スポンサードリンク



レーパンが恥ずかしい・・は「カジュアル系自転車ウェア」で解決!


レーパンで走る人

レーパン、恥ずかしい!!

 

・・というのは、自転車趣味を始めた人が、一度は感じることだと思います。

 

レーパン・・つまりレーシングパンツは、レースに特化したものですので、
風の抵抗が少ないとか、ペダリングがしやすいとかの「実用性」は最強なのですが・・・

見た目的には「ピチピチ、もっこり」と言われるように、
自転車にも乗るけど、街中も歩く・・みたいな場合だとちょっと、キツいものです。。

今日はロードバイクで走るだけ!とかなら、なんの問題もないのでしょうが・・・

 

しかしこの「レーパン恥ずかしい問題」は、
「カジュアル系自転車ウェア」を導入すれば解決します。

自転車の乗りやすさと、普通の服っぽい見た目を両立したような服のことですね。

 

具体的には・・例えば「リンプロジェクト」という会社が、そういうウェアをたくさん出しています。

 

 

具体的には、こんな感じの「自転車にも乗れる、普通のズボン」といった感じのものですね。

「リンプロジェクト パンツ」でAmazonを検索すれば、いろいろなバリエーションが探せます。

 

 

もしくは例えば、自転車ウェアメーカーの「ナリフリ」もこういったパンツを出していますね。

 

ナリフリのサイクルパンツ

 

こんな感じのものです。

もしくは「ナリフリ」でAmazonを検索すると、いろいろなタイプのものが見つかると思います。

 

 

それだったら、普通のズボンでいいんじゃないの?と、もしかしたら思われるかもしれませんが、
こういった「自転車用」ズボンにはそれなりの、自転車に乗るときのメリットがあったりします。

 

例えば「おしりの破れにくさ」ですね。

 

私自身、自転車を始めたばかりの頃に、ふつうの綿パンで旅に出たことがあります。

そして、かなりの距離を乗って、ふと気がつくと・・・
おしりの部分がサドルで擦り切れて、穴が空いていることに気づきました。。

幸い、近くにユニクロが有りましたので、ケツを隠しながらズボンを購入し事なきを得たのですが・・・
あれは「サドルとの擦れ耐性」が無い、普通のズボンを使っていたから起こったことだと思います。

 

そして通常、「自転車専用」を謳う製品は、サドルとの擦れをちゃんと考えて作られていることが多いです。

なのでそう簡単には、破れてしまったりしないものです。

 

 

あとは「ペダリングのしやすさ」、ですね。

 

たとえば固いジーパンなんかだと、脚がつっぱってしまって、ぜんぜんペダルが回せなくなったりするのですが・・・

自転車専用であればストレッチがきいた生地で、ペダリングしやすく作ってあることが多いです。

 

 

と、レーパンは恥ずかしい・・!と感じるのであれば、
こういった「自転車対応ズボン」といったものから選んでみると、良いものが見つかるかもしれません。

 

 

ズボンだけじゃなく「上着」にも、自転車に対応する、カジュアル系のものがあります。

 

例えば「パールイズミ」という、定番の自転車ウェアメーカーがあるのですが、
ここが「フリージー」という、街中で違和感が無いようなデザインのウェアを出しています。

 

パールイズミのサイクルジャージ

 

パールイズミのサイクルジャージ

 

こんな感じのウェアですね。

「パールイズミ フリージー」でAmazonを検索してみると、もっといろいろなウェアが出てきます。

 

パールイズミのフリージーは、形はあくまでサイクルジャージなのですが、
落ち着いたデザインが使われていますので街中で着ていても、あまり違和感がないと思います。

 

私自身、このフリージーをもうずっと使い続けているのですが・・・

がっつり自転車に乗るときでも、自転車はちょい乗りでほとんど街で過ごすときでも、
はたまた自転車にぜんぜん乗らない時でさえも、ずっと使えるようなウェアなので気に入っています。

 

 

今回はレーパンが恥ずかしいなら、こんなウェアがおすすめ!といったテーマでお話ししてみました。

スポンサードリンク




 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミスを防ぐための、一押しアイテムです。
運営者が愛用しています。

Amazonで見る
楽天で見る

詳細なレビュー記事はこちら

運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ