自転車で車道を走るとき、自動車との事故を予防するためにできること


長い車道

ロードバイクなどの自転車に乗っていると、車道走行をする機会が多いのですが、
やはり自転車は、車道でもっとも弱い乗り物であるため、
何も考えずにてきとうに走るのは、危険です。

 

自転車歴が長い方であれば、それぞれご自身としての快適な走り方を身につけられているのでは、と思われ、
最終的にはご自身で、安全な車道の走り方を、試行錯誤していただくしか無いのですが・・

以下、自転車で車道を走るとき、気をつけたほうがいいと思うことを書いていきます。

 

まず、車道上を走るラインですが、自動車の左車輪くらいのラインが良いと思います。

車道左端ぎりぎりは路面の状態が悪くごみなどが多いこともあり、走りにくいことが多いです。

また、自動車も避けずにぎりぎりでパスしようとするため、逆に危険だと思います。
状況によるでしょうが、基本的には自動車の左車輪のラインを走り、自動車にしっかり避けてもらうほうがいいと思います。

 

加えて、自動車が自分を抜いてくれるタイミングでやや左に移動すると、安全マージンをより大きくとることができます。
自動車が少なく、追い抜いてもらうタイミングがわかりやすい場合は、念の為行っておくとより安心だと思います。

事故を避けるための動きイラスト

(緑:自分、青:自動車、赤:自動車の進行ルート)

 

また、自分を一度追い抜いた自動車は、その後渋滞などで止まった場合であっても、追い抜かないようにします。

追い抜いたとしても、どうせ車が流れ出したらまた抜いてもらうことになるので、追い抜く意味はありませんし、
同じドライバーに、何度も自分を追い抜くために気を遣わせるのはあまり良くないでしょう。

ドライバーも気を遣いながら何度も自転車を抜くのはストレスがたまるでしょうし、それが乱暴な運転やトラブルに繋がってしまうこともあると思います。

 

交差点では、左折車の左側には絶対に入らないことが重要です。

左折車の巻き込み事故はとても有名なので、ここは多くの方が気をつけているところだとは思いますが、
前の車が左折する場合は後ろで待ち、待てない状況のときは後続車に気をつけながら右から抜けるほうがよいでしょう。

 

交差点では、対向の右折車も大きな危険です。

私としては右折待ちの車がいた場合は、左側に、横断歩道くらいまで膨らんで進むことで、
万一、対向車が進んできたときでも事故になりにくいよう、安全マージンをとるのが良いと思います。

事故を避けるための動きイラスト

以上、車道を走るときに気をつけるべきと思うことを挙げてみました。

 

車道走行は慣れも必要ですし、どうすればより安全で快適に走れるか、それぞれが自身で考えるべきところです。
上記したことが正解だ、とまでは思わないのですが、
自転車で車道を走るときの参考までにしていただけたら、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ