ブレーキが効かない!止まらない!・・とりま「良いブレーキ」に換えましょう


デオーレのVブレーキ

自転車のブレーキが効かない!効きにくい!!・・ということはありませんか?

 

自転車のブレーキは、ブレーキのタイプなどにもよるのですが、
歩道をふつうに走る程度のスピードからだと、ほぼ、その場でぴたっと止まれるくらいの力を持つものです。

 

しかし・・ブレーキをおもいっきり握っても、少しずつ 少しずつしか減速しなかったり、
なかなか止まりきってくれなかったり・・ということが、もしかしたらあるかもしれません。

特に、ママチャリや、2万円以下の安価なクロスバイクだったりすると、
一般的には、ブレーキの効きが悪いものが多いと思います。

 

特に雨の日なんかは、握力の限りブレーキを握りしめても、
するするーっとブレーキが滑っていき、ホイールがぜんぜん止まってくれない・・という場合もあります。

自分がまだママチャリに乗っていたころは、そんな感じでした。。。

 

 

ブレーキの効きが悪いと、言うまでもなく、危険な場合があります。

ブレーキの能力を上げておくと、たとえ歩行者の急な飛び出しにあったとしても・・
気づくことさえできれば、かなり近かったとしても、まず問題なく止まることができます。

ブレーキ能力が低いと、ふつうなら止まれたはずの状況でも、ブレーキがするする滑ってしまい・・
事故になってしまう、というケースもありうるのです。

 

ブレーキのワイヤーの張りを調整したり・・と、ブレーキ自体を整備して改善する方法もあるのですが・・・

やはり、例えば「1万円くらいのママチャリ」のブレーキだと、いくら整備しても限界があります。

 

ブレーキは、他の自転車において、他のパーツとは比較にならないほどの重要パーツです。

なのでもし、ブレーキの性能が低い!と感じられるのであれば、
いわゆる「良いブレーキ」に交換してしまうのが、
いちばん手っ取り早く、ブレーキ性能を跳ね上げられる方法だと思います。

 

「良いブレーキ」というのは、たとえばそこそこ高価なロードバイクやクロスバイクについているようなブレーキのことですね。

これらの自転車は、原付の制限速度である30km/h以上が平気で出せるような性能があるため、
ブレーキもそれ相応のコストがかかった、性能が高いものがついています。

 

そしてパーツの規格などにもよるのですが、
こういったブレーキは、ママチャリなどの自転車にもそのまま装着できる場合があります。

そのため、ブレーキをまるごと、高価なロードバイクで採用されているようなものに換装することで、
ブレーキ能力をいきなり、ロードバイク並みに跳ね上げることができるのです。

 

具体的な製品としては、たとえば「シマノ」のブレーキは定番ですね。

 

自転車のブレーキは、現代ではたいていが「キャリパーブレーキ」もしくは「Vブレーキ」で、
これらのいずれかであれば、換えることができるかもしれないです。

例えばブレーキが「キャリパーブレーキ」タイプの場合ですと・・・

 

シマノの105グレード キャリパーブレーキ

 

これは定番です。

シマノのロードバイク系パーツには、いろいろなグレードがあって、
基本的にブレーキはグレードが高ければ高いほど、よく止まるようになるのですが・・・

これは「105」という、上から3番目のグレードで、
価格もものすごく高くはなく、しかし上位グレードに迫るくらいの制動力がありますので、おすすめです。

 

もし「Vブレーキ」というタイプの場合は・・・

 

 

 

この「DEORE(デオーレ)」というクラスのブレーキは、バランスがいいと思います。

デオーレは、シマノの、「マウンテンバイク」のパーツグレードで、上から4番目ですね。

時期にもよりますが、11段階くらいある中の4番目なのでけっこう、高めで、
そもそもVブレーキ自体が強力なものなのも合わせて、ほんとうに安いブレーキとは比較にならないくらい、ガツン!と止まるようになります。

 

 

注意点としては、これら「キャリパーブレーキ」や「Vブレーキ」といった種類がとても重要で、
この「種類」が違うと、装着することはできません。

ママチャリだと「キャリパーブレーキ」がついていることも多いのですが・・・

その他のタイプのブレーキがついている場合もあるので、事前に必ずどのタイプなのか確認しておくことは必須です。

加えて、ブレーキのタイプは合っていたとしても、ブレーキ台座とホイールの位置関係・・など、さまざまな原因で、
せっかく買ったブレーキがうまく装着できない・・という場合も、少なくはありません。

そのためブレーキを新しく買うときは、じっくりといろいろ考えて品を検討しなければならないのですが・・・
もし、このあたりに自信がない場合は、自転車ショップに持ち込んで相談してみましょう。

 

ロードバイクなどに使われる「良いブレーキ」は、自転車にいちばん重要な安全性を跳ね上げてくれ、
自由自在に自転車を止められる快適さをも与えてくれます。

もし、いまの自転車のブレーキの効きに不満がある場合は、
ブレーキのアップグレードを、検討されてみてもいいかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ