サンマルコの乗り心地がいい、ロングライド向けサドル

ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクを徹底比較!


草の上の白いクロスバイク

ロードバイク、クロスバイク、そしてマウンテンバイク。

 

いわゆる「スポーツ」タイプの自転車を買おうとするとき・・・

この3車種が大抵の場合で、選択肢にあがります。

 

「ロードバイクにしようかな?クロスバイクもいいな・・いやいや、マウンテンバイクも良さそうだ!」

もちろん、それぞれまったく違う特徴の自転車なのですが・・

それぞれ魅力的な自転車ですので、どれにしようかな・・!と悩んでしまう気持ちは、よくわかります。

 

なのでこの記事では、

「ロードバイク vs クロスバイク」

「ロードバイク vs マウンテンバイク」

「クロスバイク vs マウンテンバイク」

 

という3つの視点から、メリット・デメリットといったものを検討してみます。

Round1:ロードバイク vs クロスバイク

ロードバイクとクロスバイクの、違いはなに?

 

・・まずひとつ、大きな違いは「ハンドルタイプの違い」です。

言うまでもなく、ロードバイクがドロップハンドル、クロスバイクがバーハンドルですね。

 

そしてふたつめは「タイヤの太さ」の違いです。

これも言うまでもなく、ロードバイクのほうが細く、クロスバイクのほうが太いですね。

 

そして・・実は現代ではそれ以外は、だいたい同じになってきます。

 

「ロードバイク」として売られているもののほうが、
ずっと軽く、ずっとスムーズに走る!といった時代もあったようなのですが・・・

この記事を書いている現在だと、クロスバイクのフレームもロードバイクに使われるのと同じ素材・技術が使われるようになってきています。

 

しかもクロスバイクでも価格が高めのものは、ロードバイクに使われるようなコンポーネント(変速機など)がそのまま使われるようになってきています。

なのでもはや、ハンドル以外での「クロスバイクとロードバイクの、はっきりとした差」というのは、
ほとんど無くなってきているのです。

 

 

それでは、クロスバイクとロードバイクには、そんなに大きい差はないのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

「ハンドル」と「タイヤ」、このふたつだけで、劇的な差が出るからですね。

ロードバイクは「ドロップハンドル」で「タイヤが細い」

ロードバイクはドロップハンドルで、細いタイヤの自転車です。

 

これが、どんなメリットを生むのか?

一番はロングライド能力の高さ、です。

 

スピードが速いとか、登りがラクとかあるんじゃないの・・?と、もしかしたら思われかもしれませんが、
正直、そこはロードバイクとクロスバイクとで、そこまで大きな差はない・・と思います。

結局、スピードとか登りやすさとかを決めるのは「乗り手のスキル」がほとんどで、
ハンドルの形が変わったりしたとて、スピードに1割以上とか、そういう大きな差は出ないことが多いです。

 

しかし「ロングライド能力」はけっこう、劇的に変わります。

まずたいていの場合で、手を横にしたクロスバイクの握りより、
手を縦にするロードバイクの握りのほうが、長時間がラクな姿勢となりますし・・・

握るポイントがいくつもあるドロップハンドルは、走りながら何度も持つ場所を変えて、
体のキツさとか、手のしびれとかを大幅に軽減できます。

 

細いタイヤも、スピードそのものを大幅に上げたりはしないのですが・・・

ロングライドにおける「エネルギーの消耗度」はけっこう、下がります。

なのでロングライドで、どんどん体力を消耗していく・・といった辛さが、
かなりマイルドになります。

 

・・と、クロスバイクと比べたロードバイクの、一番のメリットはロングライドの高さだ・・と思います。

クロスバイクは「バーハンドル」で「タイヤが太い」

一方で・・クロスバイクのメリットって、何なんでしょう?

 

クロスバイクは、ロードバイクと比べると、
「バーハンドル」で「タイヤが太い」自転車です。

 

これは、どういうメリットにつながるのか?

・・「街乗りでの機動性」が、圧倒的に高くなります。

 

ここは、乗り比べたことがある方なら、感覚的に明らかかもしれませんが・・・

バーハンドルはドロップハンドルと比べて、すばやいハンドル操作がずっと、しやすいです。

そして太いタイヤはグリップ力や、振動吸収性といったものが高いですので、ここも有利です。

しかも強力にブレーキを掛けやすいですので、
人が多くて混雑した街中でも、素早く曲がってすばやく止まり、快適な移動ができるのです。

 

広い車道をずっと直進するような、ツーリング的な乗り方をするときには、
この「機動性」はそんなに活きないのですが・・・

街以外でもそういう、すばやい機能性が必要になるような状況では、
クロスバイクはロードバイクよりずっと有利になると思います。

 

タイヤに関して、ロードバイクに太いタイヤを履かせてはどうか・・?というのは、ときどき検討されるのですが、
ロードバイクは「フレームの形」自体が、太いタイヤを装着できない形になっていることが多いですので、
その場合は、太いタイヤをインストールすることはできなくなります。

なのでここは「クロスバイク特有」のメリット!と言っていいと思います。

どっちを選べば、幸せになれる?

で、結局どっちを選べばいいの?についてですが・・・

ここはどっちのメリットを取るか?と、いうことですね。

 

例えば自転車を買って、長距離のツーリングを何度もしたい!とか、
日頃からロングライドをたくさんしたい!とか・・・

そういった希望があるのなら、ロードバイクのほうがいいと思います。

 

逆に、日頃からそこまで遠乗りはしないけど、
混雑した場所の移動とか、そういう日常用途メインで速い自転車が欲しいなぁ・・・

そういった希望なら、クロスバイクでしょう。

クロスバイクからロードバイクに乗り換えて後悔・・!というのは、結構あることだったりしますし、
ロードバイクも選べるけど、あえてクロスバイクを選ぶ!というのが、英断となることは少なくないものです。

 

あるいは・・・もしロードレースやヒルクライムなど、「ロードバイクを使うレース」に出たいのなら、
その場合は自動的に、ロードバイク一択!となるでしょう。

その場合はレース使用に耐えうる、軽量で、しかし高価なロードバイクが必要になるかもですが・・・

 

ロードバイクとクロスバイクを比較してみると、こんな感じです。

Round2:ロードバイク vs マウンテンバイク

青と黒のマウンテンバイク

ロードバイクと、マウンテンバイク。

・・それぞれ、「最強」と言えるような自転車だと思います。

 

ロードバイクは、舗装された車道をかっ飛ばすのに、最強!

マウンテンバイクは、ガタガタの林道とかを突っ切っていくのに、最強!

・・とそれぞれ違う分野で、他の追随を許さない自転車カテゴリーですね。

 

そしてどっちも、カッコよくて、男心をくすぐるものです。

シュッとしたかっこよさがあるロードバイクと、ガチガチでごっついマウンテンバイク・・・

この記事ではそんな2車種を比較してみます。

相違ポイントは、すごくたくさん!!

まあ、この2車種は、ひと目でわかるくらいの「まったく違う自転車」ですよね。

そして、あえて違うポイントを羅列してみると・・・

「ハンドル幅」「ハンドルの形」「タイヤの太さ」「タイヤのパターン」「フレームの頑丈さ」「サスペンションの有無」「ギア比」「重さ」

といった感じです。

まあ、ひとつひとつ解説するのは無理なくらい、たくさんありますね・・笑

 

もちろんそれぞれ、オンロードを高速で走る!とか、
オフロードを安定して走る!とかいった、特化した目的のためのものです。

なので例えば「舗装路のレースがしたい!」とか、
「林道のマウンテンバイクコースを攻めたい!」とかいう場合には、選択の余地は無いでしょう。

 

しかし・・街中などの、日常の中で乗るときには、
この2車種は意外と比較しがいのある、ライバルみたいな関係になります。

街中を見渡せば、ロードバイクもマウンテンバイクもそれぞれ、たくさん走っているわけで・・・

そしてそれぞれ日常使用における「良い点」「悪い点」が、しっかりあるわけですね。

 

まず・・スピードは、意外に変わりません

え?ロードバイクとマウンテンバイクのいちばんの違いって、スピードじゃないの?・・と、
もしかしたら思われたかもしれません。

 

もちろん、スピードは違うのですが・・・
実はスピードに明らかな差が出るのは、「高速域から」だったりします。

30km/hを越えてきたくらいからですね。

ここを大幅に越えるくらいの高速域だと、タイヤが細いロードバイクのほうが圧倒的に有利で、
これはもう乗り比べてみれば、明らかにペダルが軽いのがわかります。

 

しかし・・25km/hを切るくらいの低速域だと、意外に差は出ないものです。

これも、実際に走ってみればわかるかもなのですが・・・

ロードバイクに乗っている!みたいな色眼鏡なしで、純粋にスピードやペダルの重さを比べてみると、意外なくらい差が出ないものなのです。

 

なので街中での注目ポイントは「乗り心地」とか、「走りやすさ」とか、そういったところになってきます。

そして・・ロードバイクとマウンテンバイク、どっちがそういうポイントで優秀なのか?というのは、
結局、人によって違ってきます

 

・・比較記事とか言いながら、微妙な結論になってすみません・・笑

しかし前傾が深いロードバイクのほうが、乗り心地がいい!と感じる場合と、
ハンドル幅が広く、前傾は浅めのマウンテンバイクのほうが乗り心地がいい!と感じる場合とが、実際にあります。

 

走りやすさとしても、軽くてハンドル幅が狭いロードバイクのほうが、混雑した場所でもするする抜けられる!という要素がありますし・・

タイヤが太かったり、サスペンションがあったり・・のマウンテンバイクのほうが、
カラダへの負担が少なく、走りやすい・・という場合もあります。

 

なので、ロードレースやマウンテンバイクレースなど、特化した目的があるのならその車種一択!なのですが・・・

あくまで日常の趣味に使うとか、旅の移動に使うとか、そういった考え方なのであれば、
結局はどっちが、自分の身体に合うかな?・・と、そのあたりを考えると、スムーズに判断できるかもしれないと思います。

まわりにぽんと貸してくれる人も、そうそう居るものでもないでしょうから、
実際に乗って比較したい場合は、ショップの試乗などを使わせてもらうのがいいかもですね。

 

ロードバイクとマウンテンバイクの比較は、そんな感じです。

Round3:クロスバイク vs マウンテンバイク

赤いマウンテンバイク

クロスバイクとマウンテンバイクの、違いってなに?

 

よく似ている、2タイプの自転車なのですが・・・

もちろん、違うポイントであったりとか、
比較してのメリット・デメリットといったものは、たくさんあります。

 

趣味用自転車の王様といえば、ロードバイク!!みたいな空気はありますが・・・

もし、新しい自転車が欲しいんだけど、ロードバイクは自分にはちょっと違うな・・と思った場合、
その次の候補になってくるのが、この2車種だと思います。

 

それでは・・クロスバイクとマウンテンバイクの、違いはどこ?

違いは「ハンドルの幅」「タイヤの太さ」「サスペンション」

大きな違いは「ハンドルの幅」「タイヤの太さ」「サスペンション」の、この3点です。

 

もちろん、マウンテンバイクは本来、
山道、林道といった「オフロード」で圧倒的に有利な自転車です。

しかし街中やふつうの車道といった、自転車が日常でよく走る場所においても・・

これらの違いによって、マウンテンバイクは例えば「安定する」「乗り心地がいい」といった、クロスバイクと比較したメリットがでてきます。

 

まず「ハンドル幅」について・・・

いまの時代、マウンテンバイクは「700mm台」のハンドルバーが多いと思います。

対してクロスバイクだと「500mm台」が多いですね。

もちろん、車種などによって変わりますし、カットすれば変わるところでもあるので、
ものすごくざっくりした目安です。

 

次に「タイヤの太さ」なのですが・・・

マウンテンバイクはだいたい、幅 50mm前後くらいの、ぶっといタイヤを履くことが多く、
クロスバイクはだいたい幅 30mm弱くらいの、ロードバイクよりすこし太い・・くらいのタイヤを使うことが多いです。

 

最後に「サスペンション」ですが・・・

もちろん、サスペンションが無いマウンテンバイクは有りますし、
サスペンション付きクロスバイクもあるのですが・・・

たいていの場合で、マウンテンバイクはサスペンション有り、クロスバイクはサスペンション無しです。

 

と、これだけいろいろな違いがあるわけですが、
これらの特徴により「マウンテンバイクの、クロスバイクと比べた特徴」をひとことで言うと・・

「どっしりと安定し、振動をしっかり吸収し、しかしスピードは一歩譲る」

といった印象の自転車になってくると思います。

 

ロードバイクと比べたクロスバイクが、そんな印象になるとは思うのですが、
マウンテンバイクはその方向を、さらにピーキーにしたような感じですね。

もともとクロスバイクが、ロードバイクとマウンテンバイクの「良いとこどり」をしたような自転車ですので、
そのロードバイクと対極にあるマウンテンバイクが、そういう特徴の自転車になってくるのは、自然なことかもしれません。

 

で、どっちを選べば幸せになれるの?ですが・・・

あくまでオフロードではない、街乗りとかツーリングとかの用途で話をするのなら、

①「走りのラクさ」や「ロングライドできる距離」を重視するならクロスバイク

②「どっしりした安定性」や「衝撃吸収による、体へのやさしさ」を重視するならマウンテンバイク

といった選び方になってくるのではないか、と思います。

 

もちろん、林道やマウンテンバイクコースといった、オフロードを楽しみたい!といった場合や、
マウンテンバイクのレースに出たい!みたいな希望の場合には、
マウンテンバイク一択になってきます。

 

クロスバイクとマウンテンバイクを比較すると、こんな感じです。

最終的には「どれが好きか?」で選ぶといいかも

それぞれの車種の比較について、いろいろお話ししてみましたが・・

 

それで、どれを選べばいいの?に関しては、

どの車種をいちばん「好き」と感じるか

で、いいのではないか・・と思います。

 

例えば、ドロップハンドルが好きだ!

ロングライドをたくさんやるだろうから、手の痛みはちゃんとケアしたいし・・

そしてレーサーっぽい、かっこいい見た目と感じるし・・

みたいな理由で、ロードバイクを選ぶ!・・みたいな感じとか、

 

もしくは、ゴツくて頑丈そうな見た目だから、マウンテンバイクにしてみようかな?とか・・

そんな感じです。

 

いろいろと要素を比較してはみたのですが、結局のところ「使ってみないとわからない」部分は多いですし・・

乗ってみてもし、他の車種のほうが良かったなぁ・・と感じたのなら、結局そっちも買ってしまう、というのもアリだと思います。

そのうち3車種が、揃ってしまうかもしれませんが・・笑

 

もちろんロードレースに出たい!というならロードバイク一択ですし、
マウンテンバイクレースがしたいならMTB一択なのですが・・

そういうわけでもないのなら、いろいろな要素の比較はちゃんとした上で、
最終的にはフィーリングで決めてしまう!というのも、考え方になるのでは・・と思います。

 

この記事ではロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクの比較をしてみました。

 

関連記事
軽さ?乗り心地?それぞれを重視したサドルの選び方を解説しています。

 

歯数は?変速段数は?グレードは?・・さまざまなポイントに注目しながら、スプロケットをどう選ぶかを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ