自転車のブレーキ調整は、「手回しネジ」を導入すると超簡単になる!


ブロンプトン手回しネジ

つい最近まで、ブレーキを握ると、ぴたっと自転車が止まっていたのに・・・

なんだか、ブレーキを握っても、ぜんぜん自転車が止まらなくなってる。。。

 

というように、自転車のブレーキが効きにくくなってくることは、
けっこう、あることだと思います。

 

理由はいろいろで、ふつうにブレーキシューが消耗してしまうのが原因のことも、もちろん多いのですが・・・

ブレーキの調整が「狂う」というのも、けっこう、よくある原因です。

 

ブレーキは、左右のブレーキがそれぞれどのくらい動くか・・という、
左右バランスが重要です。

左右バランスが崩れてしまうと、左右どちらかだけのブレーキが動きまくり、
もう片方はぜんぜん動かなくなる・・という状態になります。

いわゆる「片効き」状態ですね。

ブレーキは、左右からバランスよく挟むことで制動しますので、
この状態だと当然、ブレーキ力は大きく下がってしまいます。
ほとんと止まらなくなるかもしれません。

 

左右バランスは、たとえば自転車をぶつけた衝撃や、
飛行機輪行で自転車を預けているあいだなど、さまざまな状況で変わってしまいます。。

 

そして、たとえばVブレーキだと、
左右のブレーキのバランスを、ここにあるネジで変えることができます。

デオーレ手回しネジ

デオーレ手回しネジ

上の画像それぞれの、赤丸で囲んだところにあるネジですね。

 

このネジを締め込むと、下の画像のパーツの力が強くなります。

デオーレ裏の引っ掛け部分

すこし、わかりにくいかもしれませんが・・・
赤丸部分に金属の棒がひっかかっているのが、おわかりいただけますでしょうか。

これは、ブレーキを外に押し広げるような効果を持ちます。

これがあるから、ホイールを挟み込んだブレーキが、
ちゃんと、もとの位置に戻るわけですね。

そしてこのパーツには、ブレーキの左右バランスを整える役割もあるのです。

 

調整ネジを締め込みの強さを、左右のブレーキがバランスよく動くように調整することで、
左右が均等に動くようになり、最大のブレーキ力を発揮してくれるようになるのです。

しかし・・ブレーキのバランスはけっこう、崩れてしまいますので、
ブレーキの性能を最大限引き出そうとすると、ブレーキ調整の頻度はけっこう、多くなります。

 

そのため私は、このブレーキ調整ネジを手回しネジに換えるカスタマイズをしています。
(上の画像たちは、すでに手回しネジに変更したあとの画像になります)

ふつうは、ここのネジを回すにはドライバーが必要なのですが、
手回しネジに換えることで、手でも簡単に回せるようになります。

たとえば自転車に乗り始めるとき、ブレーキを握ってみて、
すこし左右のバランスが悪いな。。と思ったら瞬時に手で、10秒くらいで調整することができるようになるのです。

 

ブレーキの調整のために工具を取り出すのは、けっこう面倒で、
以前の私は、ちょっとくらいバランスが崩れていてもべつにいいや。。と、調整せず自転車に乗ってしまうことが多かったのですが・・・

このカスタマイズをしてからというもの、ほとんど手間なく、瞬時に調整が完了しますので、
自転車に乗るたびに左右のバランスをチェックするようになり、バランスがすこしでも崩れていたら調整するようになりました。

その効果はかなり高く、いつでも最小限の握力で、キュッと自転車が止まってくれる、高いブレーキ性能を維持することができています。

 

この方法は、Vブレーキだけでなく、キャリパーブレーキにも使えます。

ブロンプトン手回しネジ強調

例えば上の画像は、ブロンプトンという折りたたみ自転車に装備されている、キャリパーブレーキなのですが・・・

このブレーキだと赤丸の位置に、左右バランスを調整するネジがあり、
これを締め込んだりゆるめたりすることで、左右バランスが変わります。

そして、ここも手回しネジに変えることで、手でかんたんに調整できるようにできるのです。

 

自転車のブレーキが効きにくいときは、単に調整不足のことが多く、
調整するだけでさくっと効きを回復できることが多いのですが・・・

調整部分に手回しネジを導入するカスタマイズにより、手間なく瞬時に調整できるようになり、
結果的に、常に、最高のブレーキ状態で乗ることができるようになるかもしれません。

ブレーキ調整に手回しネジ導入・・・やってみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ