自転車のテールライトは点滅でいい?「法律以外の視点」から解説!


夜の街

リアライトは点滅がいい?点灯がいい?

この記事ではそういったポイントを、「法律以外の面から」解説していきます。

 

リアライトの点滅って、OK?NG?

 

自転車の運転者は、夜間(第五十二条第一項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。
ただし、第五十二条第一項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。

e-Gov法令検索 道路交通法の第六十三条の九より引用

 

とあるように、法律的には、

リフレクターが有るなら、リアライト自体が無くてもOK

ということでいいと思います。

 

なのでそもそもリフレクターさえつけていれば、
点灯だろうが点滅だろうが、法律的には問題ないわけですね。

 

と、法律的なところを解説してくれている記事は、検索するとたくさんでてくると思うのですが・・・

法律に関係ない「実用面」からみて、どうか?

ということを検討している記事は、あまり無いようでした。

 

実用面というのは、リアライトがちゃんとクルマから目立つのか?

まわりが明るいところではどうか?暗いところではどうか?

バッテリーの持ちといった、他の要素ではどうか?

とか、そういったことですね。

 

なのでこの記事では「リアライトの点滅」は実用面からみてどうか?

そういったところを解説していきます。

「気づいてもらう」においては、点滅のほうが上

「点滅」状態のリアライトは点灯よりも、クルマから気づいてもらいやすいと思います。

特に「街中」のような、まわりに明るい光がたくさんある状況だと、そうです。

 

たとえば街中だと、自転車のライトよりはるかに明るい看板が、山ほどありますが・・・

そのひとつひとつに、めちゃくちゃ目を引かれる・・!ということは無いはずです。

同じような光は他にもたくさんあるので、溶け込んでしまうわけですね。

 

しかし、もし看板のひとつが、ビカビカと点滅していたとしたら・・どうでしょうか?

圧倒的に目立つはずですし、一瞬で気づくはずです。

溶け込んでしまうなんてことは、ありませんよね。

 

リアライトも同じで、ずっと光っている点灯よりも、パッパッと光る点滅のほうが目立ちやすいものです。

まわりに溶け込んでしまって、クルマから見逃される・・というケースも少ないでしょう。

実際、私自身もクルマを運転するのですが、
自転車だ。と、一瞬で気づきやすいのは「点滅」の方だと感じます。

クルマからみた「避けやすさ」は、点灯のほうが上

それでは、リアライトは点滅のほうがいい!なのでしょうか?

そういうわけではなくて、「自転車の位置のわかりやすさ」「クルマからみた避けやすさ」は、点灯のほうが上だと思います。

 

点滅ということは、光はパッ、パッとしか出ないわけなので、
ずっと光が出ている点灯に比べると、距離感や位置がすこし分かりにくいです。

私はクルマも運転するのですが、実際にリアライトをつけている自転車を見ていて、そう思います。

なのでクルマからみて、しっかりと位置を判断してちゃんと避けてもらう・・という点に関しては、
点灯のほうが良いわけですね。

 

しかしここは「リフレクター」を使えばカバーできるところだと思います。

リフレクターを使っていればもちろん、そのリフレクターが持続的に見えますので、
距離感がわかりにくい・・といったことは、あまりなくなります。

リフレクターだけだと発見されにくい場合はありますが・・・
点滅ライトがあるなら、その心配もありません。

 

と、点滅リアライトと点灯リアライトには一長一短がありますので、
最強なのは、「点灯・点滅を両方使う」ですね。

 

もしくは、ふたつのリアライトを管理するのが面倒なら、
「点滅リアライトとリフレクター」を組み合わせるのがいいと思います。

私もこの仕様ですね。

バッテリー持ちは、圧倒的に優秀

点滅モードの大きなメリットとして、バッテリー持ちが良いことがあります。

例えば、

 

キャットアイのバッテリー式リアライト

 

この、キャットアイという会社の「ラピッド X3」という製品を挙げてみると・・・

 

ハイ: 約1時間
ロー:約5時間
点滅:約30時間

株式会社キャットアイの製品紹介ページより引用

 

とあるように、点滅のバッテリー持ちは点灯と比べて、圧倒的に長いです。

この製品だと明るさ的には、ローと点滅が同じのようなのですが、
そこで比べると「6倍」もの差があります。

いくつか見てみましたが、他のライトでも似たようなもののようですね。

 

ここまで圧倒的な差があれば、運用の方法も違ってきます。

点灯だと頻繁に充電しないといけないけど、点滅なら思い出したときに時々充電すればいい・・みたいな、そんな感じですね。

 

点滅はライトによって見えやすさとか、ドライバーへの幻惑にならないか?とかがけっこう違ってくるのですが、
「キャットアイ」のライトですとそのあたりも優秀だと思いましたので、おすすめです。

今回はリアライトの点滅って、どう?、といったところについてお話ししてみました。

 

関連記事
自転車におすすめのライトを、「ルーメン数」を軸に分けて紹介しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ