自転車好きへのプレゼントで、外さない、喜ばれる物はなに?


プレゼントをする女性

プレゼントをしたい相手が、自転車趣味の人なんだけど・・・

なにをプレゼントすれば喜ばれるか、わからない・・・

 

自転車が趣味ではない場合、自転車乗りはどんなものが欲しいのか・・というのは、
ちょっと、イメージしづらいものです。

誕生日などなにかのイベントで、プレゼントをしようという時・・
そして相手(旦那さん、彼氏さん、もしくは奥さんなど)が自転車大好き人間だった場合・・・

一体、なにをプレゼントするのが嬉しいのか?というのは、
なかなか掴みづらいところでしょう。

 

この記事ではそんな、ロードバイクなどの自転車が好きな人にはなにを送るのがいいのか?

どんなものなら「外してしまう」ことなく、ニーズに合わせることができるのか?

私自身が自転車に7年ほどハマっている、バリバリの自転車マニアですので、
この記事では、そういったところを解説していきます。

「ウェア類」が鉄板だと思います

まず、いきなり結論から書いてしまいますが・・・

いちばん無難なのは「ウェア類」だと思います。

 

理由は・・「大外れ」が無いからですね。

 

下のほうで詳しく解説しますが・・・
自転車にかかわるいろいろなアイテムを、自転車趣味の人は、その人なりのこだわりを持って選び抜くものです。

なので・・少し言い方が悪くなってしまいますが・・・
自転車についてぜんぜん知らない人が選んだものが、その人の自転車事情に「合う」可能性は、すごく低いのです。。

せっかくもらったのに「これは自分には合わない」となって、
もらった途端に、押し入れの奥に隠居・・となる可能性も、けっこうあります。。

 

しかしウェア類・・特にサイクルジャージのトップスといったものだと、
合わない・・!みたいな「大外れ」は無いはずです。

よほど奇抜なデザインとかでもない限り、これは着ることができない・・!とかいうことは、考えにくいですよね。

 

そしてウェアは、何枚あっても困ることがないです。

たくさんあれば、洗濯して着回すのに便利ですし・・・

 

なので自転車趣味の人に、なにプレゼントすればいいんだ?となったら、
とりあえずウェアを一枚!というのがおすすめです。

 

具体的な製品としては・・・

 

 

例えばこういう「パールイズミ」というメーカーの、
「フリージー」といったラインの製品ですと、高性能でデザインも奇抜になりにくいですので、いいと思います。

パールイズミは、自転車ウェアメーカーとしてはド定番です。

そしてその中でも「フリージー」というラインは、街中でも違和感なく着れるように・・といったコンセプトのもので、
派手すぎるデザインではないので、誰でも着やすいものだと思います。

 

私自身、このタイプの製品をよく買うのですが、
これは本当に何枚あっても困ることがないので、プレゼントとしては最適ななのではないか・・と、個人的には思います。

 

サイズは、だいたい分かるかもしれませんが・・・
できれば、いつも買っているサイクルウェアがMなのか?Lなのか?あたりは、それとなく把握できていればベストでしょう。

 

他にも、いろいろと選択肢を考えてみましたが・・・
サイクルパンツといったボトムズは人によって相性があるので、合わない可能性がありますし、
グローブやシューズもやっぱり、こだわりが出やすいところなので、合わないかもしれない・・と思います。

なのでよくわからなかったら、とりあえずサイクルジャージのトップス一枚!・・としておけば、
そんなに大きな間違いは無いのではないか・・と、私としては思います。

「こだわりが出る」領域は、やめたほうがいい

と、先に結論を書いてしまったわけですが・・・

サイクルウェア以外の製品は、どうなのでしょうか?

 

サイクルウェア以外にもレパートリーとしては、
例えば「自転車のパーツ系」「整備用の工具系」「ヘルメット、バッグなどの装備系」などなど、いろいろあるのですが・・・

共通する微妙ポイントとしては、
それぞれ人によって、選択がぜんぜん違う、ということですね。

 

例えば自転車のステムといったパーツを、何cmにするのか・・とか、
タイヤは太さ何mmにするのか?とか、バッグを何リットル入るものにするのか?とかいうのは、
すべて、人によって違ってくるところです。

そしてやり込んでいるサイクリストであればあるほど、
こだわりを持って、そういうアイテムを選んでいるものなのです。

なので・・そういった個人差が出るアイテムを、事情を知らない人が選んでプレゼントしたとしても、
これは合わない。。使えない。。となる可能性が高くなってしまうのです。。

 

そういう、人によって違ってくるアイテムをちゃんと贈ろうとしたら、
その人が使っているタイヤは直径何mmで、どういう規格で、どういう表面パターンなのか?とか・・・

バッグならどのくらいの容量か?胸ベルトや腰ベルトは必要か?ヘルメットは搭載できたほうがいいか?など・・・

そういった点において、その人特有の事情をちゃんと理解しないといけないのですが、
まあ、それは自転車が趣味ではない方には、難しいのではないかと思います。

なので、人によって違ってきてしまう製品を贈る・・というのは、
ハードルが高いことになってしまうのです。

 

と、考えていくと・・・
やっぱり無難な選択肢は、さきほど紹介した「ウェアのトップス」あたりになってくるんじゃないか・・と、改めて思います。笑

もちろん、最終的には個人の選択ですし、
その人が喜んでくれれば何でもいいとは思うのですが・・・

なんらかの参考になっていれば、嬉しいです。

 



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ