ロードバイクで後方確認を、ふらつかずスムーズにするための3つのコツ


路上駐車の列

ロードバイクに乗っていると、路上駐車を避けたりなどで、
走りながら後ろを振り返る機会は、多いです。

 

左側通行の日本では、ほとんどの場合、右を振り向きますね。

 

できれば、路駐が多い道は避けるなど工夫して、
振り返る機会をできるだけ少なくしたいところですが・・・
完全になくすのは、無理です。

 

そして自転車は不安定な乗り物なので、振り返る動作に慣れておらず、
振り返るたびにふらついたりしていると、とても危ないです。

自転車に気をつけながら追い抜いてくれようとしている車を、無駄にヒヤヒヤさせてしまいますし、
実際に、事故につながることもあるでしょう。
複数人で走るときは、ほかのメンバーに迷惑がかかってしまうかもしれません。

 

乗り方のコツというのは、人それぞれになってくるとは思いますが・・・
ここでは後方確認をふらつかずにするためのコツを3つ、紹介していこうと思います。

 

振り向くとき頭だけで振り向き、腕を動かさない

 

後ろを振り向くときは、頭だけが後ろを向けばいいわけなのですが、
ついつい、身体全体で振り返ってしまう場合があります。

自転車に乗らずふつうに歩いているときは、身体全体で振り返るのがふつうですので、
自然な動きではあるのですが・・・
ロードバイクでこれをやってしまうと、致命的です。

ロードバイクでは当然、腕でハンドルを握っていますので、
身体ごと右側に振り返ろうとすると、ハンドルを右側に切るように腕が動いてしまいます。

これをやってしまうと自転車は、車がビュンビュン走っている車道側に、ふらふらと出ていってしまいます。。

無駄にハンドルが切られてしまいますので、ふらついたり、最悪転倒する原因になったりもするでしょう。

 

こういったことを防ぐためには・・振り返るとき、腕は固定してハンドルをそのまま動かさず、
頭だけで振り向くクセをつけましょう。

 

視界の端っこを使う

 

振り返るとき、大きく振り向けば振り向くほど、
身体がおおきくねじれることになりますので、バランスを崩すリスクは高くなります。

最小限の動きで振り向くようにすれば、バランスを崩しにくくなりますよね。

 

そして・・後ろの状況は、視界の端っこだけでも十分に、確認することができます。

右側を振り向く場合は、視界の右端になると思いますが・・・
後方が、視界の右端ぎりぎりに入るくらいまで振り向けば、
後ろから車が来ているか・・距離はどうか・・といったことは十分、わかると思います。

 

視界の中央にがっつりと後方をおさめようとすると、
頭が真後ろを向くほどに首をひねることになり、それにつられて身体全体も崩れやすいです。

 

後ろを振り向くときは、視界の端っこをうまく有効活用して、チラチラと最小限の動きで確認するようにすると、
バランスが崩れにくくなります。

 

音を聞く

 

後ろを確認するときには、目だけでなく、耳も重要です。

音だけで後方の様子が確認できれば、そもそも振り返る必要がなくなりますので、
振り返ってバランスを崩す可能性は低くなります。

 

そして、ある程度慣れてくると音だけで、自動車が後ろから来ているかはもちろんのこと、
その車と自分との距離・位置関係や、車種までだいたいわかるようになります。

おそらく、ある程度以上の時間自転車に乗っている方だと、皆さんわかるようになると思います。

 

もちろん、耳だけに頼るのは危険です。
路駐を避けるなど、後ろの状況を確実に確認するべきときは、ちゃんと後ろを視界にいれて確認します。

しかし・・・走っている最中、何回も何回も後ろを振り向くのは、危険ですし疲れてしまいますので、
路駐を避けるなどのイベントが無いときは基本的に、音で自動車の位置を把握するほうが効率がいいと思います。

 

こういったことを考えると、イヤホンで音楽を聞きながらロードバイクに乗る・・というのは、
論外だということが、おわかりいただけるのではないか・・と思います。

 

 

以上、ロードバイクでふらつかずに後方確認するためのコツを3つ、紹介させていただきました。

 

述べましたように、乗り方のコツは人それぞれなのですが・・・

上に挙げました3つは、おそらく人によらずどなたにでも重要な要素だと思います。

後ろを振り向くときよくふらついてしまう・・という方の、参考になれば幸いです。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ