自転車で走りやすい道は「輪行」を駆使すれば作れます!


薄暗いトンネル

自転車・・・走りにくい道、多すぎ!!

 

自転車趣味を始めると、
まあ、必ず一度は、思うことだと思います。

 

例えば・・・

 

 

例えば、こんな感じの道ですね。

 

まあ、トンネルなわけですが・・・

ストリートビューで見ていただいても分かるように、
道幅は狭く、クルマに追い抜いてもらうのはちょっと、無理な感じです。

トンネル内に歩道は無いか、あっても狭く、
そっちを通るのも、ちょっと難しいです。

 

もしくは・・・

 

 

例えば、こんな感じのエリアですね。

 

道自体は広いのですが・・・

こういう「準高速道路」みたいな道では、クルマが80km/hとかのスピードで飛ばしてきますので、
自転車ではかなり、走りにくいです。。

 

こういった、「自転車にとって走りにくい道」が、
日本には山ほどあります。

日本はクルマ社会ですので、自転車のことを考えた道づくりが、
ほとんど、されていないからでしょうね。

 

もちろん、自転車が規制されている場所ではないなら、
自己責任のもと、走るのは自由ではあります。

 

しかし、こういう道を走り続けるのは、割にあわないよなぁ・・

と、個人的には思います。

 

どんどん、ストレスを溜めながら走るような、消耗戦になりますし・・・

 

スピードも出しにくいので、ゆっくりとしか進めないですし、
そういう道を100kmとか走ったところで、スッキリしたり楽しんだりとかは、
なかなか、できないと思います。

 

なので・・そういう場所は、さっさと輪行して回避してしまうのが、
日本で、楽しい自転車生活を送るコツなのではないかな・・と、考えています。

 

日本は、欧米とかと比べて、自転車で走りにくい場所が多いわけですが・・・

逆に「交通機関の充実度」は、比じゃないくらいに優れています。

 

なので、走りにくい道があるなぁ・・となった場合でも、
探せばほとんどの場合で、電車など、そこを回避するための交通機関が見つかるはずです。

 

現代はGoogleストリートビューなどの、超便利ツールがたくさんあるので、
できれば、事前に走る道を調べて、やばそうな道なら回避してしまう・・という方向性が、いいかもしれません。

 

いつでも輪行できるよう、あらかじめ走るルートを電車の路線沿いに組んでおく・・
といった工夫も、有効です。

 

「輪行」は自転車特有の、とても強力な技です。

バイクなどの乗り物であれば、輪行で危なそうな道を回避することはできませんので、
それが出来るのが、自転車という乗り物の強みだと思います。

 

そして・・コンパクトな折りたたみ自転車といった、輪行しやすい自転車をメインにしておくと、
こういった「さくっと輪行」がすごくやりやすくなります。

ロードバイクなどだと、慣れてきても輪行作業には15分から20分くらいはかかるでしょうが・・

ブロンプトンなどの折りたたみ自転車なら、袋詰めまであわせても1分以下です。

 

自転車に乗っていて、「この道、走りにくいなぁ・・」「この道、危険だな」と感じたら・・・

無理をせず、さくっと輪行で回避し、
走りやすい、「おいしい道」だけを走るのが、
快適な自転車ライドを楽しむための、コツなのでないか・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ