、そんなに高価なものでもありませんし、
1ヶ月とか延命できたところで、それで節約できるお金などたかが知れています。

なのでローテーションするくらいの使用期間になってきたら、私自身は思い切って交換してしまっています。

 

 

今回はロードバイクなどの自転車に、タイヤローテーションは必要か?を軸にお話ししました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ