ロードバイクの部屋置きって実際どう?注意点は?


マンションの一室

ロードバイクを部屋に置いて、
雨、風、イタズラ、盗難・・すべてから守る!!

 

・・ロードバイクの部屋置きは、ロードバイクを守る最強の手段です。

 

たとえば、マンションの駐輪場に置くときと比べると、
盗難をはじめ、あらゆるリスクが激減します。

 

とはいっても・・部屋置きって、コツとか注意点とかは無いの?

こういう場合には、部屋置きは無理・・とかって、無いの?

 

この記事では、部屋置きに関係した、そんな疑問に答えていきます。

部屋置きのコツ!いちばん重要なポイントはここ!

部屋置きをで考えることは、いろいろあるのですが・・・

まず、おすすめしたいポイントは、
ロードバイクはメンテナンススタンドに据え置いてしまう、ということです。

メンテナンススタンドに載ったCrossCheck

こんな感じで、日頃はずっと、
ロードバイクをメンテナンススタンドに設置しておくわけですね。

 

この方法の、何が良いのか?

いつでも、その場でメンテナンスができる、ということです。

 

最初からロードバイクが、メンテナンススタンドにあるのなら、
工具さえあればいつでも即座に、ロードバイクがいじれますよね。

 

しかも、ちゃんと高い場所に固定できたり、
車体を回転させたり、ハンドルを固定したりもできる、
ちゃんとしたメンテナンススタンドなら・・・

例えば、車体の裏側をいじったりとか、ホイールを外したりとかの、
ロードバイクをただ地面に置いた状態だと、やりにくいメンテナンスもちゃんとできます。

 

実際にやってみると、わかるかもしれませんが・・・

これが実に、快適なのです。

 

ロードバイクを部屋置きするのなら、普通のバイクラックとか、
もしくは、自転車本体のスタンドで単純に立たせるとか、
いろいろ方法はあるのですが・・・

こういう理由で、個人的には、
ロードバイクの部屋置きでは、メンテナンススタンドに直置きしてしまうと、
すごく便利で良いのではないか・・と、思います。

部屋置きで、意外と大変なのはこういう点

部屋置きには、こういうところが大変・・という、
「注意点」もけっこう、あったりします。

 

例えば、雨の中を走ると毎回、泥落としが必須になります。

 

外に駐輪するのなら、ホイールに少しくらい泥がついたとしても、
そこまで気にしなくてもいいのですが・・・

部屋にロードバイクを持ち込むのなら、もちろん、
泥はほぼ完璧に、落とさないといけないです。

じゃないと部屋が、泥でべちゃべちゃになります。。

 

 

あとは「スペースを食う」というのも、当然ではあるのですが、
重要なポイントです。

 

ロードバイクの一台くらい、余裕で置けるくらいの広さがあれば、
まったく問題ないですが・・・

もし、あなたの部屋が、
ロードバイクを置くと、生活しにくくなるくらい狭いのなら・・・

例えば、「縦置きスタンド」を使うとか、
もしくは空中にロードバイクを吊れるようなスタンドを使う、などの工夫が必要です。

 

しかしそういった特殊スタンドは、ロードバイクを部屋から持ち出す手間が増えてしまいますし、
上に書きました「その場でメンテナンス」も、難しくなってしまいますので・・・

できるなら普通に、メンテナンススタンドなどを使って「横置き」するのがベストだとは思います。

部屋置きを検討するなら、チェックしておきたいところ

ロードバイクを部屋置きする前に、確認しておいたほうがいいポイントがあります。

 

ひとつめは・・エレベーターが狭すぎないか?というところです。

 

ロードバイクを部屋まで持っていくときは通常、エレベーターを使いますので、
エレベーターのスペースがロードバイクのスペースより狭いと、
もちろん、かなり不利になります。

普通に、横置き状態でエレベーターに積むことができないと、
エレベーターに載せるたびに、ロードバイクを縦にして持ったりするしか無いのですが・・・

やってみると、おわかりいただけると思いますが、
これはすごく、大変なのです。。。

 

あとはもちろん、ロードバイクを積んだ状況で、他の人が乗ってくる場合もありますので、
そういう場合でも、他の人が乗れるようなスペースも確保できたほうが、いいです。

 

逆に、エレベーターさえなんとかなるのなら、
建物の他の部分が、問題なることはあまり無い・・
と、経験上は思います。

 

もちろん、住んでいるマンションのエレベーターのサイズを、変えることはできませんので・・・

ロードバイクの部屋置きをするのなら、
最初から部屋置きに向いたマンション選びを・・というのも、けっこう重要なポイントだと思います。

もし今後、引っ越しをされる場合は、
ここを考えながら物件選びをしてみると、いいかもしれません。

 

 

と、ロードバイクを部屋置きするときの注意点など、書いてみました。

 

ロードバイクの部屋置きは、面倒だったり、注意点が結構あったりと、
意外と、手こずることも多いものです。

 

しかし・・例えば、自宅にいる間の盗難をほぼ完璧にガードできたり、
「錆」や「劣化」を大幅に防げたり・・などなど、
個人的には、面倒さに見合ったメリットはある!と、感じています

 

もし、大事にしている愛車を、駐輪場に駐めているのなら・・・

なんとかして、部屋置きを実現する・・というのを、
検討してもいいのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ