ロードバイクは女性にモテないけど、気にせず乗り続けていい!と思う理由


バーで抱き合う男女

ロードバイクは、モテない要素の塊です。

 

ピチピチレーパン・・・

諭吉が、何十人と飛び立つ値段の機材・・・

100km余裕だよ!とか自慢げに言い出す、変態メンタルのライダーたち・・・

 

一緒に走る奥さんや彼女が、遅れてしまうのはよくあることですが・・・

そこで置いてなどいこうものなら、もう、どんな目に遭うか・・・笑。

 

ロードバイクは、「女性と一緒に楽しむ」こと、
そして「女性から良い目で見られる」ことの両方において、すごく、微妙です。

 

逆に、モテるスポーツといえば?

 

テニス?バスケ?スノボ?・・あたりが、さっと思いつきます。

このあたりの趣味は、イメージ的にもさわやかですし、
女子といっしょに楽しみやすいですので、モテるのも納得がいくものです。

 

しかし私としては、モテたい人であっても、
モテないスポーツ代表のロードバイクを、続けていいのではないか・・思います。

 

なぜか?

 

・・・工夫次第で、モテる要素を引っ張ってくることもできるから、です。

 

例えば、ロードバイクなどで自転車旅行を繰り返していると、
観光に詳しくなれます

行く場所にもよりますが・・・

景色のいい観光地を、ロードバイクでなんども巡っていると、
その土地のグルメ、絶景スポット・・・といったものに、いつのまにか詳しくなっています。

そして詳しくなった土地は、たとえばドライブがすごく、やりやすくなります。

 

もしくは・・・話すことのできる「経験」も、たくさん、することができます。

 

ロードバイクで何度も走っていると、相応に、いろいろなことを経験するものです。

沖縄の離島のような、普通は自転車で走り回ったりしないような場所を、走ってみたり・・・

絶景スポットを走ったり、普通では走らないような長距離を走ったり・・・といった経験は、
なかなかに聞きごたえのある、「話のタネ」になります。

 

ロードバイクは、女性が「やりたくない」と思うスポーツで、
けっこう上位にくるとは思うのですが・・・

ロードバイクで走り回った「冒険話」のようなものは、
けっこう、面白いようで、興味を持たれるものです。

クルマや電車で、さっと移動するのに比べると、
ロードバイクで走ると同じ距離でも、より「濃い」体験になりますので、
けっこう、話すのに良いネタになったりするのです。

 

じゃあ、私もロードバイクをやってみたい!とか、
一緒に走ろう!とかは、なかなかならないわけですが・・笑

 

 

・・・場合によっては、そもそもモテる必要がない、ということも多いです。

 

ロードバイクにのめり込んでいる人は、つまり、趣味にのめり込んでいるわけですが・・・

そういう状況で彼女を作ったりすると、時間をとられてしまいますし、
趣味に没頭するために、一人でいたい・・と思うことは、多いはずです。

 

そういう、ロードバイクなどの趣味を全力で楽しんでいて、
それを邪魔されたくない・・という状況では、
正直、モテても仕方ないでしょう。

 

逆に、そろそろ彼女がほしいとか、結婚したいとか、そういう時期にあるのなら、
極端にロードバイクにのめり込むのは、控えたほうがいいと思います。笑

 

と、ロードバイクはモテない趣味の筆頭なわけですが・・・

それで実際、なにか不利になったり・・とかいうことは起きにくいですので、
まあ、気にせず続けていい趣味なのではないか・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ