ロードバイクはぼっちライドこそ至高!ひとりで走るべき3つの理由


GIANTのロードバイクに乗って走る人

ロードバイクでは、ひとりで走るべきです。

 

・・・寂しい奴、と言わないでください(泣)

 

ロードバイクで走るときには、一人で走るソロスタイルと、
数人でいっしょに走るパーティースタイルとがあると思います。

私としては、人と一緒に走ることも特に嫌いではないため、
複数で走ることも、これまでに何度もあったのですが・・・

自転車生活を送るうちに・・私としては、パーティースタイルは、
「限られた条件」の場合でしかするべきでない、という結論になりました。

 

その条件なのですが・・・

 

「パーティーにリーダーが居て、他の全員がリーダーの言うことをちゃんと聞くような関係があること」

「パーティー全員の脚力がだいたい同じか、いちばん遅い人に合わせることに全員が同意していること」

「パーティーの中に、仲が悪い組み合わせのメンバーが居ないこと」

 

の3つを、私としては重視するようになりました。

 

 

① 「パーティーにリーダーが居て、他の全員がリーダーの言うことをちゃんと聞くような関係があること」

 

自転車でパーティーを組むときには、基本的に、全員が同じ道を通り、同じ目的地を目指します。

また、走るスピードや、休憩のタイミングも全員が同じになります。

 

スポーツなどによっては、個人個人が自分で考えて行動することがなにより重要であったりするのですが・・・

自転車でパーティーで走るときは、上のような事情があるため、基本的に「個人行動は許されない」のです。

 

そういった状況下で、リーダーの役割となる人が居ないとどうなるか・・・

全体で、同じように行動するべきパーティーがばらばらに活動することになりかねないので、
かなり、走りにくくなってしまうはずです。

 

リーダーの役割は、たとえばショップ主催のイベントライドなどだと、主催者が担うことが多いです。

友人間で走る場合であっても、基本的に誰が指示を出すのかは決めておいたほうがいいですし、
もちろん場合によっては、自身がリーダーの役割となってもいいでしょう。

 

ここで言う「リーダー」とその他のパーティーメンバーとの間には、べつに、上下関係がある必要はありません。
単に、意見がバラバラになって走りにくくなったりしないよう、指示をする役割の人・・というだけです。

 

いずれにせよ、ロードバイクでパーティーを組むときは、パーティー全体が「一心同体」のようになって走ることになるため、
それができるための「リーダー」が居て、基本的には全員がそのリーダーの指示に従う・・という関係がないといけないのです。

 

 

「パーティー全員の脚力がだいたい同じか、いちばん遅い人に合わせることに全員が同意していること」

 

当然ではありますが・・・自転車でいっしょに走るときは、いっしょに走る全員が、同じペースで走らなければいけません。

 

これがもしバイクであれば、脚力による差は出ないので問題ないのですが・・・

ロードバイクのライダーには当然ながら、ビギナー、ふつうの趣味人、ベテラン、プロ級・・と、さまざまな脚力レベルの人がいます。

 

もちろん、プロでもない限りは速く走る義務などありませんので、
自分が楽しめるペースで走ればいいのですが・・・

これが「パーティーを組む」となると、違ってきます。

 

パーティーで走るときは当然、全員が同じ速さで走ることになりますので、
当然、いちばん遅い人に速さを合わせることになります。

 

そうなると、速い人はスピードを抑えたまま何時間も走ることになりますので、フラストレーションがたまる場合がありますし、
遅い人は、速い人に対して申し訳ない気持ちになってしまうかもしれません。

 

もちろん、仲のいいメンバー同士であったり、
そもそもポタリング前提で、最初からゆっくり走るつもりだったり・・であれば問題ないのですが、

私としては、参加者同士のスピードが大きく違う場合、お互いにフラストレーションがたまりやすいので、
そういう場合はパーティーへの参加は控えるようにしています。

 

 

③ 「パーティーの中に、仲が悪い組み合わせのメンバーが居ないこと」

 

これはまあ、言うまでもないことでしょう。

ロードバイクは公道を走る、場合によっては危険な活動です。

当然、ハンドサインや、メンバー同士の意思疎通でできるだけ危険を防いでいくのですが・・・

仲が悪いメンバーなど居ようものなら、そういった疎通に支障が出るかもしれないです。

トラブルにまで発展することは稀でしょうし、
そのトラブルに自分が巻き込まれまですることは、さらに、稀でしょうが・・・

私はメンバー同士の一部にでも、ギスギスした空気を感じたら、
参加は控えるようにしています。

 

 

以上、こういう状況ではパーティーへの参加を控えたほうがいいのでは?・・というケースをお示ししました。

私も現在でも、何人かで走ることはあるにはあるのですが・・・

やはり、自転車で走るとき、目的地やルートを設定したり、危険を避けながら進んだり・・というのは、
自己責任のもと自分自身ですべて行うほうが気楽なので、
基本的には、ひとりで走るほうがいい・・と考えるようになりました。

 

誰かといっしょに走るのが大変すぎる・・ストレスになってしまう・・という場合には、
自転車で誰かと一緒に走るというのは、意外に難しいことである・・ということ、

そして、一緒に走るかどうか考えるときに、自分なりの基準をつくるようにしておくと、
ぼっちライドとみんなでライドの使い分けが、うまくできるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ