ロードバイクの面白さって何?めっちゃ楽しんでるので説明します!


メリダのロードバイクで走る人

ロードバイクの楽しさ、面白さって、いったい何?

 

・・もし、ロードバイクを買おうかな?と思っていたり・・・

もしくは、ロードバイクを楽しんでいたけど最近、楽しくなくなってしまった・・といった場合には、
気になるところだと思います。

 

もちろん、楽しみ方は人それぞれではあるのですが・・・

ロードバイクには「これが楽しい!」という、定番の面白さポイントは結構、あります。

 

ロードバイクの面白さって、なに?

ロードバイクの面白さをさらに引き出すには、どうすればいい?

ロードバイクってなんで、こんなに楽しいのか?

多分に主観が入ってはしまいますが・・・
この記事では、そういった疑問に答えていきます。

「自分の脚だけ」で走り切るカタルシス

「速い乗り物で走る楽しさ」は、たとえばバイクとか、クルマにもあります。

 

風をきってスピードを出して走る・・というのは、楽しいものです。

もちろん交通ルールとか、制限速度とかは守るのが大前提ですが・・・

たとえば海沿いの景色がいい場所を、びゅーんと走ると気持ちいい・・というのは、
多くの方が持つ感覚だと思います。

 

しかし・・「自分の脚だけで走る」というのは、ロードバイクなど自転車だけの感覚です。

そして自分の脚や、自分自身の身体を使うと、スポーツに近い達成感みたいなものが得られると思います。

 

クルマのエンジンなんかに比べるとはるかに弱い「自分の脚」なんてもので、
場合によっては、エンジンに迫るほどの距離を走れてしまう・・・

そのあたりの楽しさ・面白さは、ロードバイクにしかない、独特の楽しみだと思います。

限界までスピードを出してもいい

クルマやバイクで、限界までスピードを出すのはご法度です。

限界までアクセルを踏み込めば、200km/hとか、車種によっては300km/hとか出るわけですが・・・
言うまでもなく、日本にそんなスピードで走れる場所はありませんよね。

即、逮捕されるはずです。

 

しかしロードバイクは、数ある乗り物のなかでもおそらく唯一「限界までアクセルを踏む」ことが許されます。

アクセルはこの場合、ペダルですね。

ロードバイクは人類トップクラスであっても、「50km/hで1時間走り続ける」くらいが限界ですので・・・
どんなに頑張ったとしても「スピードを出しすぎてしまう」ということが起きないのです。
(もちろん街中とかではNGですが)

 

限界まで頑張ったり、限界まで身体を使ったり・・というのは、気持ちいいものです。

おそらくここは、スポーツなどに打ち込んだことがある方なら、わかるところではないか・・と思います。

 

速く走る乗り物の楽しさ・・というのは、クルマにもバイクにもあるわけですが、
それら別の乗り物には無い、ロードバイクならではの面白さ・・というと、こういったポイントになってくると思います。

裾野がものすごく広い

もちろんロードバイクは、乗って、走ってこそだと思います。

なのですが・・走る以外の楽しさというのも、もちろんあります。

 

例えばカスタマイズで、ロードバイクを自分の好きな仕様に仕上げたり、
たとえば旅先でグルメを楽しんだり・・とかですね。

 

そしてロードバイクは、「走る以外の楽しさ」にも目を向けたとき、
その裾野がものすごく広いです。

メンテナンス、カスタマイズ、自転車ファッション探求、旅先での観光、
ナビ用デバイスなどの最適化、走るためのルート作成・・などなど。

思いつくままに挙げてみましたが、もっともっと、いろいろな楽しみ方ができると思います。

 

楽しみ方は人それぞれですが・・・
ここまでいろいろな楽しみ方があると、誰であってもかならず一つは「すごく楽しい!」と思える領域があると思います。

そういう、走る以外の「自分にとって楽しいテーマ」がちゃんと見つかるだろう・・というのも、
ロードバイクが楽しみやすい趣味になりやすい、原因のひとつだと思います。

 

 

今回はロードバイクの面白さについて語ってみました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ