路駐が邪魔なところを自転車で走るときは、歩道を走ってしまおう


路上駐車の自動車

自転車で車道を走るとき、必ず出くわすのが路上駐車(以下、路駐)です。

 

停めてもいい場所に停めるのはいいと思いますし、
私も自動車を運転するときは、停めていい場所に路駐することはあるのですが・・・

 

たとえば東京都内中心部のように、
自転車専用レーンや車道左側がほぼ路駐車両で埋まっているような場所もあります。

路上駐車の自動車

 

路上駐車の自動車

 

路上駐車の自動車

キープレフト・自転車専用レーン走行が自転車の原則ではあるのですが・・

たとえば上記のように、自転車専用レーンが完全に塞がれている区間が続くような場所では、
自転車は走るべき場所を安全に走ることはできません。

 

このような場所では、
突然ドアが開くリスクもあるので、自転車が車道を走ろうとしたら、
ある程度第二車線まではみ出した場所を走行せざるを得ません。

 

しかし、あまりに車道左端から離れた場所を走り続けると、自動車との接触などの危険性が上がってしまいますし、
加えて、路駐車両の陰からの歩行者の飛び出しなども大きなリスクです。

このような場所では自転車が車道を走り続けるのは困難だ、と言わざるを得ません。

 

そのため私としては、上記のように路駐が極端に多い場所では、
自転車は歩道を徐行するべきだと思います。

 

当然ですが、歩行者を優先します。

歩行者と接触の危険がある場合は、歩く速度以下にまで速度を落とします。

当然スピードは落ちてしまいますが、車道を走ったとしても信号などが多く高速で走り続けるのは難しいため、
私としては、そもそもこのような道で速く走るのは難しい、と考えます。

 

速く走れないとは言っても、基本的に徒歩よりはずっと速いので、
それでも自転車に乗る価値はじゅうぶんにあるとは思います。

どうしても急ぐのであれば、たとえば都内であれば電車の交通網が発達しているので、
電車に乗ってしまう(自転車に乗っているのなら、輪行してしまう)のがよいと思います。

 

自転車が歩道を走ることに関しては、賛否があると思いますし、
私も快適に走れる環境があるのなら車道を走りたい、とは思います。

もちろん、路駐の取り締まりがじゅうぶんに行われてくれればよいのですが、
現時点で路駐がとても多い以上は、現実にとりうる手段でそれに対処するしか無いでしょう。

都市部でも、都市により路駐の数は大きく異なり、
たとえば福岡市では路駐の数は大幅に少なくなっています。

 

路駐があまりにも多い道路では、自転車で車道を走るのは危険を伴ってしまうので、
私としては、歩道を徐行するしか無いのではないか、と考えます。

 

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。

 

前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ