ロードバイクがふらつくなら、ホイールベースを伸ばすといいかも


ロードバイクのホイールを強調

ロードバイクがやたらと、ふらついてしまう場合・・・

もしかしたら、ホイールベースが短すぎる自転車を使っているのが原因かもしれません。

 

自転車、ロードバイクは、不安定な乗り物です。

たった2個の接地点で走っているので、当然ですね。

 

実際には、人間にはかなりのバランス能力がありますし、
高速回転するホイールも、安定するのを助けてくれますので、
そう簡単にふらつくものでもなのですが・・

たとえば、路駐しているクルマを避けるときや、
急ブレーキを掛けたとき、すばやく動こうとしたときなど、
ふらついてしまうことはあると思います。

 

普通に走っていても、なぜか、ふらついてしまうことが多い・・と、
以前の私は思っていました。

 

ふらついてしまうのには、いろいろな原因がありはするのですが、
もし、ホイールベースが短いタイプのロードバイクに乗っているとしたら・・
「ホイールベースの短さ」が、ふらつきやすさを増幅しているかもしれません。

 

ホイールベースとは、ざっくりと説明すると、前輪と後輪のあいだの距離のことですね。

 

これは人間でいうと、足幅のようなものです。

 

足幅を狭くして立っているときと、足幅を広くして立っているとき・・

突然、思いっきり押されたとき、安定して耐えられるのはどちらでしょうか?

基本的には、足幅が広いほうだと思います。

 

自転車も同じで、極端にならない範囲ですと、
ホイールベースが長いほうが安定するのです。

 

ちなみに、車種にもよるのですが、
一般的にママチャリは、ロードバイクよりもホイールベースは長いです。

ママチャリは遅いけど、乗りやすい・・と思われることが多いと思いますが、
実はホイールベースが長いことが影響しているかもしれないです。

 

もちろん、短いホイールベースにもメリットがあります。

というより、ロードバイクはその多くが、ホイールベースが短くなるように作られています。

理由は、レースで重要な「機敏さ」「加速の鋭さ」といったパラメータが、安定性よりも重視されるからだろう・・と思います。

実際に、ホイールベースが長い状態と短い状態をつくって乗り比べてみても、
ホイールベースが短い状態のほうが、明らかに機敏な動きができるのを実感することができます。

 

しかし・・自転車をレースに使わないのであれば、ホイールベースが長い自転車のほうが有利だと、私は考えます。

特別なレベルで、スピードや機敏さを求めないのであれば、
ふらつかないための「安定性」は、なによりも重要だと思うからです。

 

ふらつくことが多いと、事故にあってしまう可能性が上がるかもしれませんし、
そこまではいかなくとも、まわりのクルマや自転車をひやひやさせたり、気を使わせてしまったりするかもしれません。

そのためレースでサーキットを走るのでなく、
街乗りがメインだったり、ひたすらペダルを回して長距離を走ることがしたかったり・・という場合は、
ホイールベースが長い自転車を選んでおくほうがいいのではないか、と思います。

 

もちろん、ふらついてしまう原因は、ホイールベースだけではありません。

たとえば自転車に乗るスキルは、乗れば乗るほど上がっていくので、
最初はふらつくことが多かったとしても、慣れていくことで徐々にふらつかなくなるかもしれないです。

特に、ふらつかずに後方確認をするコツ、といったものを会得することで、
すばやく、ふらつかない乗り方が身につくかもしれません。

 

しかし、練習によってなにかを変えるよりも、パーツ編成によって変えてしまったほうが、
お金はかかりますが、ラクです。笑

 

そのためロードバイクでふらついてしまう・・というときには、
プロが使うような高い技術を必要とする、ホイールベースが短すぎる自転車を選んでしまっている・・
ということを疑って、ホイールベースを長くすることを検討してもいいと思います。

 

もちろん、ホイールベースを変えるのは簡単ではありません。

ホイールベースは基本的に、フレームによって固定ですので、
ステムを伸ばしてハンドルを前に出す・・みたいに、パーツ変更でさくっと変えられるものではないからです。

そのため、もし新しくロードバイクを買おうとしている状況であれば、
ホイールベースが長めのものを検討してみるのはアリだと思いますし、

もし、ロードバイクを買い替えようとしているのであれば、
現在のロードバイクよりもふらつきにくくなりやすい、現在のロードバイクよりもホイールベースが長い自転車を、
検討してもいいのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ